ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'京都牝馬S'タグのブログ記事

京都牝馬Sの予想「ハナズゴールの切れる脚に期待」

 京都牝馬Sは今年最初の牝馬限定重賞。このレースは明け4歳と5歳以上の戦いとなる。これまでの対戦成績は4歳馬13勝、5歳馬10勝、6歳以上4勝と4歳馬が強い。基本的には前走で勝っているか僅差のレースをしている馬がいい。いわゆる好調な馬を狙うのがいい。ということで今年の京都牝馬Sは前走勝っているハナズゴールを本命にしました。  ハナズゴールは桜花賞トライアルチューリップ賞でジェンティルドンナに先着している実績がある。また、牝馬らしい切れ味のある脚を使う馬で直前ばらけやすい外回りの京都1600mなら脚を余す事...

京都牝馬Sの予想「斤量も恵まれたヒカルアマランサスで」

 京都牝馬Sですが、牝馬限定戦はスローの上がり勝負になりやすく京都コースはサンデーサイレンス系が良く来る傾向がある。今回も何頭か出走しているが、斤量に恵まれたヒカルアマランサスがいいと思う。愛知杯でスローペースの上がりの競馬になって34秒3の末脚を使ったが届かなかった。忙しい中京コースだったのでこれは仕方がない。京都に変われば直線は長いし、この馬の決め手が生きる。  相手は長くいい脚を使えるマイネレーツェル、昨年の勝ち馬チェレブリタ、ここ3走は上がり3ハロンで33秒台を出しているマイティースルー、それと良...

京都牝馬Sについて考えてみた

 京都牝馬Sの過去9年のデータを出してみた(2006年は2着同着)。まずはタイム分析から見てみると牝馬戦らしい前半遅くて後半速いレースになっている。これは、コースにも言えることでスタート後は長い直線なので先行争いは激しくならず、3コーナー手前から登って下るのでここでも我慢。そして直線勝負という感じかな。ラップを見ると後半11秒台が多いのはそのせいでもある。ただ、ラスト1Fは時計が掛かっているのでここで逆転がある。タイム的には良馬場なら1分33秒台だが、前半が遅ければ時計も遅くなり、その分だけ前に行って粘っ...

京都牝馬Sの回顧「武豊のナイスな騎乗でチェレブリタが初重賞勝ち」

 京都牝馬Sは馬場適正の差が出たようなレースだったと思う。2開催連続で稍重といえ前日からの雨で馬場はゆるんでいたと思う。本命にしたニシノマナムスメはノメって走りにくそうでした。この馬は良馬場がいいということでメモしておきます。勝ったチェレブリタですが、武豊がそつのない騎乗で勝利を導きましたね。道中は後方2番手。4コーナーを回って直線の入り口までもったままで、どこに出すかと思ったら、迷わず内目を真っ直ぐ伸びてきた。たぶん、見た目には内の馬場が荒れていたように見えたけど、どこを通っても一緒だったんでしょうね。...

京都牝馬Sの予想「順番ではニシノマナムスメ」

 京都牝馬S考査で牝馬重賞は持ち回りと書いたが、ニシノマナムスメにようやく順番が回ってきたと思っている。 ◎ニシノマナムスメ ニシノマナムスメは重賞未勝利なのにハンディ戦だと重い斤量を課せられてしまう。最近の成績は良くないが久々の府中牝馬Sと安田記念を除けばそれほど負けていない。今回は別定戦で、距離が1600mに。2000mでも連対しているが中京コース。本質はマイラーだと思っている。父はアグネスタキオンだが、母ニシノフラワーはスプリンターズSの勝ち馬。ペースによっては距離が伸びても大丈夫だがマイルの方がこ...

京都牝馬S考査【牝馬重賞戦線の勝ち馬は持ち回り】

 牝馬限定の重賞(2歳、3歳限定は除く)は10レースある。春の頂点がヴクトリアマイルで、秋の頂点がエリザベス女王杯となる。距離も1400mから2200mまでとなっているので、レースを選べばどの馬にもチャンスがある。しかも、ハンデ戦が3レースあるので格上挑戦馬にもチャンスがある。  面白いのはG1を勝った馬はレースを選んで出走するが、牝馬同士でもなかなか勝てない事がある。昨年の牝馬重賞10レースを出してみたが、2勝しているのはエイジアンウインズとヤマニンメルベイユの2頭。一度、重賞を勝つとハンディ戦でも別定...

京都牝馬Sの回顧「安藤勝己がアドマイヤキッスでメモリアル勝利を挙げた」

 安藤勝己騎手がアドマイヤキッスの勝利でJRA通算800勝を達成した。10レースのグロリアスウィークで勝てなかったのでここでという気持ちが強かったのでしょうね。レースではスタートで出遅れたが、押っつけて好位まで押し上げ、直線は追い出しを待って馬場の良いところに出して伸びてきた。行ける脚があるし、手応えが良い馬なので他馬が動いてから仕掛ける事が出来る。マイルだとスタミナに余裕があるので終いの伸びが違うみたいですね。  2着のザレマは格上挑戦だったが先行してきわどいところまで粘った。決め手を生かすよりも先行力...

京都牝馬Sの予想「アドマイヤキッスはひょっとしてマイラー?」

 詰めが甘いアドマイヤキッスにとって距離短縮はいい方向に向くのではないかと思う。先行力はあるのでマイルでも追走に戸惑うことはないでしょう。スタミナは問題ないので、じっくり溜めていい脚を使う競馬が出来ると思っている。ちょっと馬場が渋っているのはこの馬にとってプラスかマイナスかは分からないが大きく崩れる事のない馬なので軸はこの馬がいい。  相手は好調のブルーメンブラット、別定戦で斤量が軽くなったキストゥヘヴン、それとザレマとカタマチボタンで。 ...

京都牝馬Sの登録馬【過去10年の勝ち馬と配当一覧】

 過去10年の勝利騎手をみると岩田康誠、福永祐一、ペリエが2勝以上している。ペリエにおいては1996年にショウリノメガミで勝っているので4勝している。武豊が同一重賞を得意としているようにペリエもこのレースを得意としているのでしょう。ちなみにペリエは8回騎乗して4勝2着1回3着1回着外2回で複勝率75%。今回はどの馬に騎乗してくるか分かりませんが出てきたら要注意ですね。それと、岩田康誠は3回騎乗して2勝2着1回のパーフェクト連対。あたりが強い騎手なので牝馬との相性はどうかと思うときもあったが、このレースとの...

購読

RSSリーダーを使うと、'京都牝馬S'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ