ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'キーンランドC'タグのブログ記事

キーンランドカップ考査「キーワードは先行馬と牝馬と・・・」

 キーンランドカップについて考えてみた。今年で7回目を迎える歴史浅いレースだが、ある傾向がハッキリ出ている。  ・2点 先行馬有利   ・1点 牝馬4勝、牡馬2勝  ・1点 ノーザンダンサー系が強い  ・1点 前走は重賞に出走  上記の事を踏まえて今年の出走馬を見てみると  4点 ビウイッチアス  3点 グランプリエンゼル、シュプリームギフト、ダイメイザクラ、ダッシャーゴーゴー、テイエムオオタカ、ドリームバレンチノ、パドトロワ、ビスカヤ    満点はいないがビウイッチアスは「先行馬」「牝馬」「前走重賞」を...

キーンランドカップの予想「安定感抜群のカレンチャン」

 キーンランドカップはカレンチャンを本命にしました。休み明けで+10キロの前走はスタートで行き脚が付かず中段から。でも、直線ではしっかり伸びていたようにここでは力が上でした。ひと叩きした今回は上積みが見込めるし、前走よりも行けると思うのでここは勝ち負けだと思う。ハンディ戦なら背負わされるところですが、別定の54キロなら楽勝でしょう。  相手はパドロワを1番手に。函館スプリントでは直線伸びなかったけど、UHB杯では主導権を握って逃げ切り。使われてピリッとしてきたようで今回も有力候補。グランプリエンゼルはブリ...

キーンランドカップの予想「札幌1200はビービーガルダン」

 キーンランドカップですが、このレースは内枠を引いたビービーガルダンを本命にしました。函館スプリントではワンカラットに負けたけどそのときとは枠順が逆。しかも、斤量差が5キロから4キロになったので逆転があると思う。ビービーガルダンは札幌1200mはパーフェクト連対だし逆らう理由がない。ここは、勝てると思うので3連単で勝負ですね。  このレースは行きたい馬が揃ったので速くなりそう。ウエスタンビーナスには中館なので行くでしょう。サープラスシンガーはスタートいい馬だし2の脚も速い。そして、チェック馬のケイアイアス...

キーンランドカップの予想「グランプリエンゼルで問題なし」

 今年のキーンランドカップはあまり悩まずに決まりました。と言うのも函館スプリントSが札幌で行われたので好走馬をそのままシフトするだけでOK。本命はグランプリエンゼルですね。1200mの成績は抜群にいい。スピードがあるが掛かる馬ではないので最期の伸びに繋がる。今回も斤量は51キロなのでその点も有利だからね。相手はエーシンエフダンズ。函館スプリントSは3着入線も降着、UHB杯は出遅れで競馬にならず。この2戦だけで人気を落としたならここは狙い目。鞍上もリベンジに燃える藤岡佑介に戻るのもいい。ビービーガルダンは昨...

キーンランドカップの回顧「詰まって動けずキンシャサノキセキ」

 スムーズに運んだとしてもタニノマティーニの激走には驚きましたね。道悪はからっきりですが、良馬場だと走る馬のようですね。2着のビービーガルダンはそれほどスタートは速くなかったけど、誰も行かないので安藤勝己騎手がスッと先手を取りましたね。こうなると逃げ馬はしぶとい。しかも、ペースが緩かったので終いもシッカリでした。キンシャサノキセキは好位内で手応え抜群でしたが、抜け出すスペースがなかった。もう少しばらければ一気に突き抜けられただけに惜しい一戦でしたね。ゴスホークケンの勝浦正樹はいいスタートを切ったのに行かな...

キーンランドカップの予想「ゴスホークケンのスピードに期待」

 スプリント能力の高い馬が揃ったね。行きたい馬が揃っているので差し馬の競馬になるかもしれないが、ここはあえて逃げ先行馬を狙ってみたい。本命はゴスホークケンです。前走の函館スプリントは馬なりで前半32秒8。何が何でも逃げたいウエスタンビーナスは押して押して何とか並ぶまで行っただけで失速。対してゴスホークケンは直線失速したもののキンシャサノキセキからコンマ6秒差。今回は内にウエスタンビーナスがいるので、この馬を行かせる事も出来るし出来るし、抑えることも出来る。枠順から言うとスピードの違いで内の馬を抑えてハナを...

キーンランドカップの登録馬【血統タイプ別出馬表】

 メンバーを見ると函館スプリントS組とUHB杯が大半を占めていますね。この中では未勝利から5連勝で来ているマヤノツルギ、短距離路線では安定しているキングストレイル、函館スプリントSの勝ち馬キンシャサノキセキ、函館スプリントは逃げて失速したが使われて変わり身が期待できるゴスホークケン、アイビスサマーダッシュでいいスピードを見せたサープラスシンガー、2戦連続で高時計で走っているビービーガルダン、それとペールギュントでしょうか。  これからのスプリント路線を考えるとマヤノツルギ、ビービーガルダン、ゴスホークケン...

重賞回顧「夏は牝馬で」

 「夏は牝馬で」と言い続けていたが見事に上位2頭が牝馬だった。勝ったクーヴェルチュールはスタートが良くて抑えが効く馬。あとは、新潟の軽い馬場から札幌の力のいる馬場に変わったときにどうかと思ったけど、横山典弘が上手く乗ったね。ブラックホーク産駒で国枝栄厩舎に鞍上が横山典弘というのは何か縁を感じるね。夏2戦使ったことで秋は休養になるかもしれないけど(出てきても狙いにくい)、高松宮記念では狙ってみたい。2着のアグネスラズベリはもったいなかった。実力的にはこっちの方が上だが展開というか後ろから行った分だけロスが...

キーンランドCの予想「夏男に夏女で」

 昨年は1~3着までが牝馬。前走函館スプリントの1着ビーナスライン、2着シーイズトウショウ、3着ブルーショットガンがキーンランドCで3着、2着、4着と上位に。夏は牝馬が強いのと滞在競馬があっている馬ということで今回は選んでみた。  本命は函館スプリントSの勝ち馬アグネスラズベリ。着差は僅差だったがレースは予想以上に強かった。道中は手応え抜群でコースロス運ばれて直線も内からグイグイ。小回りの方が脚を溜められるのでキレが違う感じがした。鞍上はサマージョッキーシリーズでポイントトップの角田晃一。函館で、小倉で...

キーンランドCの登録馬

 キーンランドCはサマースプリントシリーズ第4戦で、スプリンターズSへの大事なステップレースでもある。昨年、新設されたレースなのでスプリンターズSではいい結果を残していないが、札幌記念→天皇賞秋というローテーションの馬がいるようにキーンランドC→スプリンターズSで活躍する馬がいてもおかしくない。また、ここで賞金を加算してセントウルSへと向かう馬もいるでしょう。  登録馬をみると函館スプリントS2着のサープラスシンガー、アイビスサマーダッシュ3着のクーヴェルチュール、NHKマイルC2着のローレルゲレイロなど...

購読

RSSリーダーを使うと、'キーンランドC'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ