ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'新潟記念'タグのブログ記事

新潟記念 3つの攻略ポイント

 1.1人気が勝てないレース  過去10年の勝ち馬を見ると1人気が勝っていない。データがある過去26年で見てもたったの3勝しかしていない。新潟最終週の重賞でハンディ戦ということもあるが、前走を人気で好走している馬はある程度仕上げきっているので好調を維持するのが難しい。ましてや暑い夏の時期なので体調管理も大変。だから、1人気は疑ってかかったほうがいい。 新潟記念 過去10年の1人気の前走成績  2.鈍足血統を狙え  新潟というと直線が長く、上がりも速いので切れる馬が有利だと思いがちだが、このレースでは鈍足血...

新潟記念の登録馬

 新潟記念は荒れるレースとして有名。3連単が発売されて9年になるが、過去9年の平均配当は31万、最高は102万8690円、最低は4万9940円となっている。10万馬券以上が8回だから荒れるレースと言っても過言ではないでしょう。また、荒れる要素として過去10年で1人気が馬券に絡んだのは2004年に1回あるだけ、あとは全て4着以下。1着馬の平均人気は6.2人気、2着馬の平均人気は6.4人気、3着馬の平均人気は7.4人気と見事なくらい上位人気が飛ぶレースとなっている。  登録馬とハンディを見るとどの馬にもチャン...

新潟記念考査「決め手勝負」

 新潟記念は過去の勝ち馬をみると決め手のある馬が上位にきている。特に上がり3Fは速い脚が使えるのが望ましい。スローペースなら先行して33秒台の上がり。平均ペースなら差し馬が33秒台の上がりと速い脚は求められる。それと、前走重賞に出ている馬がいい。  今回の出走馬で狙ってみたいのはアスカクリチャン。前走小倉記念出走、上がり3Fは33秒台の脚が使える。新潟競馬場は7戦4勝2着2回の好成績。鞍上はリーディング3位の内田博幸といい条件が揃っている。彼なら先行して押し切るような競馬をするような気がしている。  相手...

新潟記念の予想「エオリアンハープの末脚に期待」

 新潟記念はエオリアンハープを本命にしました。前走の天の川Sでは牝馬らしい切れ味を見せてくれました。ペースは遅かったけど33秒台はなかなか出せないもの。しかし、この馬は何度も33秒台の末脚を繰り出しているし、小頭数でペースがあまり速くならない今回もこの馬の末脚が爆発すると思う。昇級戦になるけどハンディも軽いしチャンスはある。  相手は同じように末脚のいいセイクリッドバレー、タッチミーノット、オペラブラーボと前に行ってしぶといヤマニンキングリーで。 新潟記念のの予想 ...

新潟記念の予想「松岡+松岡でサンライズベガ」

 新潟記念にテイエムプリキュアが出てきたけど逃げられるかな。最近はスタートが良くないからね。強引に行く手もあるけど鞍上が国分君でしょう。余程、スタートが良くないと厳しいんじゃないかと。となると行く馬はイケドラゴンかな。逃げ馬ってのがテイエムプリキュアぐらいしかいないからスタートが悪くても行けるか。行ったとしたらペースは速くなる?他が抑えていくとなると平均ペースか。行かせてもらえればペースはそれほど速くならないような気がするんだよね。  そこで、本命にしたのがサンライズベガ。この馬はスタートがいいので前に行...

新潟記念の予想「斤量データから選びました」

 新潟記念の予想ですが、過去のデータからちょっと面白いデータを見つけました。それは斤量です。一番成績のいいのが55.5~57キロで5勝2着5回、次が51.5~53キロで2勝2着1回で、他の斤量区分は1勝ずつですから55.5~57キロの成績が抜けているのが分かりますね。そこで本命は斤量56キロのトウショウシロッコにしました。昨年の3着馬ですからコース適正は問題ない。どんな競馬でも出来るし、速い脚も持っているのでチャンスはあると思う。相手はダイシンプランとデストラメンテですね。この2頭の斤量区分の53.5~5...

新潟記念の回顧「アルコセニョーラの激走に唖然」

 キーンランドカップを16人気のタニノマティーニが勝てば、新潟記念も16人気のアルコセニョーラが勝ってしまった。これでは、お手上げです。レースは1000m通過が58秒8なので速くもなく遅くもない。でも、人気馬のダイシングロウが早めに動いたことで有力馬も早めに動くしかない。この中で頑張ったのはマイネルキッツで後藤浩輝が我慢して追い出しを我慢したけど最後は決め手の差が出てしまった。勝ったアルコセニョーラは直線で多馬が仕掛けても持ったままで一番最後に追い出して、馬場のいい外目を一気に抜け出して来た。今年はここま...

新潟記念の予想「好調ダイシングロウを本命に」

 新潟記念の過去のレースを調べてみたが、特にこれと言った傾向が見つからなかった。例えば2年連続で連対しているとか、前走はどのレースを使われている馬がいいのか、ハンディは重い方がいいのかなど。血統的にもノーザンダンサー系、グレイソブリン系、ターントゥ系などそれほど偏ってはいない。それならば順調に来ている馬を本命にするのがいいのかと。と言うことで本命はダイシングロウに。この馬はスピードの持続力があるので長くいい脚が使える。前走でも後方から追い上げて最後まで脚色が衰えなかった。いかにもダンスインザダークのいいと...

重賞回顧「夏は牝馬で」

 「夏は牝馬で」と言い続けていたが見事に上位2頭が牝馬だった。勝ったクーヴェルチュールはスタートが良くて抑えが効く馬。あとは、新潟の軽い馬場から札幌の力のいる馬場に変わったときにどうかと思ったけど、横山典弘が上手く乗ったね。ブラックホーク産駒で国枝栄厩舎に鞍上が横山典弘というのは何か縁を感じるね。夏2戦使ったことで秋は休養になるかもしれないけど(出てきても狙いにくい)、高松宮記念では狙ってみたい。2着のアグネスラズベリはもったいなかった。実力的にはこっちの方が上だが展開というか後ろから行った分だけロスが...

新潟記念の予想「血統重視でヤマニンアラバスタ」

 ここはシンプルに血統面からヤマニンアラバスタを本命にした。昨年はハイペースの上がりの競馬でこの馬向きの流れかと思ったが時計が早くて対応できなかった。しかし、この馬もコンマ4秒差で走っているので昨年ほど時計が早くなければチャンスはあると思っている。夏は牝馬が強し、鞍上は関東リーディングの田中勝春と言うのもいい。  相手はこちらも血統面から母父にNasrullah系が入っている4頭のトップガンジョー、アドマイヤモナーク、センカク、ユメノシルシで。  関連記事  [RBN] 新潟記念考査【ステップレースから...

新潟記念考査【血統傾向を探る】

 過去10年の新潟記念の成績からみると種牡馬ではGrey Sovereign系が4勝2着3回とダントツの成績でした。今回の出走馬でGrey Sovereign系と言うとヤマニンアラバスタだけでした。母父でもNasrullah系(Grey Sovereign系)の成績が良く、そういう馬はというとアドマイヤモナーク、スクールボーイ、センカク、トップガンジョー、ヤマニンアラバスタ、ユメノシルシなどでした。 レース検索・チェック種牡馬別集計 順位 チェック種牡馬 ...

新潟記念考査【ステップレースから考える】

 新潟記念の過去10年を集計して前走のどのレースを走ったかを調べてみた結果、北九州記念を使われた馬の成績が良い。しかし、サマーシリーズの新設に伴い北九州記念は距離が変更されたので今回は該当なし。JRAがいろいろと番組改正を行ってくれたおかげでステップレースから勝ち馬を探すのが難しくなった。また、このレースは条件馬の活躍が目立つ。連対馬の約3割が条件馬で1000万条件からの挑戦でも勝ち馬が出ている。夏に強い馬、勢いのある馬が実績馬を負かすのがこのレースの特徴かもしれない。  前走からの間隔でみると4週から...

新潟記念の登録馬【過去10年の勝ち馬と配当一覧】

 馬インフルエンザの影響で週末の競馬が行われるかどうかは23日にならないと分からないそうです。ですが、登録馬が出ているのでいつものように過去の勝ち馬と配当一覧を出しました。  札幌記念が取りやめになって新潟記念に矛先をかえた馬はアドマイヤフジ、サンバレンティン、メイショウカイドウの3頭だけ。あとの登録馬はもともとここを目標にしてきたのでしょう。注目馬では昨年の勝ち馬トップガンジョー、2着サンレイジャスパー、3着馬ヴィータローザ、5着馬ヤマニンアラバスタ。トップガンジョーは久々のぶっつけなのでなんとも言え...

購読

RSSリーダーを使うと、'新潟記念'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ