ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'セレクトセール'タグのブログ記事

セレクトセール2007 近藤利一氏は22頭、金子真人HDは17頭のお買い上げ

 今年のセレクトセールで1億円を越えて落札された馬は13頭(1歳馬が4頭、当歳が9頭)でした。最高額のマイケイティーズの2007を競り落とした近藤利一氏はマストビーラヴドの2007(父キングカメハメハ)を1億5000万で、マイケイティーズの2006を2億5000万で落札した。3日間で落札した馬は全部で22頭、合計価格は13億4550万円。また、近藤英子氏の名前で2頭落札しているのでそれを含めると24頭で13億8350万円のお買い上げになる。購入した馬はほとんどがノーザンファームの馬ですね。  近藤利一氏...

セレクトセール3日目は6頭が1億円以上で落札

 3日目の当歳セールは初日、2日目のような高額馬は出なかったが1億円を超えて落札された馬が6頭も出た。この日は初日、2日目で最高額を落札した近藤利一氏は派手な買い物はなかったが7頭を購入。ネオユニバース、クロフネ、ファルブラウ、フジキセキ、スペシャルウィーク、キングカメハメハ、シングスピールと多種に渡って購入していましたね。 上場馬名 性 毛色 父 母 購買価格 購買者 ト...

セレクトセール2日目もアドマイヤムーンの半弟が最高額

 セレクトセール初日に2億5000万の最高額で落札されたマイケイティーズの2006(牡、フレンチデピュティ)の弟・マイケイティーズの2007(牡、クロフネ)が2日目で上場。ここでも、近藤利一氏が奮発して3億円の最高額で落札。また、マストビーラヴドの2007(父キングカメハメハ)も1億5000万で近藤利一氏が落札。  関口房朗氏がいないので今回は近藤利一氏の独壇場のようですね。その関口房朗氏ですが、ブログによると諸々の準備で忙しいということなのではやり選挙の準備が忙しいのでしょうね。 ...

セレクトセール1日目の最高取引額は2億5000万

 2007年のセレクトセール初日は1億円を超える馬が4頭もいた。もっとも高かったのはアドマイヤムーンの半弟にあたるマイケイティーズの2006(牡、フレンチデピュティ×母父サンデーサイレンス))で2億5000万円。落札したのはアドマイヤムーンの馬主・近藤利一氏。余程、この系統の馬が欲しかったんでしょうね。  2番目はエアグルーヴの2006(牡、父ダンスインザダーク×母父トニービン)で、購入したのは金子真人HDで落札価格は2億4500万円。落としのセレクトセールではエアグルーヴの牡は関口房朗氏が4億9000...

セレクトセール2日目の最高取引額はなんと牝馬で6億

セレクトセール2日目の最高取引額はなんと牝馬で6億。その6億円の馬とはトゥザヴィクトリーの2006。父キングマンボ、母父サンデーサイレンスと血統はいいけどここまで価格が上がるとはね。競り落としたのはグローブエクワインマネージメント(有)でここの代表を多田信尊氏らしいですね。多田信尊氏は他にガゼルロワイヤルの2006(父アグネスタキオン、母父Garde Royale)を1億2000万円でレディータイクーンの2006(父フジキセキ、母父クリミナルタイプ)を9200万円で(グローブエクワインマネージメント(有...

セレクトセール1日目の最高取引額は2億500万

セレクトセール2006の1日目の最高取引額はなんと2億500万のヴェイルオブアヴァロンの2005。父Pivotal(Nureyev)、母ヴェイルオブアヴァロン(母父Thunder Gulch)、伯父にディープインパクト、伯母にレディブロンドがいる超良血馬。次いで関口房朗氏が競り落としたシルクプリマドンナの2005は1億2000万。父ダンスインザダーク、母シルクプリマドンナ(母父ブライアンズタイム)。3番目に高かったのはリアリーライジングの2005で1億円。これも関口房朗氏が競り落とした。父Awesome...

購読

RSSリーダーを使うと、'セレクトセール'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ