ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'宝塚記念'タグのブログ記事

【G1】宝塚記念 前日オッズでは1人気はドゥラメンテ

 宝塚記念の前日オッズをみると1人気はドゥラメンテ、2人気はキタサンブラック、3人気はアンビシャス、4人気はラブリーデイとなっていた。複勝人気も馬連人気も上位4頭は変わらず。ドゥラメンテは人気投票では6位だったが、実際は1人気になるのは当然か。  時系列オッズをみるとドゥラメンテだけは単複で100万単位の投票が入っている。やはり、世代最強馬だけあってここで負けてはいけないということか。馬場適性がどうかとか、関係ないのが最強馬たる所以。ここで取りこぼすようでは凱旋門賞でいい結果がえられるかどうか。最近は乗れ...

【G1】宝塚記念の予想 本命はトーホウジャッカル

 今年の宝塚記念はG1馬6頭を含む、全馬重賞勝ち馬という豪華メンバー。時計が掛かる馬場なのでどの馬が勝ってもおかしくない。その中から選んだ本命はトーホウジャッカル。前走の天皇賞春ではゴールドアクターをマークする形で早めに仕掛けて直線は失速。しかし、昨年とは臨戦過程が違い、復調してきているのは間違いない。鞍上の酒井学がつきっきりで調教をしているのでコンビとしては問題ない。馬場状態を考慮すると馬番11番は申し分なし。中間の調教も順調だし、ここが勝負だと思っている。父スペシャルウィークといえばブエナビスタ、イン...

【G1】宝塚記念 道悪競馬が得意な馬は

 宝塚記念が行われる阪神競馬場は金曜日現在の芝コースの馬場状態は不良。土曜日は曇り、日曜日は時々晴れの予報だが馬場が良馬場になることはないだろう。たとえ良馬場発表としても力のいる馬場になることは間違いない。  過去レースを見ると分かるが梅雨の時期に阪神最終週で行われるので馬場はボコボコで力を要する馬場になっている。過去の勝ち馬を見ても良馬場でキレを活かすような馬よりもスタミナがあって力のいる馬場を得意とする馬が勝っている。  過去10年の勝ち馬の血統を見るとステイゴールド産駒が5勝、他はキングカメハメハ産...

【G1】宝塚記念 出馬表と過去30年の勝ち馬

 上半期のグランプリレース宝塚記念。今年は6頭のG1馬を含む17頭立てと豪華な顔ぶれが集まりましたね。2冠馬のドゥラメンテは今年初戦の中山記念でアンビシャス、リアルスティールに勝ってドバイシーマクラシックに挑んだが、レース前の落鉄が影響したのか直線はいつもの伸びが見られなくて2着に惜敗。しかし、強いところは十分見せてくれた。これまでのレースを見ても底を見せていないし血統的にもどこまで強くなるのか楽しみ。帰国初戦だが負けられないレースだと思う。  菊花賞に続き天皇賞春を勝ったキタサンブラックは武豊のとのコン...

宝塚記念の予想「復活オルフェーヴル」

 宝塚記念はオルフェーヴルの復活に期待したい。阪神大賞典での逸走、天皇賞春での凡走と期待を裏切ってきたが能力は抜けている。勝ち続けることに嫌気を差したので凡走したが、このままで終わらないのが一流馬。このまま、凡走が続くようだと早熟の天才馬となってしまうが、父ステイゴールドは7歳で香港ヴァーズを勝ち、母父メジロマックイーンは6歳でも宝塚記念を勝っている。晩成型の血筋なのでこのまま終わるはずがない。 宝塚記念の予想 宝塚記念 過去26年の1着馬 ...

宝塚記念の回顧「アーネストリーが社台包囲網を粉砕」

 宝塚記念はG1らしい厳しい流れになった。ラップを見ると前半3Fが33秒6、5Fが58秒7、後半5Fが59秒3、上がり3Fが35秒2で走破タイムはレコードの2分10秒1。スタミナタイプのナムラクレセントがハナを切ったので途中でペースが落ちるかと思ったが1コーナーまでアーネストリーが併走していたのでそこでペースが落ちなかったようですね。そして、1コーナーに入ったところで内のナムラクセレントがハナを切る形になり坦々としたラップを刻んだ。平均ラップが11秒83で、12秒台後半を刻んだのが前半の4F目だけ。あとは...

宝塚記念の予想「社台的にはどの馬が勝ってもいい」

 宝塚記念の出馬表を見ると生産者は八田ファームとノースヒルズマネジメントを除く13頭が社台生産馬。しかも、馬主も社台系が多くどの馬が勝っても社台的はいいわけで予想するのが難しい。レース的にはブエナビスタvs4歳牡馬という構図が出来ているだけにここはブエナビスタを本命にしました。過去のレースを見てもブエナビスタに先着しているのはドリームジャーニーだけ(JCのローズキングダムは繰り上がり)。4歳馬は成長しているのでその差は縮まっていると思うけど、まだブエナビスタは強いと思っている。  4歳馬ではルーラーシップ...

宝塚記念考査「血統傾向を探る」

 宝塚記念の過去25年の成績から血統傾向を考えてみました。過去の成績をみるとサンデーサイレンス系が強く、次にノーザンダンサー系が強い。今年の出走馬を見るとサンデーサイレンス系はブエナビスタ、ドリームジャーニーなどで、ノーザンダンサー系はシンゲンとアサクサキングスですから今年は厳しい。では、有力4歳勢は4頭がKingmambo系なんですね。これは偶然なのか、必然なのか。4頭が揃って力を出し切れば上位独占もあるかも。同系列で決まる年もあるからね。  今年は例年の傾向が当てはまらない気がする。4歳馬全部が3着以...

宝塚記念の枠順決定 2枠3番ルーラーシップ、2枠4番エイシンフラッシュ、4枠8番ブエナビスタ

 宝塚記念の枠順が決まりました。有力馬をみてみると内から2枠3番ルーラーシップ、2枠4番エイシンフラッシュ、4枠8番ブエナビスタ、5枠9番ローズキングダム、7枠14番トゥザグローリー。エイシンフラッシュは今回はいい枠に入りましたね。ちょっと行きたがるところがあるのでこの枠はベスト。枠を選ばないブエナビスタは昨年と同じ4枠8番。どこからでも競馬が出来る馬がいい枠を引いた感じ。ローズキングダムはもう少し内が良かったかなぁ。でも、鞍上がウィリアムズなので大丈夫でしょう。トゥザグローリーは外枠になっちゃいましたね...

宝塚記念の登録馬「ブエナビスタ vs 4歳馬」

宝塚記念の登録馬が発表された。今年はヴィクトワールピサとペルーサとヒルノダムールが出走しないだけでほぼベストメンバーでのレースになりそう。登録馬を見るとブエナビスタ対4歳馬(ローズキングダム、エイシンフラッシュ、トゥザグローリー、ルーラーシップ)と言った感じに。出走しない先の3頭も4歳馬なので今年の4歳牡馬のレベルが高いことがよく分かる。それでも、ブエナビスタの方が一枚上のような気がしてならない。ヴィクトリアマイルではアパパネに先着されたが、2000m以上であればブエナビスタの独壇場。良馬場であれば間違い...

宝塚記念の予想「ドリームジャーニーからこんなに買っていいのかな」

 宝塚記念の本命はドリームジャーニーにしました。馬場適正は走ってみないと分からないけど小脚が使えるし阪神コースはあっていますからね。相手ですが、いろいろと考えてみたのですが絞りきれないので全部買ってみます。  ナムラクレセント 気性難があるのが道悪は上手い。  ジャガーメイル 不良馬場の目黒記念で2着。道悪は上手い。  アクシオン 重馬場で1勝。馬場のいい外枠を走れるのがいい  ロジユニヴァース 不良で勝ったダービーのような競馬が出来れば  ナカヤマフェスタ 不良で行われたダービーで最速の上がり。時計の掛...

宝塚記念の前日オッズ「ブエナビスタ売れていますね」

 今年の宝塚記念は道悪競馬ですね。この道悪でもブエナビスタの人気は衰えず。単勝時系列をみても断続的に大口が入ってきていますね。人気上位に大口が入るのは分かるのですがアクシオンにポツンと大口が入っていました。この馬、道悪が得意なのか調子がいいのか。鞍上が藤田伸二だし気になるところだね。  不良馬場のダービーを勝ったロジユニヴァースは5人気。前に行けるしもっと人気すると思ったんですけどね。昨年の勝ち馬ドリームジャーニーは大外枠と道悪ということが嫌われたのか5人気。まあ、天皇賞を脚部不安で回避したし仕方がないと...

宝塚記念の回顧「ドリームジャーニーが本格化」

 宝塚記念はドリームジャーニーが勝った。レースを見ていて思ったが、ドリームジャーニーはこれまでの後方から直線だけの競馬から、自由に動ける競馬に変わってきたように思える。折り合いに不安がないので、鞍上の意のままに動けるのが強み。決め手はあるタイプなので道中に余分な力みがないだけに最期は良く伸びたね。サクラメガワンダーは先行力を生かすタイプなのでこの競馬がベスト。もしかしたらマイルでもいい競馬が出来ると思っているので、これからが楽しみな馬。残念なのはディープスカイですね。マイルを使ったあとだからか行きたがって...

宝塚記念の予想「ディープスカイが強いでしょうね」

 今年の宝塚記念ですが、狙って面白いのは社台関連生産馬ですがディープスカイが強いでしょうね。安田記念はプラス14キロと輸送を考慮しても太かった。それでもコンマ1秒差の2着ですからね。危なげないレースで終いもシッカリ伸びているし今回も問題ないでしょう。産経大阪杯ではドリームジャーニーに差されてしまったが、使われている今回は反応が違うと思う。  ドリームジャーニーは天皇賞で3着に来ているように着実に力を付けている。父ステイゴールドは7歳でドバイシーマクラシックや香港ヴァーズを勝っているように晩年に活躍している...

宝塚記念の枠順決定【過去23年の出目一覧】

 宝塚記念の枠順が決まった。ディープスカイは7枠11番、ドリームジャーニーは6枠9番、サクラメガワンダーは5枠8番、マイネルキッツは1枠1番。宝塚記念は春の最後のG1と言うこともあり、なかなか頭数が揃わない。今年は14頭なのでまだ出走馬が多い方なんですね。いつものように出目を出してみましたが、これだと外枠のデータが少ないので信憑性はいまいちなので参考程度に見てください。宝塚記念は1~3人気が強いのでこの上位3頭から人気薄を絡めるのが面白いと思う。ちなみに12人気以下は連に絡んだことはないです。 ...

宝塚記念考査【血統傾向を探る】

 宝塚記念の過去23年分の成績を集計し、血統データを出してみました。これを見るとサンデーサイレンス系は3勝と意外と勝利数が少ないのが分かる。勝利数が多いのはGrey Sovereign系だが、ここ10年では1頭だけなのでデータ的にはいまいちかも。ここ10年の勝ち馬血統をみると偏った傾向はないのがわかる。今年はサンデーサイレンス系、Roberto系が多く、Northern Dancer系やMr. Prospector系が少ないけど、血統傾向に偏りがないので出走数が少ない種牡馬にもチャンスはあると思う。  狙...

宝塚記念の登録馬【過去23年の配当一覧】

 いよいよ春のG1最後の宝塚記念ですね。果たしてウオッカは出走するのだろうか。ウオッカが出ないと興味が半減してしまうので出てきて欲しいですね。  宝塚記念過去23年の配当一覧を出してみましたが、これをみると人気馬が勝つことがあるけど、時々人気薄が来ていますね。ヒシミラクル、スイープトウショウはG1馬なのでこのパターンに当てはまる馬はマークした方がいいですね。また、エイシンデピュティとメジロパーマーは前走重賞勝ち馬なのでこのパターンもマーク。あとは上位3人気までを絡めておけばいいと思うけど。  宝塚記念の登...

宝塚記念の予想「メイショウサムソンとアサクサキングスの一騎打ち」

 中国に来て2週間が経ちました。すっかり競馬から遠ざかってしまいましたが、宝塚記念ぐらいは予想をしたいと思います。  宝塚記念と天皇賞春の相性がいいのはこれまでの勝ち馬を見てもらえば分かる。中でも人気で天皇賞の着順のよかった馬は宝塚記念でも好走している。となれば今回はメイショウサムソンとアサクサキングスの一騎打ちと考えていいでしょう。G1勝ち、G1好走歴を考えてもこの2頭が上位だと思う。僕はこの2頭の馬連一点を買いたいと思う。 ...

宝塚記念の登録馬【馬名の意味由来と過去22年の勝ち馬】

 再来週は宝塚記念なのでいつものように馬名の意味由来と過去の勝ち馬を出してみました。宝塚記念は春のグランプリと言うだけあって人気馬が順当に勝っている。過去22年で5人気以下が勝ったのは2005年のスイープトウショウ(11人気)、2003年のヒシミラクル(6人気)、1992年のメジロパーマー(9人気)でした。この3頭に共通するのは重賞勝ち馬であること、またスイープトウショウとヒシミラクルはG1だった。まあ、人気馬=実力馬ですから人気がある馬が勝つのがこのレースなんでしょうね。  馬名の意味由来はなんども出て...

古馬中距離レース路線図(前期) 選択枠が広がった中距離路線

 宝塚記念を勝ったアドマイヤムーンの今年のスケジュールを見ると2月に京都記念を勝って、3月にドバイデューティーフリー(DDF)に出走。ここでも勝ったので4月のクイーンエリザベス2世カップに出走。国内のG1は宝塚記念に絞っての出走で勝利をモノにした。  これまでは前哨戦→天皇賞or安田記念→宝塚記念のローテーションが王道だったが、2000m前後を得意とする馬には春は選択枠が少なかった。しかし、アドマイヤムーンのように海外のレースを使い、上手に間隔をとりながら出走するパターンが出来た。今回は惨敗したがシャド...

購読

RSSリーダーを使うと、'宝塚記念'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ