ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'内田博幸'タグのブログ記事

池添謙一と内田博幸 1000勝ジョッキーに先になるのはどっち?

 9月11日に川田将雅騎手がJRA通算1000勝を達成しましたが、あと2人1000勝に近づいている騎手がいます。 それは池添謙一騎手と内田博幸騎手です。現在、ふたりとも994勝で並んでいるのでどちらが先に達成するのでしょう。通算の勝率や最近の騎乗数から見ると内田博幸騎手の方が早く1000勝に手が届きそうですが、今年の池添謙一騎手は調子がいいのでどちらが先に1000勝を達成するのかわからないです。  1000勝は騎手にとって大きな節目。達成するためには厩舎や馬主のバックアップ抜きにはできません。1000勝が...

内田博幸がJRA騎手試験に合格

 ついに地方競馬のナンバーワン騎手・内田博幸がJRAへの移籍が決まった。今月5日の試験後はあまり自信がないようなコメントをしていたが、あれは謙遜だったんですね。所属などは決まっていないが、普通に考えれば美浦所属でフリーでの出発となるでしょうね。内田博幸には騎手エージェントが付いているのでフリーでも騎乗馬には困らないでしょう。困るのは同じ騎手エージェントを使っている藤田伸二でしょう。これまでは内田博幸が関東で騎乗するときだけ関西で騎乗して、内田博幸が関東で騎乗しないときは関東で騎乗していましたからね。ただ、...

内田博幸が地方通算3000勝達成、そしてJRA受験を表明

 今日、内田博幸が地方通算3000勝を達成した。現役9人目、史上16人目の達成。ちなみに現役で3000勝以上の騎手は石崎隆之騎手(船橋)、的場文男騎手(大井)、桑島孝春騎手(船橋)、有馬澄男騎手(兵庫)、鮫島克也騎手(佐賀)、菅原勲騎手(岩手)、内田利雄騎手(岩手)、川原正一騎手(兵庫)の8名。年間400勝以上している内田博幸ならこの数字はあくまでも通過点でしょう。JRAの武豊と同じでどんなに記録を塗り替えても当たり前のように思えてしまう。  内田博幸騎手(大井)地方競馬通算3,000勝  ラジオNIK...

内田博幸騎手が年間最多勝新記録を更新

 18日、浦和競馬場で行われた10R(C1・ダート1400m)で、トーセンマンボ(牡3、浦和・小久保智厩舎)が優勝。同馬に騎乗していた内田博幸騎手 (36、大井・荒井隆厩舎)は、地方、JRA合わせて今年506勝(地方445勝、JRA61勝)となり、佐々木竹見元騎手が66年に記録した地方競馬の年間最多勝505勝を40年ぶりに更新した。netkeiba.com  ついに佐々木竹見元騎手の年間勝利記録を更新した。現在は騎乗制限があるにもかかわらずこの成績だから凄い。勝率も上回っているし交流GⅠも勝っているし内...

内田博幸がJRA通算100勝&地方年間300勝を達成

乗れている男は違うね。今年、地方競馬では1197レースに騎乗して300勝を達成。勝率25%のハイアベレージで4レースに1回は勝っている。また、重賞ではアジュディミツオーで川崎記念、かしわ記念、帝王賞を、フレンドシップでジャパンダートダービーと今年の交流G1を全勝するなど凄い活躍ぶり。先週はJRAで通算100勝を達成するなど記録的には通過点だがとどまることなくアッサリ決める辺りは地方騎手第一人者だけのことはあるね。新聞で読んだところでは今年の目標は佐々木竹見騎手が持つ年間505勝を超えることらしいが、この...

内田博幸騎手が地方競馬通算2500勝を達成

 内田博幸騎手(荒井隆厩舎)は、本日7月18日浦和競馬第4競走において、3号馬アジュディススム号(1番人気)に騎乗し、平成元年のデビューから地方競馬の通算勝利数を2500勝としましたので、お知らせします。  地方競馬の通算2500勝達成は、南関東現役騎手では4人目[全国では現役14人目(平地のみでは現役13人目)]、南関東歴代騎手では9人目[全国では歴代35人目(平地のみでは歴代33人目)]の記録となります。 TOKYO CITY KEIBA 2500勝を達成した事も凄いのですが、2000勝から僅か1年...

ついに内田博幸が関東リーディングに

週末にRACING BOOK: どうなる今週の関東リーディング争いで内田博幸騎手が勝ち星を量産するかもしれないと書いたが土曜日に1勝、日曜日に3勝して通算42勝になった。柴田善臣騎手は土曜日に1勝、日曜日は0勝で通算41勝なので内田博幸騎手が地方騎手としては初の関東リーディングになった。地方所属騎手なので来週はどうなっているか分からないが一度でもリーディングになったと言う事は凄い事であり、JRAに大きくアピール出来たのではないかな。 ...

内田博幸の関東リーディングがみえた

内田博幸が先週5勝を上げてついに勝ち星で柴田善臣にならんだ。関西なら武豊がいるのであり得ない話だが関東だからね。今週末も《特指》のレースが土日に組まれているので参戦する可能性は大。騎乗する馬も人気馬が集まって来ているので地方所属騎手がりーディングに立つことも夢ではないし、このまま勝ち続ければ地方所属騎手による初のリーディングジョッキー誕生も可能性が出てきたね。安藤勝巳がこじ開けたJRAへの道をあとに続いた小牧太、赤木光太、柴山雄一、岩田康誠らの活躍により地方騎手の実力をまざまざと見せつけ実績を作り、そこに...

相変わらず内田博幸は大人気

出走馬データを登録して出馬表分析画面の騎手一覧を見てみると内田博幸騎手は土日ともに11鞍ずつ騎乗で、これは全騎手の中で最多騎乗数になる。まるで中央入りする前の安藤勝己騎手や岩田康誠騎手と同じですね。注目すべきは土曜日のエアファンタジスタとゼンスピリッツで管理するのは関西の大御所伊藤雄二調教師。過去に伊藤雄二-内田博幸は2004年に一度だけあってそれ以来になる。大御所もついに“内田頼み”か。藤沢和雄調教師に「主戦にしたい」と言われたほどだからもう地方だ中央だというレベルの騎手ではないですね。(赤文字は前走も...

内田博幸が地方騎手初の1日6勝

内田博幸は勝ち出すと手がつけられないね。今年、20勝を挙げた時(内田博幸、早くも20勝到達)にもデータを調べてみたが今回は期間を広げてブレイクした昨年から先週までの成績を集計してみた。集計データはJRA所属馬のみということで。 集計データを見てもわかるとおりダートでの成績がいい。芝もそれほど悪くないが信頼度ではダートだね。人気を見ると ダートでは1人気より2人気の方が成績がいい。もうこうなると騎手の腕で着順を上げていろとしか言えないでしょう。脚質ではスタートがいいので先行することが多い。1~2人気で逃げた...

内田博幸に注目

土曜日の内田博幸は11鞍の騎乗という人気ぶり。それもそのはずでニュージーランドTではマイネルハーティを見事に1着に導き、かしわ記念ではストロングブラッドを1着にと今地方競馬でもっとも乗れている騎手であるから騎乗依頼が多いのも分かる。 これまでJRAでは357騎乗して26勝と数字だけを見ればもの足りないが今年に限って言えば【10-6-5-42】で勝率15.9%、連対率25.4%、複勝率33.3%、単勝回収率106と単勝だけ買っていれば儲かってしまうほどの成績を挙げている。これをJRAの騎手と照らし合わせて見...

購読

RSSリーダーを使うと、'内田博幸'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ