ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'コース'タグのブログ記事

東京芝1600mについて

  スタート地点は向正面の2コーナー奥から。最初のコーナーまでの直線距離は約540m。3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線距離は約525m。広いのでごまかしの利かないコース。  最初のコーナーまでが長いのでペースはあまり速くならない。ただ、コースコンディションがいいので自然とペースが速くなる場合もある。ペースはクラスによってまちまちで2歳戦はスローペース、3歳戦はハイペース、4歳上では条件戦がスローペースで、オープン戦がハイペースになる。枠番...

京都芝1200mについて

 スタート地点は向正面直線半ば付近。最初のコーナーの3コーナーまでが約300mと短く、しかも、すぐに上り坂になっている。芝1200mは内回りコースを使用しているのでコーナーの坂は高低差3と外回りに比べて1m程低い。3コーナー入り口付近にある坂の頂上からは下り坂で、一気に駆け下りることになる。最後の直線は平坦コースでゴールまでの直線は約320m。  コーナーの入口までが短く、直線が平坦と言うこともあって真ん中よりも内が有利。複勝率を見ると2、3、4、6番枠がいい。脚質は逃げ先行馬が有利。差し馬では外を回すよ...

京都ダート1800mについて

  スタート地点はスタンド前の直線半ば付近。1コーナーまでの距離は約280mと短め。向正面は約400mで半場から坂を上って3コーナーに入り、4コーナーにかけて下る。高低差は3.0m。最後の直線は平坦コースで約330m。  年間のレース数は110近くある。直線に坂がないことと、1コーナーまでの距離が短い事もあり真ん中よりも内の逃げ先行馬が有利。早めに仕掛けると直線半ばで止まってしまうので、無理も出来ず前を楽に行かせてしまうことが多い。先行馬が揃ったときでペースが速くなっても前が残りやすい。重馬場以上の道悪に...

中山芝2200mについて

 スタート地点は4コーナー出口付近。芝2000mのスタート地点よりも4コーナーよりから。最初のコーナーまでの距離は約430m。そこから外回りコースを使うため、2コーナーまでは直線に近い緩やかなカーブ。向正面の山の頂上から3~4コーナー中間までも、非常に緩やかなカーブを通ることになり、各馬がスピードに乗りやすい。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。  最初のコーナーまでが約430mあるのと直線半ばに急坂あるのでペースはあまり速くない。レースの流...

京都芝2400mについて

  スタート地点は4コーナー奥のポケットから。1コーナーまで約600m。1コーナーから2コーナーはほぼフラットで2コーナーを回りきると、約500mのバックストレッチ。そこから高低差4.3mの坂を上り、4コーナーにかけて下り、最後の直線は平坦で、Aコース使用時が404m、B、C、Dコース使用時が399m。  スタートから最初のコーナーまでが600mもあるので先行争いでペースが上がることはほぼない。京都コースは3~4コーナーに坂があるだけであとはほぼフラット。コースも広く、差し馬も充分届く。特に外回りコースは...

京都芝1600mについて

 スタート地点は2コーナー奥のポケットから。スタートから3コーナーまでが直線で距離は約700m。3コーナー手前から徐々に坂を上り、4コーナーにかけて下る。勾配は高低差は4.3m。最後の直線は平坦コースで、Aコース時が404m、B、C、Dコース時が399m。  3コーナーまでが700mもあるのでハイペースにはならない。コースが広く、差し馬でも充分届くコース。開幕週は先行馬有利で馬場が悪くなると差し馬有利に。ただし、Cコースになると先行馬も外を回るために、差し馬が不利になる場合も。コースが広いだけに、いろいろ...

中山芝2000mについて

 スタート地点は4コーナー出口付近。1コーナーまでは約400mある。1~2コーナーの中間までは緩い上り坂。その後は内回りコースに入り、向正面の直線から3コーナーに掛けて緩い坂。3コーナーから4コーナーはスパイラルカーブになっている。最後の直線距離は310mで中央4場の中では最短。ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。  最初のコーナーまでが400mあるのと直線半ばに急坂あるのでペースはあまり速くない。レースの流れとしては前半緩くて後半速いレースが多いので決め手のある馬が有利になる。直線が短いと言うことも...

中山芝2500mについて

 スタート地点は外回りコースの3コーナー手前から。その後、4コーナーにかけて緩い坂を下り正面スタンド前へ。急坂を上ってゴール前を通過し1~2コーナーへ。その後は内回りコースに入り、向正面の直線は緩い下りで3コーナーへ。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっている。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。  最初のコーナーまでが近いので外枠は不利でどうしても位置取りが悪くなってしまう。ペースは出走馬のメンバー次第で速い年も遅い年もある。ただ、勝つ馬は4コーナーで10番手以内にいる事が多...

中山芝1600mについて

 スタート地点は1コーナー横のポケットから。最初のコーナーまでは緩い下りで239mしかないので自然と速いペースになる。そこから、3コーナーまでが下りなので前掛かりの競馬になりやすい。最後の直線は310mと短いが意外と差しがきく。高低差が5.3mと、JRA全10場の中で最も高低差がある。  枠順でみると外枠は不利、8番より内枠がいい。脚質でみると逃げ先行が有利だが、差し馬でも届くコース。ただし、後方一気というのはあまりない。4コーナー7番手以内というのが馬券に絡む条件になる。  血統成績をみると系統ではサン...

阪神芝1400mについて

 スタート地点は2コーナー脇のポケットから。最初のコーナーまでが約440m。最後の直線距離はAコースが356.5m、Bコースが359.1m。  最初のコーナーまでが距離があるので前に行きたい馬にとっては有利なコース。ただ、ハイペースになりやすく馬場が悪化してきた後半の開催になると逃げ先行馬は苦しくなる。開幕週だと前に行ったほうが断然有利。枠順別の成績をみると11番より外は不利。最後の直線が短いので外を回る差し馬にとっては不利なコース。外枠でもある程度前に行けないと厳しい。  血統成績をみると系統ではサンデ...

購読

RSSリーダーを使うと、'コース'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ