ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'ワールドスーパージョッキーズシリーズ'タグのブログ記事

WSJSの結果 横山典弘が優勝

 今年のWSJS(ワールドスーパージョッキーズシリーズ)も面白かったですね。速いペースあり、スローペースありでレースは見応えが合ったけど馬券は散々でした。優勝したのはゴールデンサドルT2着、ゴールデンスパーT4着、ゴールデンブーツT1着、ゴールデンホイップT13着で合計47点の成績の横山典弘。今年の横山典弘はダービーを勝って、天皇賞秋を勝ってマイルCSを勝って、WSJSも勝ってと大活躍。このあとも目が離せないですね。   ...

WSJSの回顧「もう少しなんとかならないかな~」

 WSJSの4戦は全て外れてしまいました。クラスA、Bを中心に予想を組み立てたけどクラスA、Bで決まったのはゴールデンスパーTとゴールデンブーツTだけ。ゴールデンサドルTとゴールデンホイップTはクラスCの3歳馬が絡んできた。今年の3歳馬はレベルが高いので人気がない(成績が良くない)からといって甘く見ていると痛い目を見る。今回は当たりませんでしたが、WSJSに出てきた3歳馬は要注意だと思っているので、今後の馬券につなげたいと思う。 ...

ゴールデンブーツTとゴールデンホイップTの予想

 昨日のWSJSですが、ゴールデンサドルTはクラスA→C→Dと入って3連単は10万馬券。C馬ケンブリッジエルは3歳馬なので今年の3歳は侮れないということでしょう。ゴールデンスパーTはクラスB→A→Bと入って3連単は7万円。僕が切ったミダースタッチが来てしまったので馬券はドボン。突っ込みで推奨したチャームナデシコが勝って、穴で狙ったタートルベイが3着。前残りを期待していたので穴が来ても当たらないです。  ゴールデンブーツTはクラスAのキングストリート、ウォークラウン、クラスBのソラヲカケル。この3頭は同じレ...

ゴールデンサドルTとゴールデンスパーTの予想

 WSJSですが、これだけの騎手が集まるとどの馬を買っていいのか分からないかもしれないが、狙いどころは絞れる。と言うのもこのシリーズは抽選で騎乗馬が決まる訳だが各クラス(ABCD)にそれぞれが1回ずつ騎乗するようになっている。JRAが考える能力順にクラスA→B→C→Dとなっているから狙うならAかBという事になる。まあ、CやDが駄目と言うことはないがチャンスは少ない。馬連で狙うならABで3連複、3連単ならCDを絡めるという感じかな。  ゴールデンサドルTは降級馬のオセアニアボス、3歳馬のメイショウコウセイが...

WSJSの結果 フランスのメンディザバル騎手が優勝

 今年も面白いレースが見られました。特に優勝したメンディザバルは人気薄を上位に持ってきていましたからね。日本人では小牧太が奮起していました。最後のゴールデンホイップTでは勝ちに来ていましたからね。得点を狙うなら控えた方がいいけど勝利を狙っている騎乗は良かったです。  実は日曜日のメンディザバル騎手には期待していたんですよね(Gブーツは◎アヴェンティーノ、Gホイップは▲マッチメイト)。特にマッチメイトは内枠だったのでロスのない競馬で一発があるかと思ったら2着に来ましたね。でも、勝ったクラウンプリンセスが買え...

ゴールデンブーツTとゴールデンホイップTの予想

 WSJSは世界の名手が腕を競うレースなので芝だろうが何だろうが毎年馬券を買っているので、今年も参加です。出馬表の「M2」欄にあるABCDはJRAのホームページ(第22回ワールドスーパージョッキーズシリーズ騎乗馬の決定について)に掲載されているグループ分けです。僕が勝手に思うにこのグループ分けはハンディキャッパーが能力順に分けてあると思っています。  土曜日のゴールデンサドルTとゴールデンスパーTは迫力がありましたね。特にゴールデンサドルTはゴール直前で内と外とから伸びてきて差しきってしまった。今日もその...

ゴールデンサドルTとゴールデンスパーTの予想

 WSJSは世界の名手が腕を競うレースなので芝だろうが何だろうが毎年馬券を買っているので、今年も参加です。出馬表の「M2」欄にあるABCDはJRAのホームページ(第22回ワールドスーパージョッキーズシリーズ騎乗馬の決定について)に掲載されているグループ分けです。僕が勝手に思うにこのグループ分けはハンディキャッパーが能力順に分けてあると思っています。  ゴールデンサドルTは芝のレースなので素直にAグループより3頭を選びました。ミルクトーレルとライトグランデュアは降級馬なので力上位。タマモナイスプレイは力を付...

ワールドスーパージョッキーズシリーズの出場騎手

 ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)に出場する騎手ですが、今年は関西リーディングの武豊が骨折で欠場となってしまった。そして、補欠の藤田伸二が辞退したために福永祐一が出場することになった。内田博幸は地方時代に1度出場しているので今回が2回目、それとサマージョッキーシリーズ優勝の小牧太出場。地方代表は岩手リーディングの菅原勲。海外からは北米から2名、ヨーロッパから3名、オーストラリアから2名、香港から1名の合計15名で争う。  僕はこのWSJSは馬券を抜きにしてもジャパンカップの次に好きなレース...

WSJSの結果 オーストラリアのウィリアムズ騎手が優勝

 馬券は当たらなかったが面白いレースを見せてもらった。距離が長いと思ったシルクドラグーンが直線豪快に伸びたり、ダイナミックグロウが内からスルスル伸びてタガノサイクロンの追撃を封じたりと、なかなか昇級出来なかった馬たちが連勝してしまうのだから世界の名手達は凄い。優勝したウィリアムズ騎手はゴールデンホイップTで11人気のワイルドファイアーを2着に持ってきてしまった。8歳馬でこのクラスでは3着が最高。ハンディ戦の52キロでも掲示板に載らない馬が別定の58キロで2着ですからね。凄いとしか言いようがない。高知の赤岡...

WSJSの予想 ゴールデンサドルTとゴールデンスパーT

 土曜日のWSJSは迫力満点のレースでしたね。特に高知の赤岡修次騎手が魅せてくれた。ゴールデンブーツTでは13人気のアキノレッドスターで逃げて4着。ゴールデンホイップTでは4人気のカネトシツヨシオーに騎乗して後方一気の差しきり勝ち。現在のところポイントトップですので今日の成績次第では優勝もあるかもしれない。 出馬表・阪神10R ゴールデンサドルT  これだけの騎手が揃っているのに出走馬のレベルが低い。こうなるとどの馬にもチャンスがあるように思える。狙って見たのは最内枠のインプレッション。ダートから芝に変わ...

WSJSの予想 ゴールデンブーツTとゴールデンホイップT

 ワールドスーパージョッキーシリーズは好きなレースなので普段は買わない芝のレースですが、折角ですから馬券を買ってみようと思う。WSJSでは馬の能力はもちろんのこと騎手の腕がモノをいうレース。馬の戦歴からこういう競馬をするだろうという予想は外れるので騎手買いをしたい。どの騎手も魅力的なのですが、今日は初来日のルパルー騎手に期待します。ジュリアン・ルパルー騎手はフランス生まれの24歳で北米を主戦として活躍している。2年前の22歳にデビューして2年目の2006年にはリーディング1位に。今年も4位と活躍中。アメリ...

WSJSの騎乗馬が決定【仮出馬表 TGXとグループ】

 WSJSの騎乗馬が決まった。JRAでは各馬をグループ分けしていますが、そのグループについては何も書かれていない。ただ、パッと見たところ能力上位がAで段階的にB→C→Dと分けているようだ。このグループ分けをよ~く見てみると、それぞれの騎手が4つのグループの馬に騎乗している。騎乗馬は抽選と言うことだが、このばらけ方をみると人為的ではないかと思ってしまう。こうやって平均的に分配すると騎手の腕がモノをいう。確実にポイントを重ねた騎手は誰になるだろう。サラッと見たところ角田晃一がいいかもしれない。 出馬表・阪神 ...

ワールドスーパージョッキーズシリーズの出場騎手決定

 ワールドスーパージョッキーズシリーズの出場騎手が決定しました。今年は15名による戦い。関東から田中勝春と後藤浩輝が初出場、関西からは武豊、岩田康誠、安藤勝己とおなじみの3人、そしてサマージョッキーシリーズで優勝した角田晃一がご褒美として出場。地方からは高知リーディング1位の赤岡騎手が地方予選を勝ち抜いて出場。海外からはアメリカから2名、ヨーロッパから3名、オセアニアから2名、アジアから1名が出場。いつも迫力あるレースを見せてくれるので楽しみにしている。阪神競馬で行われるので現場観戦はしたことはないけど、...

WSJSの地方競馬代表は高知の赤岡修次騎手に決定

 高知の赤岡騎手がWSJS地方代表に決定  12月に阪神競馬場で行われる第21回ワールドスーパージョッキーズシリーズの地方競馬代表騎手を決める、WSJS地方競馬代表騎手選定競走「スーパージョッキーズトライアル」の第2ステージが名古屋競馬場で行われ、高知の赤岡修次騎手が代表に決まった。  赤岡修次騎手は高知競馬所属で1977年3月15日生まれの30歳。通算1036勝。去年、初めて高知リーディングを獲得。現在、30歳というとJRAでは福永祐一や和田竜二と同学年。7534騎乗で1036勝、勝率13.8%はなか...

ワールドスーパージョッキーズシリーズの出場騎手決定

 暮れの名物レース『ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)』に出場する騎手が決まった。JRAからは10月末現在で関東から上位2名、関西から上位3名。地方からは『スーパージョッキーズトライアル』で優勝した笠松の濱口楠彦騎手が初参加。海外からは北米から2名、ヨーロッパから3名、オーストラリアから2名、アジアから1名の騎手が出場。いつも迫力あるレースを見せてくれるが、今年は笠松の濱口楠彦騎手を応援したいね。笠松で成績を挙げて、『スーパージョッキーズトライアル』で優勝した実力と強運の持ち主。あとは抽選...

WSJSの地方競馬代表は笠松の濱口楠彦騎手に決定

WSJS選定競走は濱口楠彦騎手が総合優勝WSJS選定競走は濱口楠彦騎手が総合優勝  ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)に出場する地方競馬代表騎手を決めるスーパージョッキーズトライアルは第1ステージを盛岡競馬場(10/6)で、第2ステージを園田競馬場(10/24)でそれぞれ2レースずつ行われ、第1ステージをトップで折り返した濱口楠彦騎手が第2ステージでもポンイントを加算して山口竜一騎手を僅か1ポイント抑えて優勝。  濱口楠彦騎手は笠松競馬所属で1960年3月28日生まれの今年46歳。笠松と言...

購読

RSSリーダーを使うと、'ワールドスーパージョッキーズシリーズ'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ