ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'共同通信杯'タグのブログ記事

共同通信杯考査

 近年の共同通信杯の連対馬を見てみると昨年のドゥラメンテ、一昨年のイスラボニータ、4年前にはゴールドシップ、ディープブリランテなどクラシックを勝った馬が連対している。  今年の登録馬を見てみるとホープフルSでロードクエストやバティスティーニに競り勝ったハートレー、同じ舞台の東京スポーツ杯2歳Sを勝ったスマートオーディンの2頭が最有力候補。この2頭に割って入るとしたら京成杯3着のメートルダールか逃げて結果を出しているリスペクトアース辺りでしょう。過去の結果を見ても上位人気で決まるケースが多く、それほど荒れな...

共同通信杯の予想「今度こそキャロットファームのゴットフリート」

 共同通信杯の過去の勝ち馬にはゴールドシップ、アドマイヤムーン、ジャングルポケット、エルコンドルパサー、ナリタブライアンなどGⅠ勝ち馬が多くいる。東京1800mは紛れのないコースなのでここで強い勝ち方をした馬はその後も出世する可能性が高い。だけど、3歳のこの時期に厳しいレースをしたためにその後は活躍出来ない馬も多くいた。  過去の勝ち馬を見ると前走では3着以内、上がり3Fは上位3位以内というのが最低条件。頭数が少ないので決め手はあった方がいい。そのことを考慮すると朝日杯FS3着のゴットフリートがいい。馬主...

共同通信杯の予想「アリゼオに大物の予感」

 共同通信杯はアリゼオが強いと思う。前走のレースだけでは何とも言えないがそのレース内容は大物の予感がした。レースはメジロイングリッドが離して逃げたが、3コーナーの入り口で後続が接近。そして、ここから一気にペースが上がり直線に向いて追い比べ。この流れを先行し、自分から前を捕まえに行ってしかも持ったままで先頭に立って、他馬よりも後から追いだして後続を一気に離した。ゴール前は手綱を押さえる余裕さえあった。東京競馬場に変われば緩い流れから決め手勝負になる。追って伸びることは当然だが、追い出しをギリギリまで我慢でき...

共同通信杯の回顧「ブレイクランアウトの末脚がキレた」

 共同通信杯ですがブレイクランアウトの末脚のキレは見事でしたね。道中は中段の内目で折り合って、直線に入ると馬なりで進出して追い出すとスッと抜け出してしまった。最後は流す感じでしたから着差以上の強さだったと思う。乗っている武豊は気持ちよかったでしょうね。ただ、切れすぎるというのはちょっと怖い面もある。2着のトーセンジョーダンは普通なら勝っていたレースですね。松岡正海の騎乗も良かったし、この馬は距離伸びてもいい競馬が出来そうだな。3着のトップカミングもいい決め手があるけど、母父がサクラバクシンオーなので距離が...

共同通信杯の予想「決め手のあるシェーンヴァルトを本命に」

 共同通信杯ですが、まだどの馬が強いのか判断がつかないのでここは好きな馬から狙ってみたい。まずはシェーンヴァルトですね。鞍上が北村友一から内田博幸に変わったのはプラス。馬主が重賞に強いサンデーレーシングに、生産者がノーザンファームと言うこと。それと、出走馬の中で重賞勝ち馬はこの馬だけと言うこと。人気が割れているし、ここで強い競馬をしてくれると先が楽しみになってくる。  プロスアンドコンズは決め手に魅力を感じる。鞍上がデムーロなのでそつない競馬でこの馬の良さを引き出してくれると思っている。トーセンジョーダン...

共同通信杯の回顧「ショウナンアルバが好時計勝ち」

 単勝1.5倍の断然の支持を受けたサダムイダテンにとってはペースが速くて絶好の展開になったと思ったけど直線の伸びはもうひとつでした。前半3Fが33秒9というのは芝1200m戦なみのペースなので先行馬は総崩れ。そんななか好位から抜けだして勝ったショウナンアルバは強いのひと言。距離が伸びてどうか、ペースが遅くなってどうかというのはあるけどマイルまでのスピード競馬なら主役になりそうな馬だと思う。2着のタケミカヅチは内からロスのない競馬で終いを伸ばしてきた。決め手はあるけど勝ちきるまでの力はない。もう少し、力を付...

共同通信杯の予想「サダムイダテンは大物かも」

 日曜日は開催されるのでしょうか?只今(20時現在)、多摩地区の僕の近所では既に3センチの積雪で雪が降り続いています。どうなるか分かりませんが、競馬が開催されるという前提で予想してみました。本命はラジオNIKKEI杯2歳S2着のサダムイダテン。デビュー2戦目が重賞でしかも1人気に支持された馬。レースでは出遅れて後方からになったが追い込んできて2着と能力のあるところを見せた。まだ、未知な部分は多くあるけど2戦目の重賞であれだけの競馬が出来るのだからここでも期待は出来る。今年の3歳牡馬は混戦模様なのでこの馬が...

共同通信杯の登録馬【過去10年の勝ち馬と配当一覧】

 共同通信杯といえばダービーを目標とする関西馬が東上してくるレースともいえる。データのある過去22年の共同通信杯の歴史でダービー馬になった馬はジャングルポケット、タヤスツヨシ、ナリタブライアン、アイネスフウジン、サクラチヨノオー、ダイナガリバーの6頭。そして、過去10年の勝ち馬をみると半数の5頭が関西馬。西高東低が続く競馬界ですが、最近は関東馬の活躍が目立ってきている。しかし、今年の登録馬をみると関西馬が優位のような気もする。有力どころではラジオNIKKEI杯2歳Sを勝ったサブジェクト、2着のサダムイダテ...

購読

RSSリーダーを使うと、'共同通信杯'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ