ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'弥生賞'タグのブログ記事

【G2】皐月賞トライアル 弥生賞考査

 今週末は東西でトライアルレースが開催です。土曜日は阪神競馬場で桜花賞トライアルのチューリップ賞。日曜日は中山競馬場で皐月賞トライアルの弥生賞が行われます。弥生賞 - Wikipediaは3着までに皐月賞への優先出走権が与えられるレースです。また、皐月賞と同じ中山芝2000mで行われるということ、皐月賞までの間隔があることで有力馬が集まることが多い。ただ、弥生賞を勝って皐月賞も勝った馬は過去30年でヴィクトワールピサ、ディープインパクト、アグネスタキオン、サクラスターオーの4頭しかいない。これは、トライア...

弥生賞の予想「フェノーメノで権利取り」

 弥生賞は皐月賞トライアルで3着までに入れば優先出走権を手に入れることが出来る。皐月賞と同じ中山芝2000mで行われるので注目度も高い。しかし、弥生賞と皐月賞ではレースの流れが全く違う。弥生賞は権利を取りたいと言うことで各騎手も無理をしないのでペースが遅くなり上がりの競馬になりやすい。皐月賞は勝ちたいが為にいいポジションを取りに行くので自然と前半が早くなり、また早仕掛けになりやすいので上がりが掛かる。このことを踏まえると弥生賞では先行馬が有利になり、決め手のある馬が上位に来る。  弥生賞の出走馬を見ると決...

弥生賞の予想「クラシックに強いアグネスタキオン産駒のデボネア」

 弥生賞には社台系が大挙出走している。しかし、ここは権利取りなので3着までに入ればいいわけで3着まで全て社台系というのはちょっといただけない。今後のレースを面白くする意味でもここはモハメド殿下の持ち馬デボネアが勝つのがいい。血統的にはアグネスタキオンにシングスピールなので距離は問題ない。チューリップ賞を勝ったのもアグネスタキオンを父に持つレーヴディソールだし、クラシックに強い血統だけに楽しみがある。相手はやはり社台系と言うことでいいでしょう。 弥生賞の予想 ...

クラシックトライアル本番 弥生賞とチューリップ賞

 今週は皐月賞トライアルの弥生賞と桜花賞トライアルのチューリップ賞が行われる。どちらも本番と同じコースと言うこともあり注目度も大。賞金が足りている馬は本番への試走となり、賞金の足りない馬はここで権利を取るために厩舎も勝負仕上げで来る。だから、厳しいレースになることは間違いない。  弥生賞のポイントとしては本番の皐月賞とは真逆の展開になることが多い。権利を取りたい馬が多いのでペースが遅くなりがちで、上がりの競馬というのがこのレース。しかも、人気馬が強いのであまり荒れることはない。ただ、今年のメンバーを見ると...

弥生賞の回顧「ヴィクトワールピサはものが違った」

 弥生賞ですがヴィクトワールピサはちょっとモノが違っていましたね。いいスタートを切ったので前で競馬をするかと思ったら中途半端に武豊が下げてしまった。ちょっと嫌な感じがしたけど馬が自分からポジションを上げていったのを見て、この馬はちょっと違うと思った。直線の脚はこんな馬場でもスッと伸びたように道悪も特に問題は無いみたいですね。上がりは掛かっていますが、前が詰まらなければもっと離して勝っていたでしょう。こういう競馬が出来ると言うことは皐月賞でも楽しみだね。  2着のエイシンアポロンは自分の競馬をしての結果なの...

弥生賞の予想「ヴィクトワールピサでいいんじゃない」

 弥生賞は道悪競馬になりそうですね。となれば「こんな馬場だから」とか言い訳が出そう。馬券を買う方としては不安がいっぱいのレースだけど、まあ予想だけはしておこうと。  本命はヴィクトワールピサですね。まさか、武豊もこの馬まで飛ばすことはないと思います。後方からだけに競馬だと心配にもなるけど先行策も出来ますからね。内枠なので消極的な競馬をされると危険だけど、行ける脚はあるから大丈夫と信じて。ローズキングダムと対戦するまでは負けられないはずですよ。  相手はアドマイヤテンクウですね。こちらは勢いのあるキングカメ...

弥生賞考査「血統ではサンデーサイレンス系が強いレース」

 弥生賞の過去10年の成績を集計して血統データを出してみた。これをみるとサンデーサイレンス系が強いのがよく分かる。弥生賞と皐月賞は同じコースを使うけどレースの質は全く違う。弥生賞は前半遅くて後半速いレース。だから、瞬発力があるサンデーサイレンス系が強い。  弥生賞で3着までに入れば皐月賞の権利を手に入れる事が出来る。だから、騎手も慎重にレースを進めるのでペースが遅くなる傾向にある。注目のヴィクトワールピサはデビューから4戦、全て緩いペースの瞬発力勝負のレースで好走している。しかも、鞍上は武豊ですからどうい...

弥生賞の予想「本命ロジユニヴァース」

 弥生賞は直前にアントニオバローズとアポロリバティーが取り消しとなって10頭立てになってしまった。こうなると紛れが少なく人気馬3頭の競馬になると思う。ということで本命はロジユニヴァースで相手はアーリーロブストとセイウンワンダー。セイウンワンダーは少し不安があったけど過去のレースをすべてみるといい勝負出来ると思い直した。ただ、スタートが悪いときがあるのでそれだけが心配。普通に出れば好勝負でしょうね。 弥生賞の出馬表 TARGET指数 枠馬馬名性齢替騎手斤量間ZI直前芝短 芝中 脚質 ...

弥生賞の出走馬【過去10年の連対馬 血統タイプ別一覧】

 弥生賞の出走馬が決まった。こちらもチューリップ賞と同じで回避馬が多くて12頭立てになってしまった。ハッキリ言って弥生賞は4頭の競馬になりそう。京成杯を勝ったアーリーロブスト、シンザン記念を勝ったアントニオバローズ、G1馬のセイウンワンダー、そしてラジオNIKKEI杯2歳Sを勝ったロジユニヴァース。しかも、セイウンワンダーを除けば3頭がサンデーサイレンス系ですからね。賞金的にはこの4頭は皐月賞に出走出来るので、本番を見据えてどういう競馬をするのかをシッカリ見ておきたいね。 ...

弥生賞考査【タイム分析】

 弥生賞の過去10年の成績からラップタイムなどを出してみた。皐月賞と同じコースで行われるが、皐月賞とは全く違う流れになる。トライアルレースで、どの馬も権利が欲しいのでペースが遅くなるのがこのレースの特徴。いわゆるテレビ馬みたいなのが出てくれば別だが、普通はペースが遅くストレスの貯まるレースになる。過去10年で1000m通過が60秒を切ったのは2回だけ。1回は2007年で地方馬のインパーフェクトが内から行ったところに外からサムライタイガースに競られてペースが速くなった。もう1回は2003年にタイガーモーショ...

弥生賞の登録馬「注目はロジユニヴァース」

 今週は弥生賞ですね。皐月賞への優先出走権は3着までに入ること。賞金的に余裕のある馬は本番を見据えた仕上げが出来るが、賞金が足りない馬はここに照準を合わせて仕上げて来る。皐月賞本番までは中5週あるので立て直すには十分な時間がある。それでも、過去の成績を見ると賞金的に余裕がある人気馬が強い。  今回の登録馬で賞金的に余裕があるのはセイウンワンダー、フィフスペトル、ロジユニヴァース、アーリーロブスト、ナカヤマフェスタ、アントニオバローズまでかな。ダービーに出走するためには最低でも収得賞金2000万は欲しいね。...

弥生賞の回顧「展開は予想通りだったが」

 予想で「上手く説明が出来ないが、今回もマイネルチャールズが勝つ流れになると思う」と書いたとおりの展開になった。松岡正海は最初から先行するつもりでゲートを出ると押して前に行った。1000m通過が61秒8とスローペースで展開も向き、終いもしっかり伸びた。勝つときは何もかもが上手くいくという典型的なレース。2着のブラックシェルが追い込んできたけど、抜け出すのが早かっただけに完勝だったね。皐月賞でもこの馬の展開になると思っている。2着のブラックシェルは前走とは違って前に行っての競馬。終いは伸びているけど外を回り...

弥生賞の予想「マイネルチャールズが混戦を絶つ」

 このレースで重賞勝ち馬はマイネルチャールズ、フサイチアソート、キャプテントゥーレ、オリエンタルロックの4頭。この4頭の中で休み明けでないのはマイネルチャールズだけ。久々が悪いというわけではないが、使われつつ強くなっているマイネルチャールズに魅力を感じる。時計的に抜けているわけではないし、特別決め手があるというわけでもない。それでも勝ってきているというのはこの馬の強さもあるのだろうけど、この馬が勝つ流れになっていると思う。強い馬がいるときは何故かその馬が勝つパターンの流れになることが多い。上手く説明が出来...

弥生賞考査【タイム分析】

 弥生賞の過去10年のラップタイムを出してみた。弥生賞は皐月賞トライアルなのでどの馬も権利が取りたいので大事に乗るのでペースが遅くなりやすい。過去10年で前半が1秒以上速かったのは2003年のエイシンチャンプが勝った年だけ。他の9年は前後半が1秒差以内か前半が遅い流れになっている。また、強い馬がいると回避して他のトライアルに回るケースがあるが、今年はフルゲートには満たないがそこそこ出走しそうだ。  今回の登録馬で逃げ切り勝ちがある馬はキャプテントゥーレとホッカイカンティだけ。また、近3走で逃げている馬は0...

弥生賞の登録馬【過去10年の勝ち馬と配当一覧】

 皐月賞トライアル第一弾の弥生賞の登録馬が発表された。弥生賞は皐月賞と同じコースで行われるが、ここを勝って皐月賞を勝った馬は意外と少ない。過去10年でもアグネスタキオンとディープインパクトだけ。でも、皐月賞の勝ち馬はその後も活躍していることからも出世レースと呼んで良いのでは。  今年の登録馬をみると中山2000mを3戦2勝2着1回のマイネルチャールズが最有力でしょう。距離実績とコース適性がありますからね。他では2戦2勝のフサイチアソート、京成杯2着のベンチャーナインと3着のアイティトップ、未勝利-OP特別...

購読

RSSリーダーを使うと、'弥生賞'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ