ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'ドバイワールドカップ'タグのブログ記事

ドバイシーマクラシック ジェンティルドンナは凄い馬だ

 ドバイシーマクラシックのジェンティルドンナは強かった。直線で詰まった時は万事休すかと思われたが、ムーアがやや強引に外に出してからの伸び脚は凄い。不利がなければもっと楽に勝っていたでしょうね。このレースもドバイデューティフリーも共通するのは逃げ馬が日本馬だった。  スタートがよすぎたにせよデニムアンドルビーが逃げるとは思わなかった。スタート後は横一線だったが、コーナーの入り口で押し出されるようにハナへ。押さえて控えることも出来たと思うけど、それをしなかった。浜中が絶妙なペースで逃げたからジェンティルドンナ...

ドバイデューティフリー ジャスタウェイが痺れるような勝ち方をした

 ドバイデューティフリーはジャスタウェイの強さが光ったレースでしたね。トウケイヒーローが引っ張る展開で、後方からの競馬。直線に向いたところで外にだし、残り400mで先頭集団に並びかけ、残り300mで完全に抜け出し、最後は画面から2着馬が見えなくなるほど離して勝った。2着ウェルキンゲトリクスに6 1/4馬身差をつけての快勝。しかも、タイムはレコードの1分45秒52。直線で後続をどんどん引き離していく姿に思わず鳥肌が立ってしまった。  ジャスタウェイがこれほどの強さを発揮した陰には武豊の絶妙な逃げがあった。好...

快挙!ヴィクトワールピサがドバイワールドカップを制す

 日本時間の26日深夜に行われたドバイワールドカップ。日本からは有馬記念1着馬のヴィクトワールピサ、2着のブエナビスタ、ジャパンカップダートとフェブラリーSの2つのG1を勝ったダート王トランセンドの3頭が出走。日本が誇る最強の布陣で挑んだ今回のドバイワールドカップ。次の日が仕事と言うこともありリアルタイムで見ることが出来なかったが、早起きしてネットで結果を調べるとヴィクトワールピサが勝ち、しかも2着はトランセンドと言うことではないか。こうなると早くレース映像を見たくなるが、検索しても出てこない。しかし、T...

ドバイワールドカップの回顧「世界の壁は厚い」

 今年はイイデケンシン、ウオッカ、アドマイヤオーラ、ヴァーミリアンの4頭がドバイワールドカップに出走したが、世界の壁にはじき返されてしまった。イイデケンシンはスタートから気合いを入れてハナを切ったが内から来た馬と競って、息を入れるところがなく最後は失速。ヴァーミリアンは武豊が首を傾げるようは不可解な凡走。アドマイヤオーラは厳しい競馬で出るに出られなかった。唯一、ウオッカがスムーズな競馬をしたが、テンに気合いをつけたので前半掛かり気味で最後は失速。  ドバイデューティーフリーを勝ったジェイペグも、ドバイワー...

【DWC】ドバイ・デューティ・フリーはアドマイヤムーンが優勝

ドバイワールドカップの結果と感想。ダイワメジャーはいいスタートを切ったけど内にいた ENGLISH CHANNEL が邪魔だったね。最初のコーナーで下げるしかなかったし、終始外を回されて脚を使ってしまったから直線伸びなかったのは仕方がない。いつもの安藤勝己だったらアドマイヤムーンが外から来たら併せに行くのにそうしなかったのは、アドマイヤムーンに勝って欲しかったからなのかな。アドマイヤムーンにとっては願ってもない展開だった。団子状態の後ろでいつでも外に出せる状態。直線もったままで先団に並んできたときは勝利を確信したね。最後は手綱を弛める余裕もあったほど。このレースはアジアマイルチャレンジ第2戦に指定されているので、このあと香港で行われるチャンピオンズマイルか安田記念で勝つようなことがあるとシリーズチャンピオンの可能性もある

購読

RSSリーダーを使うと、'ドバイワールドカップ'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ