ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'ジャパンカップダート'タグのブログ記事

ジャパンカップダートの予想「社台の逆襲」

 11月のはじめに『今年は社台グループが不振』という記事を書いたが、その後どうなったかというとジャパンカップ(ジェンティルドンナ)、東京スポーツ杯2歳S(イスラボニータ)、武蔵野S(ベルシャザール)と3つの重賞を勝っている。社台系でも社台RHが好調で重賞勝ち数もこれまでトップだった前田晋二氏の7勝に追いついた。出走頭数を考えれば当然の結果だが、これまでが悪すぎただけに最後に追い込みをかけてきた。  ジャパンカップダートの出走馬をみると社台RHはグレープブランデー、メーデイア、ベルシャザールの3頭、サンデー...

ジャパンカップダート回顧 ニホンピロアワーズは強かった

 ジャパンカップダートはダート競馬の面白さを感じさせてくれたレースでした。ダート競馬はスピードとパワーを兼ね備えた馬が強い。それを実証したのがニホンピロアワーズだった。この馬は早めに先頭に立つとソラを使うので逃げ馬が粘ってくれた方がいい。前走のみやこSでは逃げ馬が早めにつぶれてしまった為に早めに先頭に立ち、差されてしまった。しかし、今回はエスポワールシチーが4コーナーまで先頭に立ち、2番手のホッコータルマエが直線半場まで粘ってくれた。おかげで追い出しをギリギリまで我慢出来た。ニホンピロアワーズは内枠よりも...

ジャパンカップダートの予想 ホッコータルマエの粘りに期待

 今年もジャパンカップダートは外国馬の参戦はなし。でも、メンバー的には面白いレースになりそうだ。強い先行馬が揃っているので厳しいレースになることは間違いない。中でもトランセンドは取ったら崩れないだけに、鞍上の藤田伸二は何が何でも行くでしょう。それを、マークするのがエスポワールシチーかニホンピロアワーズ辺り。初ダートのトゥザグローリーは砂を被りたくないから前に行く可能性はある。前がやり合う流れでもなかなか止まらないのがこのレース。だから、ある程度前に行ける3歳馬のホッコータルマエを本命にした。父キングカメハ...

ジャパンカップダート回顧「藤田伸二の気合いにトランセンドが応える」

 先行馬が揃った今年のジャパンカップダート。どの馬が逃げてもおかしくないが、大外のトランセンドがハナを主張してそのまま逃げ切った。「逃げるが勝ち」を地でいったレースでしたね。トランセンドにとっては大外枠は不利。この不利な枠なので中途半端なレースはしたくないと思うのが藤田伸二の考えだろう。だから、思い切った競馬をすることになった。  スタートの良かったエスポワールシチーの佐藤哲三もトウショウフリークの池添謙一も他馬の動向を気にするあまり、外から一気に行ったトランセンドを簡単に行かせてしまった。このクラスとし...

ジャパンカップダート回顧「トランセンドが逃げ主張で勝つ」

 ジャパンカップダートはトランセンドが逃げきり勝ち。スタートは早かったがダイシンオレンジ二の脚が早くいかれてしまうのかと見ていたらさすが藤田ですね押してハナを主張して主導権を握った。前半はちょっと早いと思ったけど、強い逃げ切りでしたね。  2着のグロリアスノアは距離が長いと思ったけどどうしてどうして強い競馬をした。鞍上の小林くんはこの馬のこと良くわかっているようで勝負どころの仕掛けのポイントもバッチリ。初G1勝利が目の前にあっただけに残念でした。フェブラリーSでは人気になるでしょう。  アドマイヤスバル相...

ジャパンカップダートの予想「キングスエンブレムが勝つ」

 ジャパンカップダートはキングスエンブレムを狙います。キングスエンブレムの馬主サンデーレーシングはジャパンカップをローズキングダムで勝つには勝ちましたが、本来であればブエナビスタが勝ったレース。不本意な結果ではあるけど勝ちは勝ち。不本意な結果なだけに今回はスッキリ勝ちたいところ。サンデーレーシングは3頭出しですが、本命はキングスエンブレムだと思っています。  血統的にはミスプロ系で問題はないし、鞍上の福永祐一とのコンビもいい。  TARGET新聞(ジャパンカップダート)TFRF-G1.pdf ジャパンカッ...

ジャパンカップダート「各馬についてひと言」

ジャパンカップダートの出走馬についてひと言コメントを書いてみた。 シルクメビウス 昨年の2着馬。地力があるので速い流れが希望。内枠は有利。 キングスエンブレム みやこS2着馬。着実に力をつけている印象。先行馬なのでこの枠は有利。 トランセンド みやこS勝ち馬。ハナを切るようになって成績が安定。自分の競馬ができるかが鍵。鞍上藤田の睨みがきけば行けると思う。 ラヴェリータ JBCクラシックは5着。バテない馬なので先行できるかが希望。2番手が理想。 ダイショウジェット 適性は1600mまで。東京なら買い。 ア...

ジャパンカップダート考査「血統傾向を探る」

 ジャパンカップダートは2007年までは東京ダート2100mで行われていましたが、2008年から阪神ダート1800mに変更になり、この2年間はサンデーサイレンス系が勝っていた。データ数が少ないので阪神ダート1800mで行われた1000万条件以上のレースを3年間で集計してみた。これを見ると勝利数が多いのはサンデーサイレンス系、Mr. Prospector系、Northern Dancer系などですが、今年はNorthern Dancer系が出走していないのでサンデーサイレンス系、Mr. Prospector...

ジャパンカップダートの登録馬「外国馬の参戦は無し」

 今年のジャパンカップダートは外国からの参戦は無し、地方からの参戦もない、JRA勢だけのレースになってしまいました。登録馬を見ると重賞連勝中のスマートファルコン、みやこSで重賞初制覇のトランセンド、その2着のキングスエンブレム、昨年のジャパンカップダート2着のシルクメビウス、南部杯でエスポワールシチーに勝ったオーロマイスターなどが人気になりそう。  阪神1800mですから基本的には先行馬有利。ペースによっては差しも届くが、差し-差しの競馬にはならないと思っている。  ジャパンカップダートの過去の勝ち馬を見...

ジャパンカップダートの回顧「エスポワールシチーは強すぎた」

 ジャパンカップダートですがエスポワールシチーは強かったですね。マイペースの逃げでしたが5ハロン目に11秒9とペースアップし、直線に入って11秒8とここで突き放して勝った。こういう競馬をされると差し馬にはキツイ。もう少し前に行った馬が突っついてくれるとまた違った結果になったかもしれない。まあ、逃げるというのはその時点で主導権を取ったわけだからこういう競馬になるね。  流れとしてはマコトスパルビエロが向正面で動いたので馬郡の中にいた馬にはキツイ展開になりましたね。あそこで一気にペースが上がったから押し込まれ...

ジャパンカップダートの予想「スピード競馬ならアメリカから来たティズウェイで」

 ジャパンカップダートですが、世代交代に期待して3、4歳馬中心にしました。本命は招待馬のティズウェイ。大本命のサマーバードが骨折で出られないのは残念ですが、スピード競馬の本場アメリカから来ているのでいい競馬をしてくれると思う。実力は未知数ですが、時計だけ見れば十分やれそうですからね。相手は4歳のサクセスブロッケン。フェブラリーSではエスポワールシチーやヴァーミリアンに先着しているし、前走の負けで人気を落としているならここま狙い目。ワンダーアキュートは重賞連勝中。勢いがあるし、好位からもいい競馬が出来る。エ...

ジャパンカップダートの枠順決定 ヴァーミリアンは2枠4番

 ジャパンカップダートの枠順が決定した。今年のメンバーは前に行きたい馬が多いので面白い。エスポワールシチー、サクセスブロッケン、マコトスパルビエロ、ゴールデンチケット、スーニ、ワンダーアキュートなど。この中には控えては持ち味が生きない馬がいる。抑えて伸びるなら控えてもいいが、スピードの持続性で押し切るようなタイプだったら前に行くしかない。この枠順だと内の2頭が有利だが、外から強引に行くようだとペースが速くなる。そうなると後方からの馬が有利かと言えばそうでない。このぐらいのメンバーだと後ろからでは届かない。...

ジャパンカップダートの登録馬「主役はヴァーミリアン」

 ジャパンカップダートの登録馬ですが、なんと言っても目玉のサマーバードが骨折で出られないのが何とも残念。その年の米3冠レース勝ち馬が来てくれるというのはないですからね。目玉のサマーバードがいないとなると主役はダートG1を8勝しているヴァーミリアンでしょうね。相手はJBCクラシックやフェブラリーS出走馬でしょう。距離1800mというのが微妙で他馬にもつけいる隙がある。特に逃げ馬には有利に働くかもしれない。  ...

ジャパンカップダート回顧2「ヴァーミリアンはなぜ負けたのか」

 競馬は何があるか分からないが、ヴァーミリアンは連を外すとは思わなかった。それは、どうしてなのか。ひとつに鞍上の乗り替わりはあったと思う。武豊とのコンビであればもう少し積極的な競馬をしただろう。スタートは良かったが、そこから岩田康誠は押さえてしまった。冷静に考えれば隣枠のサクセスブロッケンが行かなかったのだからペースは速くならないはずなのに、ペース判断ミスをした。控えたことで前にカネヒキリに入られ、何度か接触していた。4コーナーから直線の入り口へはこの馬らしい脚を使ったが、外からメイショウトウコンに被され...

ジャパンカップダート回顧「復活カネヒキリ」

 思ったよりもペースは遅かったですね。ティンカップチャリスがガンガン行くかと思ったら抑え気味に逃げて、これではペースが遅いと思ったのかサクセスブロッケンは内から交わしてハナに。こうなると上がりの競馬になり前に行った馬が有利に。勝ったカネヒキリとルメールはいいポジションで折り合っていたのでこれなら連はあるなと見ていたら勝ってしまった。もともと力はあるので勝つチャンスはあると思ったけど、ルメールの騎乗は良かったね。それに比べて岩田康誠は・・・・。  それにしても6歳馬は強い。上位4頭が6歳馬、5着が8歳馬のブ...

ジャパンカップダートの予想「ヴァーミリアンを軸に」

 ◎ヴァーミリアン  現在の日本ダート界では一番強い馬。今年のジャパンカップダートには6歳馬が8頭出走。この6歳世代の代表格と言えばディープインパクト。芝では6歳馬の活躍が薄いですが、ダートでは元気いっぱい。ダートは年齢を重ねるごとに強い馬が出てくるので、今年もこの馬が勝つと思う。  ○サクセスブロッケン  ここ2年でヴァーミリアンに一番肉薄したのがサクセスブロッケンで、この馬にダートで唯一先着を許したのがヴァーミリアン。だから、ヴァーミリアンの次に強い馬だと思っている。  ▲マストトラック  ブリーダー...

ジャパンカップダート考査【横山典弘にG1制覇のチャンス到来】

 ジャパンカップダートにサクセスブロッケンに騎乗する横山典弘は現在G1レース73連敗中。エリザベス女王杯ではカワカミプリンセスで勝つチャンスがあったがルメールマジックにしてやられてしまった。しかし、今回はそれ以上のチャンスかもしれない。強い強いヴァーミリアンがいるけど鞍上が武豊ではない。  昨年のジャパンカップダートではフィールドルージュに騎乗して2着。その時の勝ち馬はヴァーミリアンで鞍上は武豊。2006年のNHKマイルカップではファイングレインに騎乗して2着。その時の勝ち馬はロジックで鞍上は武豊。200...

ジャパンカップダートの前日オッズ 1人気はヴァーミリアンで2.8倍

 ジャパンカップダートの前日オッズをみると1人気ヴァーミリアンで2.8倍、2人気サクセスブロッケンで4.3倍、3人気カジノドライヴで6.4倍が10倍以下。この3頭で単勝シェアは58.7%ですから上位3頭に人気が集中しています。  連勝馬券も馬連はヴァーミリアン絡みから、3連複と3連単はヴァーミリアンとサクセスブロッケンの組み合わせから売れています。ヴァーミリアンの強さは誰もが分かっているので、そのヴァーミリアンにJBCで肉薄したサクセスブロッケンとの組み合わせが人気になるのは当然のことでしょうね。それにし...

ジャパンカップダート考査【プレレーティング】

 いつものようにジャパンカップダートのプレレーティングを出してました。いつもならTARGET指数も出すのですが、このレースに限っては外国馬の指数がないだけではなく、日本馬も地方レースに出走している馬が多くて指数が出ないのでTARGET指数はなしにしました。  プレレーティング上位はヴァーミリアンの118、2位はマストトラックの116、3位はサクセスブロッケンとブルーコンコルドの114。カネヒキリは2年以上ブランクがあり前走の武蔵野Sは9着だったのでプレレーティングは出なかったが2005年のJCD出走時のプ...

ジャパンカップダートの枠順決定【阪神ダート1800mの馬番別成績】

 ジャパンカップダートの枠順が決定した。いつもなら該当レースの過去成績を集計して馬番別成績を出すところだが、昨年までの東京2100mから阪神ダート1800mに変更になったのでデータがない。そこで、2006年から現在までのダート1800mを集計した。条件は1000万以上のレースのみとした。レース数は全部で36レース行われたが、1~3番、9番、15番枠の成績が良くない。いいのは6、7、8、10番枠。で、このいい枠に入ったのが3枠6番ヴァーミリアン、4枠7番サクセスブロッケン、4枠8番ティンカップチャリス、5枠...

購読

RSSリーダーを使うと、'ジャパンカップダート'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ