ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'シンザン記念'タグのブログ記事

シンザン記念とフェアリーSの結果

 シンザン記念もフェアリーSも1人気馬が勝った。どちらのレースも1人気馬を2着付けで買っていたので外れてしまった。  シンザン記念は断然人気のミッキーアイルが抜群のスタートからハナを切っての逃げ切り勝ち。ペースはそれほど速くないだけに突っつく馬がいればウインフルブルームが差し切れた。3着タガノグランパは行きたがっていたようにもう少しペースが速くなるようだとおもしろいと思う。  フェアリーSはゴール前50mまでは馬券が当たったと思ったが最後にリラヴァティが捕まってしまった。横山典弘のアンジュデュバンが余計な...

シンザン記念の予想「オリービンの先行力に期待」

 シンザン記念はオリービンを本命にしました。2走前の京王杯は朝日杯FS3着馬のレオアクティブにコンマ3秒差。差し馬有利の流れで先行して3着は立派。若干行きたがった事を考慮すれば能力はなかなかのもの。前走はメンコ効果で折り合って終いもシッカリ。スピードがある馬なので現時点では距離はマイルぐらいがベスト。社台系でダイワメジャー産駒。オーナーは吉田照哉氏ですからね。小牧太がじっくりと競馬を教えてきたことがここで開花するはず。  相手は実績からはトウケイヘイローですが、やはり社台系が気になるところでグラーネ、ピュ...

シンザン記念の結果「はやり社台だった。でも・・・」

 シンザン記念は社台系が上位を占めたけどレッドデイヴィスという選択はなかったね。だって、セン馬だから軸には出来ないんだよね。  注目していたドナウブルーは体重がまた減っていましたね。小さい馬が2戦連続で馬体減というのは体調に問題があったのかもね。でも、掛かり気味でいっても終いはジリジリ伸びていたように能力はある。馬体が回復してくれば巻き返しがあるでしょう。マルセリーナがいい競馬をしたね。馬群を突いて伸びていたしいい決め手がありますね。  オルフェーヴルの末脚は好かったけどこの距離は長いかな。ドリームジャー...

シンザン記念の注目馬「ディープ&ディープ」

 金杯は残念ながら当てることが出来ませんでした。まあ、社台系以外というのは分かるけどちょっと狙い方が下手だったかも。しかし、シンザン記念は3歳戦ですから社台系狙いでいけます。今年は牝馬2頭に注目しています。この2頭はディープインパクト産駒で配合も似通っている。明日のフェアリーSではなくシンザン記念に出走と言うことはそれなりに勝算があっての事。  過去に牝馬でシンザン記念に出走した馬を調べて見ると人気では1人気は 1-1-1-0 、2人気は 2-0-0-1 、3人気は 0-1-0-2 となっている。上位人気...

シンザン記念の予想「ガルボ本命」

 シンザン記念はガルボを本命にした。未勝利勝ち→重賞4着だけならまだ不安があるけど、ここ3走のレースレベルが上がっているのがいい。血統的はサンデーサイレンス系×Northern Dancer系で特に問題はない。朝日杯FS出走組の成績がいいことからも最先着馬のガルボを推したい。  相手は朝日杯FS組のエーシンホワイティ、キョウエイアシュラ、エスカーダ。血統からカネトシディオス、穴で距離延長のレト。 Output by TARGET frontier JV ...

シンザン記念の前日オッズ 「朝日杯FS最先着のガルボは人気がないんだね」

 シンザン記念の前日オッズを見ると1人気ピサノユリシーズ、2人気キョウエイアシュラ、3人気メイショウカンパク、4人気エーシンホワイティ、5人気ガルボの順だった。単複の人気に比べて連勝馬券はガルボが2人気。ガルボは朝日杯フューチュリティSで最先着している馬だし、もう少し人気になると思ったんですよね。 Output by TARGET frontier JV ...

シンザン記念考査「血統傾向を考える」

 シンザン記念の出走馬が決まったので過去10年の連対馬からどんな血統傾向があるのか調べてみた。過去10年の連対馬の血統を見るとサンデーサイレンス系がダントツに強いが、最近ではMr. Prospector系が頑張っている。特に近2年は父か母父にMr. Prospector系が入っている馬が連対している。  出走馬の血統を見るとサンデーサイレンス系はガルボ、ケイエスケイト、シゲルモトナリ、ピサノユリシーズの4頭、Mr. Prospector系はカネトシディオス、キョウエイアシュラ、セレスロンディー、レトの4頭...

シンザン記念考査「朝日杯FS出走組が上位だが、穴で狙うなら・・・。」

 シンザン記念について考えてみた。過去10年の連対馬から分かったことは・・・。  前走朝日杯FS出走馬は6連対。2桁着順のドリームガードナーの朝日杯FSまでは2、1、1着で全て1人気だった。朝日杯FSに出走していても6人気以下は買いづらい。  新馬、未勝利戦からの挑戦では本番でも人気になる馬は買える。穴を開けたのはダービーレグノだけ。  穴で狙うならダービーレグノ、ゴウゴウキリシマ、ビッグゴールドのような前走から距離延長タイプ。  この時期の3歳であれば経験が無くても能力でカバー出来てしまう。それも、メン...

シンザン記念の回顧「評価が難しい」

 好位内目の3番手から競馬をしたアントニオバローズはアッサリと抜け出して勝った。未勝利勝ちの内容が良かっただけに、今回も勝てば期待がもてると思ったけど勝ちタイムが物足りない。土曜日は稍重のスタートだったので時計が掛かる馬場だというのは分かるけどね。上がりが掛かっているけど、後方の馬は届かない展開と馬場と言うのをどう評価したモノか。タキオンクールあたりは手応えが良かったのでもっと伸びると思ったんだけどね。ミッキーパンプキンは押さえて伸びる馬ではないから現状ではハナを切るのがベストかもね ...

シンザン記念考査『前走G1に出走したサンデーサイレンス系産駒』

 シンザン記念の過去10年の成績を集計して考査してみました。まずは前走クラスからですが、前走重賞またはオープン出走馬が6勝2着6回、昇級馬が4勝2着4回で僅かに同クラス出走馬の成績がいい。前走同クラスではG1出走馬は着順は関係ない。G1以外では連対している馬がいい。昇級馬は5人気以内で連対している馬がいい。出来れば勝っていた方がいい。  血統ではサンデーサイレンス系が圧倒的に強い。それ以外では特に顕著な傾向はないのでサンデーサイレンス系を狙うのがベストだと思う。  脚質では逃げ、先行、中段とどの脚質でもい...

シンザン記念の予想「マイルならドリームシグナル」

 このレースは朝日杯フューチュリティSでも狙ったドリームシグナルを軸にしました。朝日杯フューチュリティSでは勝負所で置かれるような形だったが最後はまた盛り返してきた。父アグネスデジタルは京都芝1600m外回りのマイルCSを勝った馬。ドリームシグナルのこれまでの走りをみると終いは伸びているけどまだまだ伸びる感じがした。使われつつ身体が出来てくればもっと切れる脚が使えると思う。まあ、先物買いかもしれないけどこのメンバーなら連は外さないと思うので。 ...

シンザン記念の登録馬【過去10年の勝ち馬と配当一覧】

 昨年はダイワスカーレット、アドマイヤオーラ、ローレルゲレイロと強い馬が揃っていたが、今年は混戦模様ですね。出てきて面白いのはラジオNIKKEI杯2歳Sに出走したイイデシンゲンとランチボックス。このレースは重馬場で行われたので馬場適正の差もあった。イイデシンゲンは新馬戦を逃げ勝っているようにハナを切れればしぶとい。ランチボックスはエリカ賞ではキングスエンブレムに先着しているように折り合ってレースが出来れば強い。距離短縮の今回は折り合い面での心配がないから面白いんじゃないかな。3連勝中のマヤノベンケイは距離...

購読

RSSリーダーを使うと、'シンザン記念'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ