ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'サンデーサイレンス'タグのブログ記事

母父サンデーサイレンスの活躍に注目

 ジャパンカップはアドマイヤムーン、ジャパンカップダートはヴァーミリアン。この2頭に共通するのは母父サンデーサイレンス。サンデーサイレンスが没してからもサンデーサイレンス産駒及びサンデーサイレンス系種牡馬の活躍がしているが、昨年辺りから母父サンデーサイレンスの活躍が目立つ。今年の重賞成績を調べてみると母父サンデーサイレンスが16勝、ノーザンテーストが14勝とジャパンカップとジャパンカップダートの結果で逆転した。種牡馬成績ではサンデーサイレンス産駒及びサンデーサイレンス系種牡馬がダントツだが、母父サンデーサ...

サンデーサイレンス産駒の軌跡3

 今日は場所別と距離別を掲載してみる。  場所別で見てみると芝コースではどこも似たようなものだけど、中山競馬場が少しだけ成績がいいようだね。中央開催とローカル開催では意外に中央開催の方が成績がいい。また、遠征を見てみると東遠征がいいね。東遠征がいいと言う事は関西馬の方が馬のレベルが高いという事かもしれない。ダートでは函館の成績がいい。出走頭数は札幌の方が多いぐらいだから、馬場とかコースが合っているのかもしれないね。 ...

サンデーサイレンス産駒の軌跡2

 今日は騎手別、調教師別、騎手&調教師別の集計を掲載します。  サンデーサイレンス産駒と言うだけで有力馬になる事があるよね。と言う事は新馬戦の頃からある程度技量のある騎手に騎乗依頼するのが普通だと思う。所属騎手がいる場合は別だけどね。だから、騎乗数、着度数をみてもリーディング上位の騎手が多く乗るのが当たり前だよな。それにしても武豊騎手の184勝は図抜けているな。  調教師では藤沢厩舎がトップ。やっぱりというか、さすがというか勝率、連対率、複勝率のどれを見ても上位だね。東西で見てみると関西の方が登録数が多...

サンデーサイレンス産駒の軌跡

 1994年1回札幌3日目7レースでキタサンサイレンスがデビュー初勝利してから、2004年3月14日の中京3Rでグローリアスデイズの勝利により、サンデーサイレンス産駒がJRA通算1800勝を達成した(14日終了時点で1802勝)。この間、1044頭ものサンデーサイレンス産駒が出走している。  まあ、参考になるかは別としてTARGET frontierでサンデーサイレンス産駒を集計したデータを垂れ流しで掲載したいと思う。尚、持ち込み馬と○外のSunday Silence産駒は対象外です。 ...

購読

RSSリーダーを使うと、'サンデーサイレンス'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ