ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'天皇賞(秋)'タグのブログ記事

天皇賞秋 ソウルスターリングの可能性

 オークス馬ソールスターリングが天皇賞秋に参戦。前哨戦の毎日王冠は逃げて8着に惨敗。久々ということ、少しテンションが高かったこと、開幕週で時計が早すぎたことなどが敗因だと思う。  3歳牝馬が天皇賞秋に挑戦したのは過去31年で3頭だけ。スティンガー(8人気4着)、ダンスインザムード(13人気2着)、オウケンサクラ(17人気4着)と人気以上に走っている。この3頭のうち2頭はソウルスターリングを管理する藤沢厩舎の馬。藤沢和雄調教師は馬の適性を見極め、最適なレースを選択する。バブルガムフェローが3歳で天皇賞秋に挑...

天皇賞秋 過去31年の出目と配当

 天皇賞秋の過去31年の配当と出目を出してみました。天皇賞秋は1人気の成績がいいので大きく荒れることはあまりないです。馬連が発売さた過去26年でみると馬連万馬券は5回、3桁配当は3回と固い決着も多くないです。3連単の配当をみると4桁配当は2回、10万馬券以上は6回(そのうち1回は100万馬券)とひも荒れのケースが多いようです。  馬番でみると内外で有利不利はないようです。近年は真ん中よりも外の馬が多く来ていますが、内の馬が全く来ないということはないです。使用コースですが、先週はAコースを使用していましたが...

天皇賞秋 やっぱりモーリスは強かった

 天皇賞秋はマイル王モーリスが2着に1馬身半差をつけての快勝でしたね。距離を不安視する声、休み明けを不安視する声などがありましたが結果としては完勝。鞍上のムーアが上手かったということもあるけどモーリスは強かった。レースリプレイを見て各馬について僕なりの見解を書いてみた 1着モーリス(1人気) 「今日はスタッフが完璧に仕上げてくれていましたし、今までにないくらいの走りをお見せ出来たと思います。エイシンヒカリとラブリーデイからあまり離れずにレースが出来、いいところにいるなと思いました。ただ、目の前にいる馬は伏...

天皇賞秋の予想 本命はモーリス

 中距離路線の頂上決戦と言えば天皇賞秋をおいてほかはない。東西の実力馬が集結して、東京2000mというごまかしの効かないコースで激突する。今年は快速の逃げ馬エイシンヒカリとマイルの絶対王者モーリスの対決に注目が集まる。  僕が本命にしたのはマイルの絶対王者モーリス。ここまで16戦9勝2着2回3着1回着外4回という成績だった。勝ちきれない3歳時代から休養を経て4歳になったばかりの初戦で勝ちあがると、ここから一気の7連勝でマイル王者に。中山、東京、京都、香港と違う競馬場で実績を残してきた。明け5歳では1勝2着...

天皇賞秋 モーリスとエイシンヒカリではどっちが強い?

 天皇賞秋でモーリスとエイシンヒカリが最初で最後の激突することになった。この対決はワクワクしますね。  モーリスは2015年の1月に自己条件の1000万下を勝つと、3月に1600万下、4月にダービー卿と連勝。そして、安田記念では1人気に支持されての勝利、秋のマイルCSも勝って5連勝。12月に香港に渡って香港マイルを勝ち、翌年も香港で行われたチャンピオンマイルズを勝ちマイルG1を4連勝と凄いことをやってのけた。今年の安田記念と札幌記念は2着に敗れたが展開やペースが遅かったことが原因なので力が落ちたとは考えら...

[COMPI]天皇賞秋の結果

 今年の天皇賞秋をコンピ指数で振り返ってみる。コンピ指数1位は3歳馬イスラボニータで84、2位はレイティング1位のジェンティルドンナで74、3位は天皇賞春を連覇したフェノーメノ。実績から考えればジェンティルドンナとフェノーメノが上だが、臨戦過程と東京巧者と言うことでイスラボニータが指数1位になった感じ。結果としては指数4位、5人気のスピルバーグが勝った。前半の1000mが59秒0、勝ちタイムは1分59秒7と平凡でどの馬にも勝つチャンスはあった。その証拠に、1着から16着のペールサまでは1秒差に収まる大混戦...

天皇賞秋の登録馬 過去28年の配当と勝ち馬一覧

 秋の東京競馬で最初に行われるGⅠが天皇賞秋(芝2000m)。今年も豪華な顔ぶれが登録してきた。昨年の勝ち馬で国際レーティング1位のジャスタウェイは凱旋門賞に出走したのでここに登録はしていないが、2着のジェンティルドンナは登録してきた。ジェンティルドンナはクラブ(サンデーレーシング)の規定で来年の春には引退が決まっている。だから、この秋の2戦ないし3戦が国内最後のレースになるかもしれない。宝塚記念は9着と大敗したが東京競馬場は4戦3勝と相性が良いい。今回は鞍上にリーディングトップの戸崎圭太を迎えてどんな走...

天皇賞秋の登録馬 過去27年の配当と連対馬一覧

 天皇賞秋の登録馬が発表された。フェノーメノの故障は残念だが、昨年の勝ち馬エイシンフラッシュ、牝馬3冠のジェンティルドンナ、宝塚記念2着のダノンバラード、重賞3連勝中のトウケイヘイローなど中距離戦線で活躍している馬が揃って登録してきた。中でも、藤沢厩舎はコディーノ、サトノギャラント、スピルバーグ、ルルーシュ、レッドスパーダ、レッドレイヴンなど6頭も登録してきた。  過去27年の配当をみるとそこそこ荒れる傾向にある。堅く収まった年は昨年で5人気-1人気-2人気、2010年で1人気-4人気-7人気、2008年...

天皇賞(秋)の予想「天覧レースの勝利騎手は今後の競馬界をリードするあの騎手に」

 天皇賞(秋)はダークシャドウを本命にしました。今年の天皇賞(秋)は天覧レースとなるので勝つのは個人馬主で日本人騎手が狙い目。生産者もしくは勝ち馬の種牡馬は社台系というのは外せない。実績では昨年の天皇賞(秋)では2着になっているので問題なし。ローテーションはヘブンリーロマンスやトーセンジョーダンと同じ札幌記念を使っての参戦。充分に休養してこのレースに挑んできているので体調は問題ない。適性距離を考えてもここを目標に全力で仕上げてきているので買うなら今回でしょう。  相手は天皇賞(秋)を勝ったダイワメジャーを...

天皇賞秋の前日オッズ「1人気はカレンブラックヒルで3.4倍」

 天皇賞の前日オッズみると1人気はカレンブラックヒルで3.4倍、2人気はルーラーシップで4.2倍、3人気はフェノーメノで4.5倍。今日のメインレース付近ではカレンブラックヒルは2.9倍でしたが、徐々にフェノーメノやダークシャドウに投票が集まって現在のオッズになっている。時系列で見ると今日の11時頃にカレンブラックヒルに大量投票がありました。また、お昼頃から断続的にルーラーシップに大量投票がありました。  今年の天皇賞は3歳馬VS実績馬の構図でオッズも割れているので期待値は高くなりそうです。3連単のオッズを...

天皇賞(秋)回顧「タフなレースを制したのは伏兵トーセンジョーダン」

 今年の天皇賞(秋)はかなり厳しいレースになった。過去のレースと比べても1000m通過56秒5は一番早いと思う。2003年のシンボリクリスエスが勝った時はローエングリンにゴーステディが絡んでいってハイペースになったが、今回はシルポートの単騎にげ。後続も有力馬が先行しているので早めのペースでもついていく。2番手ビッグウィークの1000m通過は57秒台前半と考えれば、中段でも57秒5前後。追走に脚を使っているだけに、最後におつりがなくなる馬が続出。  勝ったトーセンジョウダンは2500mでの勝利もあり、昨年の...

天皇賞秋考査「枠順にみる有利不利」

 天皇賞(秋)が行われる東京芝2000m(JRA|東京競馬場)は特殊なコース。スタート地点が1コーナー奥のポケットにあり、スタート後は約100m走って左に曲がり向こう正面の直線に入る。最初のコーナーまでが100mしかないので外に入った馬はどうしても位置取りが悪くなっています。また、外に先行馬が揃っている場合は内の馬が押し込まれてしまい位置取りを悪くすることもある。2003年に改修工事を行ったが、やはり外枠不利は変わらない。  過去25年の天皇賞(秋)で大外18番に入った馬は9頭いるが勝ったのはシンボリクリ...

天皇賞秋の前売りオッズ「1人気はアーネストリー」

 天皇賞秋は金曜発売があるみたいですね。オッズを取得してみたら1人気アーネストリー(1.7倍)、2人気ペルーサ(5.3倍)、3人気ブエナビスタ(6.6倍)でした。ブエナビスタが1人気だと思っていたので「アレ?」と思ったのですが、時系列を見てみたらアーネストリーにドカンと300万ほど入っていました。 天皇賞秋の出馬表 ...

天皇賞秋の登録馬「豪華なメンバーが揃った一戦」

 この年の天皇賞も豪華なメンバーが集まった。主役はなんと言っても昨年の覇者ブエナビスタでしょう。ローテーションは昨年と同じで宝塚記念を使い、休養に入って秋初戦が天皇賞。久々を苦にするタイプではないので休み明けと言っても問題はないでしょう。問題があるとすれば力を付けて来た4歳馬達。前哨戦の京都大賞典を勝ったローズキングダム、昨年の2着馬ペルーサ、宝塚記念5着のルーラーシップ、毎日王冠を勝ったダークシャドウ、宝塚記念3着のエイシンフラッシュなど。他にもトゥザグローリーやミッキードリーム等もいる。  天皇賞秋も...

天皇賞(秋)の予想「ブエナビスタを本命にします」

 天皇賞(秋)はブエナビスタを本命にします。社台は秋華賞、菊花賞、天皇賞と3つ連続で取れるはずだったが菊花賞を逃してしまった。でも、菊花賞を逃したことで天皇賞が取りやすくなったという見方も出来る。「運も味方に」という言葉があるようにお天気が回復して、馬場状態も昨夜の不良から稍重まで回復。こうなると能力のある馬が上位に来る。昨日はスミヨンに期待してやられたが、今度はきっちり決めてもらいたい。  相手は天皇賞春を勝ったジャガーメイル(吉田和美)、札幌記念を快勝したアーネストリー(ノーズヒルズ)でいいしょう。 ...

天皇賞(秋)考査【プレレーティングとTARGET指数】

 天皇賞(秋)のTARGET指数とプレレーティングを出してみました。TARGET指数とはTARGET frontier JVで 表示される補正タイムです。この補正タイムは競馬最強の法則に掲載されている指数と同じ意味です。また、表に出ているZI値は前走の人気、着順なと複数のファクターから計算された指数で人気のバロメーターになります。このZI値が高い馬が人気になりやすいです。プレレーティングとはG1レースだけJRA(レーティング&ランキング)か ら発表されます。  指数は画像の中程から順に直前・芝中(TARG...

天皇賞(秋)の前日オッズ「ブエナビスタの単勝シェア28.1%は高い?低い?」

 天皇賞(秋)の前日オッズですが、1人気ブエナビスタの2.8倍、2人気アーネストリー5.7倍、3人気シンゲン6.3倍、4人気ペルーサ9.6倍と10倍以下はこの4頭だけ。これが、良馬場だったらブエナビスタの単勝はもっと売れていたでしょうね。土曜日の東京競馬場は台風の影響で中止。しかも、これから夜半にかけて雨が強くなるというのだから良馬場になることはまずないでしょうね。そうなると何が起こるか分からないと考えてしまう。それが、オッズに現れている感じだね。  単勝人気に比べて連勝人気で売れているのがジャガーメイル...

天皇賞(秋)の枠順決定「各馬についてひと言」

 天皇賞(秋)の枠順が決まりましたね。今年は3歳馬5頭、4歳馬1頭、5歳馬5頭、6歳馬2頭、7歳馬5頭と本来なら多いはずの4歳馬が少なく、3歳馬と7歳馬が多いという珍しいメンバーになった。  ショウワモダン 重・不良 3-1-1-1  安田記念勝ち馬ですが、ここ2戦は惨敗。敗因がはっきりしていないところを見ると復調に手間取っている印象。2000mは長いだけに目標は次のマイルCSに置いているはず。ということはここは叩き台なのでどのぐらい変わってきているかを見るべき。  ブエナビスタ 重・不良 未経験  鞍上...

天皇賞(秋)考査【タイム分析】

 天皇賞(秋)の過去24年のラップタイムなどを出してみた。東京競馬場は2002年に改装されたので2001年までと2003年からではラップの傾向が違う。東京芝2000mといえば1コーナー奥のポケットからスタートして2コーナーの出口に掛けて急カーブになっている。だから、外枠の馬がいい位置を取ろうとすると気合いを入れて行くしかなくペースが速くなりやすい。改装されたことでコーナーは若干緩くなったが外枠の先行馬が不利なのは変わらない。  ただ、ラップを見ると2001年までと2003年以降で明らかに違うのがペースが遅...

天皇賞(秋)考査【血統傾向を探る】

 菊花賞は凱旋門賞勝ち馬を父に持つビッグウィークを軽視してしまった。社台のやる気を感じていたのでローズキングダムで行けると思ったがちょっと甘かったかな。天皇賞(秋)こそ社台系が来ると思っているが、伏兵が潜んでいるのは間違いないので血統から探ってみたい。  過去24年のデータを見るとTurn-to系が9勝(サンデーサイレンス系5勝、Roberto系が3勝、その他Turn-to系が1勝)、Grey Sovereign系が7勝、Northern Dancer系が6勝、St. Simon系とNative Danc...

購読

RSSリーダーを使うと、'天皇賞(秋)'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ