ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'根岸S'タグのブログ記事

根岸Sの予想 「ベリー先生のゴールスキーで」

 今年はまだ当たりが出ていない。先週はAJCCで2着に入ったサクラアルディート買っていたのに1着が間違った(同枠のダービーフィズを本命にしてしまった)。このレースの配当は29万9470円なので狙いの20万馬券が出てしまった。まあ、そうそう当たるはずもないがそろそろ当てたいところ。1人気の勝率、連対率が高くなっているので高配当が出やすい状況だから、今週も狙って行きます。  根岸Sの本命はゴールスキー。鞍上のベリー先生ならやってくれるでしょう。AJCCのサクラアルディートもベリー先生に乗り替わりなので買いまし...

根岸Sの予想「本命は社台系馬主のダノンカモン」

 根岸SはフェブラリーSの前哨戦的なレース。ここで賞金を稼いでG1出走となると狙いたいのはダノンカモン。ここのところ急速に力を付けてきた馬主で昨年はダノンシャンティでNHKマイルカップを勝ち初のG1勝ち。他にもダノンヨーヨーがマイルCS2着、ダノンベルベールが阪神ジュベナイルフィリーズ2着など重賞でも常連の馬主になって来た。また、社台系なので馬の質もいい。勢いのある馬主だけにここはG1出走を狙って賞金加算を狙ってきている。  相手は人気どころの5歳馬セイクリムズン、ケイアイガーベラ、エーシンクールディは押...

根岸Sの注目馬

 根岸Sの登録馬をみると社台系でゲートに入れそうなのはオーロマイスターとダノンカモンぐらいですかね。メンバー的にはこの2頭でもチャンスはありそうだけど余程強い勝ち方をしないとフェブラリーSでは厳しいですからね。となれば非社台系か個人系が狙いかもね。  オーロマイスター  東京ダート1400mは2戦3着2回。ジリジリ伸びるタイプなので直線の長い東京コースはピッタリ。距離も1400mが合っている。  ケイアイガーベラ  非社台系。スピードの持続性があるので速いペースなら残り目がある。直線の長さを意識して溜める...

根岸Sの予想「オーロマイスターの決め手」

 根岸Sですが、いいメンバーが集まりましたね。特に強い先行馬が揃った。このレースで逃げそうなのはケイアイテンジンかセレスハントだろう。どちらも行った方がいいタイプだが鞍上を考えるとケイアイテンジンだと思う。仮にどちらが逃げたとしてもペースは速くなる。僕はケイアイテンジンが逃げると仮定して予想した。前走ギャラクシーSのラップは[12.2-10.7-11.3-11.8-11.9-11.9-13.4]で1000m通過が57秒9とかなり速い。上がりが13秒4と掛かっているがゴール前で手綱を緩めているのでシッカリ追...

根岸Sについて考えてみた

 根岸Sの過去10年のデータを出してみた。これを見るとタイム面では前掛かりレースになっているのがよく分かる。スタート後の2F目が10秒台というのは速い。これが、中山なら分かるが東京でこれだけ速いと前がつぶれてしまう。と思ったが逃げ先行馬も連対している。ただし、逃げ先行馬同士で決まったレースはないのでこの点は注意。レースの流れとしてはテンが速くて4F目でペースが落ちて直線に掛けてペースが上がり最後は自力勝負という感じかな。スピードがある馬なら余力を持って追走出来るがスピードがない馬にとっては厳しい。直線が長...

根岸Sの回顧「本命フェラーリピサは勝ったが」

 フェラーリピサは期待に応えて勝ってくれましたね。しかし、相手がいなかった。いいスタートを切ったのはフェラーリピサとセントラルコースト。外から来たダンツキッスイがじわっとハナに立ってレースは流れた。ペースはやや早いかと思ったが、クラスの流れとしてはそれほどでもない。勝ったフェラーリピサは直線半ばまで持ったまま。先行したセントラルコーストがしぶとかったが競り落として完勝。この距離だと掛からないし、スピードを生かせるのでピッタリの条件だったね。ヒシカツリーダーは思った以上に力を付けている。アドマイヤスバルと一...

根岸Sの予想「何度でもフェラーリピサに◎」

 フェラーリピサが出てくればいつも◎です。こうなると好き嫌いだけですね。 ◎フェラーリピサ 好きなので ○アドマイヤスバル 東京が得意なので ▲バンブーエール G1馬なので ...

根岸Sの回顧「ワイルドワンダーが格の違いを見せた」

 雪の影響で2日後に行われた根岸S。水が浮くような不良馬場を制したのは1人気のワイルドワンダーだった。家に帰って来てからレースリプレイを見たが、アドマイヤスバルはトウショウギアの故障のあおりを受けたにも関わらず追い込んで来て3着になった。好位で競馬をしていただけにあの不利で後方まで下がってしまったのは痛かった。勝ったワイルドワンダーは中段の馬郡の中。4コーナーから動き出し、直線では外目に出して伸びてきた。追ってからの反応がいいし、終いの脚も切れたね。軽い馬場で逃げたタイセイアトムにとってはいい展開だったが...

根岸Sの予想「マイネルスケルツィはダートがお好き」

 日曜日の関東地方のお天気は雪から雨模様。軽い馬場になったと言うことで予想をしてみました。本命は前走でダートをこなしてしまったマイネルスケルツィ。前走は内で砂を被ったらどうかと思ったけど余裕の追走からアッサリ抜けだしてしまった。あの走りを見る限りダートは問題ないし、軽い馬場になるのならもっと良いでしょう。芝の1400mでも楽に先行できる馬なので多少ペースが速くなっても大丈夫だと思う。  相手はジャパンカップダート5着のワイルドワンダー。勢いならこの馬かと思うけどスピード競馬になったときのどう対応できるかだ...

根岸S考査【タイム分析】

 根岸Sの過去6年のラップタイムを出してみましたが、東京新聞杯よりも顕著で改装後でも前掛かりのレースになっていました。前掛かりのレースになると分かっていても勝ち馬を見つけられないのが競馬の難しさ。過去6年の勝ち馬に共通する事はないかと探してみると前走ガーネットSで上位に来ている馬が4勝していることが分かった。コースも距離も違うが、ガーネットSの方がペースが速くて極端な前掛かりになりやすいので、距離が伸びた根岸Sと道中の流れが楽になって好走するのかもしれない。今年もガーネットS上位組が登録してきたが、出てく...

根岸Sの登録馬【過去7年の勝ち馬と配当一覧】

 登録馬が44頭ですから出走するだけでも大変なレースですね。登録馬の顔ぶれをみるとガーネットSの上位組と地方重賞組ですか。能力から言えばリミットレスビッド、メイショウバトラー、ワイルドワンダーなどが上位かな。次にスリーアベニュー、タイセイアトム、マイネルスケルツィ、フィフティーワナーと言ったところか。最近は高齢馬が強いので9歳馬のリミットレスビッドが勝ってもおかしくないんだろうね。 ...

購読

RSSリーダーを使うと、'根岸S'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ