ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'中山牝馬S'タグのブログ記事

中山牝馬Sの予想「本命はワイルドラズベリー」

 阪神で中山牝馬Sが行われるのは変な感じですね。しかも、東西の上位騎手が騎乗しているのでレースとしては面白い。そんな中山牝馬Sの本命はワイルドラズベリーにしました。馬主は社台のお得意様・近藤利一氏の奥様・近藤英子女史。父ファルブラヴはジャパンカップの勝ち馬。この勝利で社台は購入を決めた経緯がある。サンデーサイレンス系牝馬が多いのでノーザンダンサー系は配合しやすい。ここは勝って種牡馬価値を上げたいところ。  相手は社台系種牡馬のヒカルアマランサス、アプリコットフィズ、プロヴィナージュの3頭。それと、鞍上でデ...

中山牝馬Sの予想「そろそろレインダンスの順番かと」

 中山牝馬SはTARGET指数1位のレインダンスにしました。ハンディは定量マイナス1キロの54キロ。馬名の意味由来は「雨の中のダンス」だけど道悪競馬は駄目なタイプ。前走の京都牝馬Sは稍重で勝ち馬からコンマ8秒差。前々走の京都金杯は良馬場で勝ち馬からコンマ1秒差。日曜日は良馬場で行われそうなのでチャンスはある。秋華賞ではダイワスカーレットの2着になったこともあるし、そろそろ重賞勝ちがあってもいいと思う。  相手はトップハンディでも実力馬のザレマ、中山コースが得意のウェディングフジコ。TARGET指数からチェ...

中山牝馬の予想「トップハンディでもキストゥヘヴン」

 中山牝馬Sはトップハンディのキストゥヘヴンを狙ってみたいと思う。小柄な牝馬に56.5キロは厳しいと思うけど、昨年も同じ斤量で3着に来ている。それと、鞍上は乗れている横山典弘。土曜日はおとなしかったので日曜日はやってくれるのではないかと思っている。相手はヤマニン2頭で。ヤマニンメルベイユは昨年の勝ち馬。先行力があるので時計の掛かる馬場では外せない。ヤマニンエマイユは道悪成績がいいので。鞍上がデムーロに乗り替わるのもプラス。 中山牝馬Sの出馬表 TARGET指数 枠馬馬名性齢替騎手斤量間ZI直前芝短 ...

中山牝馬Sの予想「穴狙いでタイキマドレーヌ」

 牝馬限定戦でハンディ戦ですから何があってもおかしくない。だったら人気馬から行くよりも人気薄から。そこで本命に推したのはタイキマドレーヌ。前走は久々で京都記念ですから度外視。前々走のターコイズSはハンディ戦でコンマ8秒差の11着。馬体減が響いたのか勝負所で動けず。3走前は初のG1で、しかも上がりの競馬に対応できずに10着。それでもコスモマーベラスやディアチャンスと差のない競馬をしている。4走前に府中牝馬Sではコスモマーベラスに先着、ディアデラノビアとは同タイム。これまでの着順はともかく実力馬と差のない競馬...

中山牝馬S考査【タイム分析】

 過去10年の中山牝馬Sのラップタイムを出してみた。これをみるとペースが速かったのは2002年、2003年、2004年の3回だけ、あとは平均ペースからややスローペース。重馬場で行われた昨年は馬場を考慮するとやや速いペース。牝馬限定というだけではなく、中山芝1800mというコースは前半のペースが速くならない。と言うのもスタート地点がスタンド前からで、スタートから1コーナーの入り口までが約200mで1コーナーから2コーナーにかけてが上りになっている。だから、行きたい馬が多くない限りはペースは速くならない。かと...

中山牝馬Sの登録馬【過去10年の配当一覧と血統タイプ別出馬表】

 過去10年の配当をみると牝馬限定のハンディ戦だけあって荒れ気味です。過去10年で3桁配当はゼロ。馬連万馬券が2回、3連複は5回のうち4回が万馬券。1人気の成績が3勝2着1回3着1回、2人気は2着2回3着1回なので荒れて当然なのかもね。連対馬の前走をみると条件戦からの格上挑戦も昇級戦も連対はなし、オープン馬で人気の無い馬が連対している。1人気で人気を裏切っている馬をみるとG1出走馬が多い。クラスが落ちれば当然勝ち負け出来るだろうと誰もが考えるが、そういかないのが牝馬戦とも言える。  今回は過去10年の連対...

購読

RSSリーダーを使うと、'中山牝馬S'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ