ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'中山記念'タグのブログ記事

【G2】中山記念考査

 中山記念が行われる芝1800mはスタート地点がスタンド前でスタートから1コーナーまでが約200mと短く、2コーナー過ぎまでが上り坂。隊列が決まるとそのまま流れることが多い。開幕週ということもあり内枠が有利。先行差し馬が有利、逃げ馬も過去10年で4頭が連対。過去10年で良馬場で行われたのは4回。2011年は1分46秒0と早い時計の決着だったが、その他の3回は1分47秒2、3という時計の決着。勝ち馬の上がり3Fは平均で36秒2と道悪競馬が含まれているのでややかかりぎみ。良馬場の4回に絞ってみると平均は35秒...

中山記念の予想「ひと叩きされたリアルインパクトにもう一度期待」

 関東圏では大崩れしなかったリアルインパクトが前走の東京新聞杯では1.2秒差の11着と惨敗。直線半ばまで手応えがよく見えたがその後失速。プラス20㎏が太めだったのかもしれないが、それにしても負けすぎ。一度使われてガラッと変わるとは思えないが再度期待してみる。調教過程をみると動きは悪くないし、中身が変わってくればいい走りをしてくれるはず。シルポートが引っ張る流れなら決め手勝負にならないのでこの馬の先行力が生きるはず。あとは先週のダイヤモンドSで今年初重賞勝ちをした内田博幸が上手く乗ってくれるのを期待します。...

中山記念の予想「実績とコース適性からフィフスペトルで」

 中山記念の出走メンバーを見るとG1で勝ち負けしてきた馬はリアルインパクト、フィフスペトル、トゥザグローリーの3頭。先の3頭を除いてG2で勝ち負けしてきた馬はシルポートだけ。あとはG3で勝ち負けしてきた馬。こうやって並べてみると上位と下位の力量差がハッキリしている。力を付けて来ている上がり馬の能力は未知数だが、重賞経験が多い馬がこれだけ出てくるとかなり厳しいと思っている。  僕の中では勝つのはリアルインパクト、フィフスペトル、トゥザグローリーのどれか。仕上がり具合がいい馬は勝つのではないかと思っているが、...

中山記念の回顧「ヴィクトワールピサの強さは別格だった」

 中山記念は予想通りにキャプテントゥーレが逃げてくれた。しかも、ヴィクトワールピサは後方からだったので「シメシメo(^o^)o」と思っていた。1000m通過が60秒1なので上がりの競馬に持ち込めたし、キャプテントゥーレが逃げ切れる展開だと思ったのにヴィクトワールピサは3コーナー過ぎから馬なりで上がって来る。しかも、4コーナーでは先団にとりついて、手応えも抜群だからちょっとモノが違う印象を受けた。  上がりの競馬ですから先行馬には有利な展開で、ヴィクトワールピサは外々を回ってですからね。ペースが遅いので追走...

中山記念の予想「ヴィクトワールピサで大丈夫か?」

 中山記念には有馬記念を勝ったヴィクトワールピサが出走する。メンバーを見渡せば断然の1人気というのは分かるが果たして勝てるだろうか。実績を見れば有馬記念1着、ジャパンカップ3着、ダービー3着、皐月賞1着と文句なし。でも、これまでのレースがスローペースで上がりの競馬。距離が2000m以上なら問題はないが1800mというのが気になる。重箱の隅を突くわけではないが、今回がいちばん危ないような気がしている。  そこで、本命はキャプテントゥーレ。社台系で皐月賞馬。このメンバーなら逃げてもいいでしょう。直線が長いコー...

阪急杯と中山記念の回顧「どちらもノーザンダンサー系がやってきた」

 阪急杯も中山記念もNorthern Dancer系という事で予想をしたまでは良かったが肝心の本命馬が来なかったらから駄目ですね。阪急杯のビービーガルダンはこの馬場が合わないと言うよりも久々でちょっと気負っていたように思えた。スピードで押し切るタイプなので久々で1400mはちょっと長かったかもね。まあ、それでも勝てると思っていたけど甘かったか。前が牽制しあうような流れになると思っていたのでエーシンフォワードとワンカラットは予想通り。意外だったのはサンカルロですね。道中は行きたがっていたようにこのペースでも...

中山記念の予想「血統と脚質からシャドウゲイト」

 中山記念の予想ですが、過去のデータとTARGET指数からシャドウゲイトを本命にしました。中山記念の過去10年の集計データを見ると血統ではNorthern Dancer系が強く、脚質では逃げ・先行タイプが強い。また、G1レースの経験がある馬。シャドウゲイトの血統はNorthern Dancer系ホワイトマズル産駒で、中山コースは3勝2着3回で同コースでは2勝している。G1は出走どころかシンガポール・エアラインズ・インターナショナルカップを勝っている。鞍上は乗れている横山典弘と勝つ条件は揃っていると思う。 ...

中山記念の予想「中山巧者のエアシェイディで」

 中山巧者と言えばエアシェイディでしょう。中山記念と言えば2005年に4着、20007年に2着、昨年が3着と好走しているし中山コースは10回走って掲示板を外したのはたったの1回だけ。今年、8歳になったがアメリカAJCCで2着になるなど元気いっぱい。相手は決め手のあるドリームジャーニー。展開に左右される面はあるけど、この頭数なら不利がないだろうし展開次第で勝ち負け出来る。カンパニーは昨年の勝ち馬。その昨年は横山典弘があっと言わせる先行策で勝たせてしまった。今年はどんな競馬を見せてくれるか楽しみだね。 中山記...

中山記念の登録馬「高齢馬多し」

中山記念の登録馬「高齢馬多し」  中山記念の登録馬をみると高齢馬が多いですね。4歳馬はスマイルジャックだけ、5歳馬はドリームジャーニーと条件馬のウェディングフジコの2頭。残る12頭は6歳以上。昨年の勝ち馬カンパニーと3着馬エアシェイディは8歳馬で元気いっぱい。「無事是名馬」と言いますが、高齢になっても元気に競走生活を続ける馬が増えているのは事実。フェブラリーSでは4歳馬がワンツーを決めたが、中山記念はクセのあるコースですから勢いだけでは勝てない。このコースを得意としている馬が多いので枠順次第だと思っている...

中山記念の回顧「えっ、カンパニーが先行!」

 コンゴウリキシオーが逃げたのは予想通りでしたがカンパニーが先行したのには驚いた。しかも、直線はアッサリ抜けだして完勝。こういう競馬も出来るんですね。馬場が良いので前が止まらない馬場と分かっていても、カンパニーは本命に出来なかった。エイシンドーバーは好位からジワジワと脚を伸ばしてきた。ペースがPCI50前後と読んだけど少し遅かったのも良かったのだろう。エアシェイディは積極性が無かった。コンゴウリキシオーが逃げると速いペースになると読んだのかもしれないが、今日の馬場だと伸びてもここまで。マルカシェンクも位置...

中山記念の予想「コンゴウリキシオーの逃げ切りに期待」

 土曜日の中山は開幕週らしく逃げ・先行馬が勝っていた。多少ペースが速くても馬場が良いと止まらない馬場と言うのはいつものこと。追いかける方が苦しくなって逃げ・先行-差し・追い込みで決まる感じです。と言うことで本命はコンゴウリキシオー。久々ですがスタートの良い馬ですし関係ないでしょう。この馬の戦歴からPCIをみると50前後で好成績をあげている。と言うことは前後半でイーブンかやや早めのペースになる。時計面でもマイルで1分33秒前半、1800mでは毎日王冠で1分44秒8、2000mでは1分57秒台で走る馬なので開...

中山記念考査【タイム分析】

 過去10年のラップタイムを見ると年々前後半のタイム差がなくなっているの分かる。もっとも走破時計の速かった2004年でも前半1000m通過が57秒6、後半1000mが58秒4で前後半の差はコンマ8秒。こうやって並べてみるとレースの流れが厳しくなっているのが見て取れる。上位3頭の脚質をみると逃げ馬が4勝、先行馬が3勝、差し馬が3勝。差し馬の4コーナー位置をみるとダイワテキサスの7番手が一番後ろ。と言うことは差し馬でも4コーナー7番手以内で競馬が出来るような馬でないと勝てないということになる。じゃあ、差し馬に...

中山記念の登録馬【過去10年の勝ち馬と配当一覧】

 過去10年の勝ち馬をみると蒼々たるとは言えないけど重賞常連組の馬たちが勝っていますね。しかも、G1ではちょっと足りないという愛されるキャラクターの馬たちが。ローエングリンは2勝3着1回、バランスオブゲームは2勝2着1回、アメリカンボスは1勝2着1回、ダイワテキサスは1勝2着1回着外1回など、この距離を得意としている馬が強いレースでもある。今年の登録馬を見ると昨年2着のエアシェイディ、3年前2着のカンパニーなどがいる。この2頭は芝1800mでの成績もいい。  芝1800mを得意としている馬は他にもいて、エ...

購読

RSSリーダーを使うと、'中山記念'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ