ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'秋華賞'タグのブログ記事

秋華賞 過去21年の配当と出目

 秋華賞の過去21年の配当と出目を出してみました。配当をみると馬連は上位人気のどちらかが絡むので低めですが3連単では下位人気の馬が来るケースが多く万馬券になっています。  人気で見てみると秋華賞で上位3番人気までの馬が3着以内に来なかったケースは2回だけ。1、2番人気が3着以内に来なかったケースは4回だけ。ということは上位2頭が来るケースが多いレースとも言えますね。  馬番でみると10番枠から外の馬の成績がいいです。上位3番人気までの馬が10番から外枠に入ったらねらい目になります。 秋華賞 過去21年の配...

秋華賞 過去21年の勝ち馬と前走成績

 今週末は秋華賞が行われます。オークスを勝ったソウルスターリングが天皇賞秋を目指すということでどの馬にもチャンスが出てきたのではないでしょうか?過去21年のデータから何か手がかりが見つからないか探ってみたいと思います。  過去21年の秋華賞の勝ち馬の前走を見ると、ローズSを走った馬が13勝、オークスからぶっつけが2勝、他のレースから6勝でした。また、クラス別でみると前走重賞を走った馬が19頭、オープン特別が1勝、条件戦からが1勝でした。前走ではローズSか、重賞を使われた馬がねらい目になります。  人気別で...

秋華賞はビッシュに期待しています

 秋華賞はシンハライトが回避したことで主役が不在となってしまいました。前哨戦のローズSでシンハライトの2着クロコスミア、3着カイザーバル、4着デンコウアンジュあたりは本命にするにはパンチが足りない。ジュエラーがいい競馬をしてくれたなら本命にしたいところですが、ちょっと負けすぎ。休み明け、緩い馬場、先行策など条件が合わなかったにせよ負けすぎの感がします。それなら、紫苑Sを外を回って余裕の差し切り勝ちをしたビッシュが面白い。オークス3着の実力馬が休み明けもしっかり走り、しかもパワーアップしてきた。鞍上の戸崎圭...

秋華賞 3つの攻略ポイント+1

 ポイント1.前走ローズSに出走  過去18年の勝ち馬を見ると前走ローズSに出走した馬の成績は[12-13-6-103]と出走頭数は多いが勝ち馬も多い。ローテーションを考えた場合、順調にトライアルレースに出走することが大事。また、ローズSで「4人気以内」で「5着以内」だった馬は10勝2着8回3着3回と優秀だった。  ポイント2.前々走オークスに出走  過去18年の前々走を見るとオークスに出走した馬の成績は[10-7-8-89]だった。また、オークス4着以内だった馬の成績は[10-4-5-26]だった。春の...

秋華賞の登録馬と過去18年の勝ち馬一覧

 今週は3歳牝馬クラシックの最終戦、秋華賞です。前哨戦のローズSを勝ったのはオークス馬のヌーヴォレコルト。桜花賞ではハープスター、レッドリヴェールと差のない競馬をして3着。オークスではハープスターの猛追を首差しのいで勝利をものにした。自在性のある脚質でどんな競馬でも出来るのが強み。休養明けのローズSをマイナス6キロで出走したのはちょっと意外だったが、その後は栗東に滞在しているようなので体のケアは万全でしょう。  阪神JFの勝ち馬で桜花賞2着のレッドリヴェールは前走ローズSはプラス10キロで出走し6着に敗退...

秋華賞の回顧「メイショウマンボが2冠達成」

 秋華賞はメイショウマンボの強さが目立ったレースでした。ハイペースを外目で折り合い、勝負どころでデニムアンドルビーが外から来たが慌てずに直線を向くまで我慢。満を持して追い出すとスッと抜け出し2着に1馬身以上の着差を付けての快勝。鞍上の武幸四郎も文句なしの好騎乗でした。行きたがる面がある馬でしたが、2戦目ということも落ち着いていましたね。それと、逃げた馬が短距離馬だったのでペースが速く縦長の展開も良かった。ひと夏を越して更に成長した感じです。エリザベス女王杯は出てくれば勝ち負けでしょうね。  2着のスマート...

秋華賞の出走馬確定 過去17年の配当と連対馬一覧

 秋華賞の出走馬が確定した。今年もフルゲートでここに出るだけでも大変なレース。今年はオークス上位馬が揃って秋初戦を使い、そのまま出走にこぎ着けた。オークス馬メイショウマンボは前哨戦のローズSで4着。久々と外枠と言うことを考えればまずまずの結果。重馬場でも追い出せばシッカリ伸びていたし、今回はもっと動けるでしょう。掛かる気性なだけに出来れば真ん中あたりに入りたいだろう。オークス3着のデニムアンドルビーはローズSを快勝。道悪でスタート後は全然前に進んで行かなかったが、3コーナー過ぎから進出、直線では先団を射程...

秋華賞回顧「やはり社台系ばかりだった」

 今年の秋華賞は見応えがあった。ジェンティルドンナにとっては3冠がかかったレース。ヴィルシーナにとっては春の雪辱をはらすレース。レース運びの違う2頭がどんなレースをするのか楽しみであったが、小牧太の粋な演出のおかげで想像以上に面白いレースとなった。  ゲートが開いて真っ先にハナに行ったのがヴィルシーナと内田博幸。内田は差し比べではジェンティルドンナにかなわないのはローズSで分かったので先手を取り、レースの流れを作って自分から動いて勝ちに行く作戦。外からメイショウスザンナが馬なりで来たが福永も無理をせず控え...

秋華賞の予想「ジェンティルドンナの3冠は間違いなし」

 今年の秋華賞は荒れません。ジェンティルドンナの強さは折り紙付きで楽勝で3冠馬になります。相手もヴィルシーナ、ラスヴェンチュラス、アイムユアーズ、アイスフォーリス、アロマティコ、ブリッジクライムの6頭で大丈夫。  ジェンティルドンナの強さは行って良し、控えて良しと死角が見当たらない。しかも、枠順がやや外目なので先団を見ながら競馬が出来る。直線はロスを承知で外に出して伸びてくるはず。社台にとっては3冠がかかったレース。サポート体制もバッチリだし、あとは岩田康誠が導くだけ。 秋華賞の出馬表 ...

秋華賞の展望

 来週、行われる秋華賞の登録馬が発表されました。今年は桜花賞、オークスの上位馬が順調に仕上がって来ている感じがする。特に2冠馬ジェンティルドンナはローズSを危なげない勝ち方をしているので本番は断然の1人気になるでしょう。そして、桜花賞とオークスで連続2着のヴィルシーナが2人気になることは間違いない。  どちらもディープインパクト産駒で生産者はノーザンファーム。社台としてはどちらが勝っても嬉しい事だが、実は秋華賞は社台系馬主は勝っているが本家の社台が勝っていない。ファビラスラフイン(馬主:吉田和子)で勝って...

秋華賞回顧「ホエールキャプチャまたもや勝てず」

 秋華賞ですが、ホエールキャプチャはまたもや勝てませんでした。これで、2歳からのG1は2着、2着、3着、3着。安定度は抜群だがどこか勝ちきれない。前走のローズSは余裕残しの仕上げで楽勝だっただけに本番はもっといい競馬をすると思った。しかし、レースでは終始外を回る競馬。朝方は重馬場だった馬場もお天気に恵まれ秋華賞の時点では稍重まで回復。雨が降って緩んでくる馬場と違い、回復傾向の馬場はクッションが効いて走りやすい稍重だったのかも。内を通った2頭が上位に来たように枠順の有利不利があったにせよ、もう少し際どい競馬...

秋華賞の予想「ホエールキャプチャかアヴェンチュラか」

 秋華賞はホエールキャプチャかアヴェンチュラで迷った。実績・臨戦過程から言えばホエールキャプチャだがアヴェンチュラには未知の魅力がある。対戦成績はホエールキャプチャの1戦1勝。阪神ジュベナイルフィリーズでホエールキャプチャが2着でアヴェンチュラが4着。同じような脚を使っていたが位置取りの差が着順の差となった。  血統を見るとホエールキャプチャの父クロフネとアヴェンチュラの父ジャングルポケットは同世代。対戦成績はジャングルポケットの2戦2勝。ここで、有力馬となった2頭が激突するのも何かの縁ではないだろうか。...

秋華賞の枠順と前売りオッズ

 秋華賞の枠順が決まりましたね。ローズS1着のホエールキャプチャは6枠12番、桜花賞馬のマルセリーナは大外18番、エリザベス女王杯馬のエリンコートは5枠9番、クイーンSを勝ったアヴェンチュラは2枠4番。  秋華賞が行われるのは京都芝内回りの2000mですから、内枠が有利ですが秋華賞に関して言えば1~9番が4勝2着4回、10~18番が11勝2着11回と外目の方が成績がいい。ただし、大外の18番だけは2着1回のみなので不利な枠と言える。でも、大外に入った馬の人気を見ると1、2人気の馬はいないのでマルセリーナが...

秋華賞は社台系が上位独占

 1着アパパネ(金子真人-ノーザンF)、2着アニメイトバイオ(バイオ-ノーザンF)、3着アプリコットフィズ(社台RH-社台F)、4着ワイルドラズベリー(近藤英子-ノーザンF)と上位独占。しかも、5着レディアルバローザと7着クラックシードの父キングカメハメハは社台系種牡馬ですからね。社台強しです。  上位4着までの種牡馬を見てみるとキングカメハメハ、ゼンノロブロイ、ジャングルポケット、ファルブラヴと全て違う。これは、それだけ層が厚いと言うこと。だから、これからもっと社台系が勝つでしょうね。  今年の秋華賞は...

秋華賞回顧「アパパネは強かった。3冠達成おめでとう!」

 秋華賞のアパパネは強かったですね。相変わらずスタート抜群。しかも、一度使われて落ち着いていたので行きたがることなく鞍上の指示に従ってスッと控えた。しかも、逃げたアグネスワルツがいいペースで引っ張ってくれたので追走も楽に。勝負どころの4コーナーから直線に向かうときは早めに動き出したがこれがアパパネスタイル。追って追ってグイグイ伸びてきて直線半ばで先頭に。あとは独走。いや~強かった。  2着のアニメイトバイオは直線に向いたときに前が壁になって追い出しが遅れたが、前が開いてからはよく伸びてきた。勢いは良かった...

秋華賞の予想「アパパネの3冠達成なるか」

 秋華賞はアパパネを本命にしました。秋華賞14年の勝ち馬を見ると社台系生産馬が4勝とそれほど多くはないが近5年では4勝だから流れは社台系とみていいでしょう。社台系生産馬は9頭と半数を占めているのでこの中から勝ち馬は出る可能性が高い。この中では個人馬主のアグネスワルツ、アパパネ、ワイルドラズベリーの3頭が狙い目。どの馬もいいけど、今年は牝馬3冠が掛かっているアパパネが断然いい。競馬が盛り上がるためには3冠馬誕生が必要だしね。  もし、アパパネが負けるとしたら蛯名正義と同期の武豊鞍上のアプリコットフィズか決め...

秋華賞考査【プレレーティングとTARGET指数】

 秋華賞のTARGET指数とプレレーティングを出してみました。TARGET指数とはTARGET frontierJVで 表示される補正タイムです。この補正タイムは競馬最強の法則に掲載されている指数と同じ意味です。また、表に出ているZI値は前走の人気、着順なと複数の ファクターから計算された指数で人気のバロメーターになります。このZI値が高い馬が人気になりやすいです。プレレーティングとはG1レースだけJRA(レーティング&ランキング)か ら発表されます。  スプリンターズSではプレレーティング4位のウルトラ...

秋華賞の枠順決定 過去の馬番別の成績は?

 秋華賞の枠順が決まりましたね。有力馬の枠順を見ると2枠4番アプリコットフィズ、3枠5番サンテミリオン、5枠10番アニメイトバイオ、7枠15番アパパネとなった。秋華賞の馬番別成績を3分割して見てみると1~6番は4勝、7~12番は5勝、12~18番は5勝となり、内、中、外をそれほど差はない。ただ、半分で見てみると1~9番は4勝、10~18番は10勝と外枠の成績がいい。  京都2000m内回りは外枠が不利に見えるが秋華賞では意外と外枠の成績がいい。これは、内の馬は押し込まれてしまい馬群で動けずというパターンに...

アパパネの気になる馬体重

 秋華賞の出走馬が決まりましたね。抽選をくぐり抜けてきたのはレディアルバローザ、レインボーダリア、アンティフリーズの3頭。春の勢力がそのまま出走しているので人気もそれを反映するでしょうね。  多分、1人気になるだろうアパパネですがこれまでの成績を見て気づいたことが。それは2003年の勝ち馬スティルインラブと過程が似ている。スティルインラブは阪神ジュベナイルフィリーズは出走していないがチューリップ賞を1人気で2着、桜花賞は1着、オークスも1着、ローズSは5着で秋華賞は1着。きっちり本番で勝っている。しかも、...

秋華賞の登録馬【各馬についてひと言】

 いよいよ秋華賞ですね。前哨戦が終わって本番にどう向かうのか。3冠を狙うアパパネか、2冠を狙うサンテミリオンか、はたまた春に苦杯をなめた馬たちの巻き返しか、新興勢力の一発か。  アパパネ 言わずとしれた2冠馬。前走は+24キロで明らかに太め。休み明けチューリップ賞2着→桜花賞1着と叩き良化型。栗東滞在も桜花賞時と同じなので休み明けローズS4着→秋華賞は予定通り。絞れていれば大丈夫でしょう。  サンテミリオン ぶっつけ、初輸送はかなりリスクが高い。鞍上も乗り慣れた横山典弘から藤岡祐介にスイッチ。能力があるの...

購読

RSSリーダーを使うと、'秋華賞'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ