ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'大阪杯'タグのブログ記事

【G2】産経大阪杯考査

 今年の産経大阪杯は豪華な顔ぶれになりましたね。GⅠが5頭(イスラボニータ、キタサンブラック、ショウナンパンドラ、ヌーヴォレコルト、ラブリーデイ)に中山記念2着のアンビシャス、京都記念2着のタッチングスピーチなどどの馬が勝ってもおかしくない。  アンビシャス、イスラボニータなどが出走した中山記念は1000m通過が59秒4とこのクラスとしてはややスローペースだが、後半1000mは57秒8とかなり速い。レースの上がりは34秒9、勝ったドゥラメンテの上がりが34秒1。人気のドゥラメンテが早めに動いて押し切るレー...

産経大阪杯の予想「飛躍のナカヤマナイト」

 産経大阪杯と言えば天皇賞春の前哨戦。これまでここをひと叩きして本番へ向かう馬が多いが今年のメンバーを見ると天皇賞春と言うよりも宝塚記念に向かう馬の方が多いような気がしてならない。そんな中でも天昇賞春が似合う馬がいた。それはナカヤマナイトだ。血統的に長距離は問題なく、ここを使って本番へ向かうはず。久々ですが、休み明けは問題なくここは全力できていると思っている。天皇賞春まで間隔はあるので栗東滞在でリフレッシュ→本番という青写真が描かれていることでしょう。  相手はフェデラリスト、トーセンジョーダンを筆頭に、...

産経大阪杯の予想「キャプテントゥーレにもう一度◎」

 産経大阪杯の本命はキャプテントゥーレにしました。4歳馬を軸にとも考えましたが、ここはキャプテントゥーレを軸にして他の4歳馬の力量を計りたいと思う。能力的にはエイシンフラッシュとダノンシャンティでしょう。ただ、この2頭はまだ万全ではないようなので他の馬にもチャンスがありそう。日経賞は社台系のキャロットファームが制したので、ここは本家の社台RHに頑張ってもらいたい。  相手は4歳馬のリディル、ミッキードリーム、ヒルノダムール、ダノンシャンティの4頭で。 産経大阪杯の予想 ...

大阪杯の回顧「ドリームジャーニーの敗因とテイエムアンコールの好走」

 大阪杯はドリームジャーニーが3着に破れるという波乱が起きた。勝ち時計は1分59秒5でレースの上がりは35秒4だからドリームジャーニーが差せない流れではないと思う。レースリプレイを何度かみて思ったのは3コーナーから4コーナーにかけてゴールデンダリアに2度外に張られている。ただ、勝つときのドリームジャーニーは加速したときに一気に前に行けていたはずなので本番を前に仕上がり途上ではないかと思う。  また、レースのラップ(12.1-11.1-12.8-12.3-12.0-12.2-11.6-11.5-11.7-1...

産経大阪杯の予想「ドリームジャーニーの相手は?」

 産経大阪杯はドリームジャーニーの相手探しのレースだと思う。メンバーをみるとドリームジャーニー以外はG3で勝ち負けできるかどうかという馬ばかり。しかも、別定戦なので力通りの結果になるように思う。斤量が59キロだが、京都の決め手勝負なら前が止まらない可能性があるが阪神なら大丈夫。それに、この馬は中山や阪神のような直線に坂がある方がいいタイプだから負けないでしょう。  相手は重賞勝ち馬のヤマニンキングリー、決め手のあるホッコーパドゥシャ、テイエムアンコール、サクラオリオンで。  このレースは馬券の買い方が難し...

産経大阪杯の予想「ディープスカイが強い」

 今年の産経大阪杯は好メンバーが揃った。12頭中G1馬が5頭もいるのだから面白くないはずがない。この中ではディープスカイが断然強い。斤量が59キロでも問題はないでしょう。この馬は自在性があるのでペースが遅ければ前に、早ければ後ろにとどんな競馬でも出来る。鞍上の四位もこの馬だけは後方一気のワンパターンの競馬はさせていない。特に天皇賞ではハイペースを好位から競馬をして粘らせたのは凄く評価している。天皇賞への布石は神戸新聞杯にあった。ダービーやNHKマイルでは後方からの競馬だったが、神戸新聞杯では好位からの競馬...

大阪杯の回顧「ダイワスカーレット強し、牡馬G1馬4頭が撃沈」

 もうダイワスカーレットのワンマンショーと行っていいでしょう。スタート後はエイシンデピュティが押して行ったが、外からダイワスカーレットが馬なりで先手を取る。あとはこの隊列がそのままゴールまで続いた。1000m通過が59秒6は特に遅くはないペース。このペースで上がり3Fが34秒8では後続は厳しい。  ダイワスカーレットは直線外からエイシンデピュティが並びかけて来たけど結局一度も前に出さなかった。並んだら強いというところをまざまざと見せつけたね。もっとペースが速ければ控えて、ペースが遅ければ自分で行ってと。自...

大阪杯の予想「ダイワスカーレットが強い」

 予想はしてみたものの馬券を買う気になれないレースだね。どんな展開になろうともダイワスカーレットが強いと思う。アドマイヤメインかヴィクトリーが行くでしょうから、2、3番手から競馬で前の馬がバテそうになるところで自分から動いて後続を完封というのが僕の考えたシナリオ。メイショウサムソンとドリームパスポートの対戦成績を考えるとドリームパスポートが上位なので必然的にメイショウサムソンの印は軽くなる。アサクサキングスとサンライズマックスなら切れるサンライズマックスの方がいいと思う。ヴィクトリーは皐月賞を勝っているし...

大阪杯考査【タイム分析・ラップと脚質】

 過去10年の勝ちタイム、ラップと上位馬の脚質を出してみた。これをみると極端な傾向は出ていないが、強いて挙げればラスト1ハロンが掛かっている。クラスが上がると仕掛けるポイントが早くなり最後は地力勝負となるので上がりが掛かってしまう。今年は先行馬多いので緩いペースにはならないと思う。だからといって差し馬が有利な流れになるかと言えばノー。コース形態からは内回りなので内枠の先行馬が有利だが、連続開催と言うことを考える外差しが出来る馬が有利かも。どちらにしてもペースがカギを握ると思う。今回の出走馬ではダイワスカー...

大阪杯の登録馬【過去10年の配当一覧、連対馬の血統】

 今年の大阪杯は見所がいっぱい。まずはメイショサムソンとダイワスカーレットの対決。有馬記念ではダイワスカーレットが先着したが、メイショウサムソンは昨年のこのレースの覇者だけにここは負けられない。ドリームパスポートはメイショウサムソンと同期で対戦成績はドリームパスポートの7勝3敗で圧倒的にドリームパスポートが勝っている。ただ、G1になるとメイショウサムソンが強い。昨年のダービー2着、菊花賞1着のアサクサキングスがここから始動。このレースは4歳馬が強いレースなので好走があってもおかしくない。上がり馬のサンライ...

購読

RSSリーダーを使うと、'大阪杯'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ