ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'京阪杯'タグのブログ記事

京都芝1200mについて

 スタート地点は向正面直線半ば付近。最初のコーナーの3コーナーまでが約300mと短く、しかも、すぐに上り坂になっている。芝1200mは内回りコースを使用しているのでコーナーの坂は高低差3と外回りに比べて1m程低い。3コーナー入り口付近にある坂の頂上からは下り坂で、一気に駆け下りることになる。最後の直線は平坦コースでゴールまでの直線は約320m。  コーナーの入口までが短く、直線が平坦と言うこともあって真ん中よりも内が有利。複勝率を見ると2、3、4、6番枠がいい。脚質は逃げ先行馬が有利。差し馬では外を回すよ...

京阪杯の予想「相も変わらず3歳馬中心で」

 実績から言えばアルティマトゥーレから入るのが本命党のセオリーなのだろうが、昨年1人気馬ビービーガルダンがスプリンターズS3着→京阪杯6着と言うことと、昨年の上位馬が京洛S組だったと言うことから狙うなら3歳馬がいいと思った。その京洛Sでは1着エイシンタイガーと2着レディルージュの差はタイム差なしの鼻差。どちらを上位に取るかと言われれば京洛Sの時の斤量と今回の斤量を比べてレディルージュの方が1キロ重くなっているので、同斤量のエイシンタイガーを本命に。レースでも馬場悪い内から伸びてきたことを考えればエイシンタ...

京阪杯の予想「サンアディユには逆らえない」

 1200mになって2年目のレース。過去の傾向とかは分からないので純粋に能力とローテーションから考えてみた。まずは本命だがスプリンターズS2着のサンアディユで問題ない。スプリンターズSから間隔を開けて使ってきていることもそうだが鞍上に武豊を用意してきたのは完全に勝ち狙い。良馬場の時計勝負でも時計の掛かる馬場でも対応できるのでまず勝ち負けでしょう。相手は逃げるとしぶといサープラスシンガー、昇級馬のクールシャローンなど3歳馬が面白い。 ...

京阪杯の登録馬

 昨年から1200mになったレース。短距離路線が整備されたので登録馬が多いですね。スプリンターズS組からはサンアディユ、アンバージャック。セントウルS組ではカノヤザクラ、キンシャサノキセキ、アルーリングボイス、スピニングノアール。スワンS組からはブラックバースピン、ペールギュント、ナカヤマパラダイス、タマモホットプレイなど。G3らしくどの馬が勝ってもおかしくないメンバーが登録してきた。 京阪杯の登録馬 馬名 性齢 厩舎 種牡馬 ...

購読

RSSリーダーを使うと、'京阪杯'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ