ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'小倉大賞典'タグのブログ記事

小倉大賞典の予想「昇級戦でも軽ハンデなのでナリタクリスタル」

 小倉大賞典ですが、今年は中京競馬場で開催なんですね。中京のハンデ重賞ですから中日新聞杯をイメージして予想をしてみた。今回逃げそうなのはドリームサンデーとオースミスパークの2頭。枠順から言えばドリームサンデーだが、オースミスパークの前走を見るとテンに仕掛けてもハナに行っているので外からかぶせるような事になればペースは速くなる。もし、オースミが控えてもドリームサンデーは前走のように楽に行けるとは思えない。そこで、狙ってみたいのがナリタクリスタル。ハンデは昇級戦ということもあり-2キロの54キロなのでこれは有...

小倉大賞の予想「血統からこの3頭に」

 小倉大賞典の傾向を探ってみようとTARGETで過去21年の成績を集計してみた。その結果、種牡馬ではNasrullah系が強く、馬主ではメイショウの松本好雄氏が4勝でトップ、ハンディはトップハンディも軽量も連対、調教師では鶴留明雄調教師が4勝でトップ、人気別では1~5人気が12勝2着9回、6人気以下が9勝2着12回、平均配当は5250円で馬連施行後は3桁配当はなし、馬連万馬券は3回。  今年はメイショウの馬は出てきていないし、ハンディや人気からでは絞れない。鶴留明雄調教師はこのレースを2勝しているアサカデ...

小倉大賞典の回顧「老兵衰えず。アサカディフィートが後方一気の差しきり勝ち」

 予想よりは遅い流れとなったが、小倉競馬らしい早仕掛けのスタミナ勝負になった。先行してくれると思ったマルカシェンクが控える競馬から脚を伸ばして一旦は先頭に立ったが最後は一杯に。そこに外からアサカディフィートとシルクネクサスが突っ込んできた。僅かにシルクネクサスが2着になれなかったのは残念。馬連80倍を取り逃がした。本命に推したフィールドベアーは好位からの競馬になったが、マルカシェンクの動きにつられるように行ってしまった。あそこでもう少し我慢していれば終いの伸びは違ったと思う。4着のワンダースティーヴは初重...

小倉大賞典の予想「フィールドベアーにもチャンスはある」

 小倉のG3らしいメンバーが集まった。どの馬が勝ってもおかしくないようなメンバーになってしまった。この中ではフィールドベアーがいいと思う。3走前に準オープンを勝ってオープン入り。前々走は鳴尾記念に出走し、先行して9着に負けたがタイム差はコンマ3秒差。逃げたエイシンデピュティの上がりが34秒2で、フィールドベアーは34秒3。初の昇級戦ということを考えれば立派なタイムだと思う。前走の京都金杯では控える競馬からジワジワ脚を伸ばしてコンマ6秒差の5着。この馬の戦歴をみると1800mをよく使われているし成績もいい。...

小倉大賞典の登録馬【過去10年の勝ち馬と配当一覧】

 小倉大賞典はこの季節のハンディ戦とあって荒れますね。過去6年で10人気以下の馬が4勝。登録馬をみるとトップハンディはディアデラノビアの+1.5キロ、次いでアサカディフィートの+0.5キロ、ワンモアチャッターとマルカシェンクが±0です。そのほかの馬はマイナスハンディです。トップハンディのアサカディフィートは昨年の勝ち馬で一昨年は4着。10歳馬ですが、中山金杯でもコンマ5秒差まで詰め寄っているので衰えはないでしょう。この馬は展開が向くかどうかがカギになる。前が潰れるような流れになれば今回も上位争いすると思う...

購読

RSSリーダーを使うと、'小倉大賞典'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ