ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'東京大賞典'タグのブログ記事

東京大賞典の予想「力を付けたゴールデンチケットが本命」

 東京大賞典は昨年の2着馬ヴァーミリアン、3着馬サクセスブロッケン、5着馬フリオーソなどが出走。ヴァーミリアンは帝王賞、JBCクラシックを勝ったがジャパンカップダートは8着に惨敗。サクセスブロッケンはフェブラリーSを勝ったが武蔵野Sは惨敗。巻き返しをはかったジャパンカップダートは4着と力のあるところを見せた。ジャパンカップダートでも最先着の3着に入ったのはゴールデンチケット。ダートでは複勝率100%ですからダート適正があるのは間違いない。  僕は上記の4頭の競馬だと思う。この中で本命にしたいのはゴールデン...

東京大賞典回顧「カネヒキリが接戦を制す」

 今日は仕事だったのでレースをリアルタイムで見ることはできなったが、リプレイを何度もみてしまった。それほど、いいレースでしたね。ペースは遅かったけど、2番手サクセスブロッケン、3番手カネヒキリ、4番手ヴァーミリアン。どこで誰が動き出すかと見ていたが、焦れた武豊がジワッと動き出したところから騎手の駆け引きが始まったようにみえた。手応えではカネヒキリよりもヴァーミリアンの方がよく見えたが、ゴール前ではカネヒキリがもう一度伸びていた。  ルメールはマークされているのを分かっていてのレースだから上手い騎乗でしたね...

東京大賞典の出馬表

 東京大賞典の出馬表が決まった。10頭立てと頭数は少ないが、ジャパンカップダート1着のカネヒキリ、3着のヴァーミリアンなど6頭が出走するのだからメンバーは揃った。今回はヴァーミリアンに武豊、サクセスブロッケンに内田博幸が騎乗。大井を知り尽くした内田博幸がサクセスブロッケンでどんな競馬をするのか楽しみ。また、ヴァーミリアンとカネヒキリの対決も面白い。メンバーを見る限り、この3頭の競馬になると思うが果たしてどうだろうか。 東京大賞典の出馬表【馬名の意味由来】 枠 馬 馬名 ...

東京大賞典回顧「ヴァーミリアンはやっぱり強かった」

 大掃除を一時中断して東京大賞典を見ました。9レースでは水が浮いた馬場でしたが、メインレースではだいぶ水が引いたようですね。この馬場だと後ろから行く馬は厳しいと見ていたので、縦目も押さえた方がいいかなって思ったけど初志貫徹で行きました。  レースは仕掛けていったシーキングザダイヤがハナに立ち、フリオーソは3番手の外目、その内側トップサバトンにブルーコンコルド、フリオーソの後ろにヴァーミリアン、1頭置いてメイショウトウコンが追走といった感じ。レースが動いたのは3コーナー過ぎで、フリオーソが先頭集団に並びかけ...

東京大賞典の予想

 本命はJBCクラシック、ジャパンカップダートとG1連勝中のヴァーミリアン。単勝オッズが1倍だろうが何だろうが、この馬を外した馬券は買わない。前日オッズをみると単勝1.1倍。馬連の1人気はヴァーミリアン-メイショウトウコンの武丼で4.6倍、3連複はヴァーミリアン-メイショウトウコン-ブルーコンコルドの10倍です。ヴァーミリアンから買うとしたら人気馬を消して流すか、絞って買うかですね。上位人気はメイショウトウコン、ブルーコンコルド、フリオーソ、デルタブルースなど。  ヴァーミリアンの相手としては前走で厳しい...

購読

RSSリーダーを使うと、'東京大賞典'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ