ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'桜花賞'タグのブログ記事

2018桜花賞 コンピ指数の傾向

 コンピ指数の過去11年を集計してみた。以下に指数順位別成績、指数1位馬成績、1着馬成績、1~3着馬一覧などを出してみた。  指数順位別成績を見ると指数1位は3-2-1-5、指数2位は3-4-0-4となっていた。3歳牝馬のレースなので大きく荒れそうな気がするがそれほどでもない。配当一覧の3連複を見ても過去15年で3回ほどで、この時は3連単も大荒れ。昨年はレーヌミノルが勝って3連単は94890円とつきましたが2着に3人気リスグラシュー、3着に1人気ソウルスターリングと上位人気馬が来ているので3連複は5020...

桜花賞の枠順決定 過去20年の枠番別成績

 第78回桜花賞の枠番が決まりましたね。ラッキーライラックは1枠1番、リリーノーブルは5枠9番、アーモンドアイは7枠13番、マウレアは8枠17番など。枠番が決まったところで過去20年の馬番別成績を集計してみました。今回と同じ阪神芝1600m外回りを使い始めたのは2007年からですが、集計してみると傾向が変わらないので20年での集計結果を出してみました。気になるラッキーライラックは1枠1番ですが、過去20年で0勝3着1回という成績でした。1枠1番で出走した馬を見ると1、2が0頭、3人気が1頭、4人気が2頭な...

桜花賞の登録馬 過去32年の勝ち馬と配当

 第78回桜花賞の注目馬といえば4戦4勝のラッキーライラックでしょう。無敗で阪神ジュベナイルフィリーズを勝ち、桜花賞トライアルのチューリップ賞も余裕での勝利。走破タイムも1分33秒4と過去10年でも3番目の速さ。これまでの走りを見ても欠点が見つからないのがこの馬の強さかも。相手となるとチューリップ賞組は勝負付けがすんでいるので、シンザン記念を勝ったアーモンドアイ、フィリーズレビューの勝ち馬リバティハイツと2着のアンコールプリュ、フェアリーSを勝ったプリモシーン、クイーンC2着のフィニフティあたりでしょうか...

今年の3歳牝馬は当たり年 ソウルスターリング、ファンディーナ、アドマイヤミヤビ他

 今年の3歳馬牝馬は当たり年ですね。フラワーカップを勝ったファンディーナは持ったままの勝利でスケールの大きさを感じました。桜花賞に出てきたらソウルスターリングやアドマイヤミヤビとの対決が楽しみでしたがなんと皐月賞に登録してきました。何度もレースを見ましたが、まだまだ強くなりそうなので今年の3歳牡馬なら蹴散らしてしまうかもしれないですね。  来週の桜花賞にはアドマイヤミヤビ、カラクレナイ、ソウルスターリング、ミスエルテなどが登録しています。ソウルスターリングは前哨戦のチューリップ賞を完勝。スタートが良くて、...

【回顧】桜花賞 最速上がりでジュエラーが差し切る

 第76回桜花賞はいつも出がいいメジャーエンブレムがスタートを失敗し控える競馬になったことでどうなることやらとみていたが勝ちに行く競馬をして早めに先頭に立ってしまったシンハライトを後方で脚を溜めて追い出しをギリギリまで我慢したジュエラーがゴール前で差しきった。3着にはシンハライトを見る形でレースを進めたアットザシーサイドが入り、4着に断然人気になったメジャーエンブレムが入った。5着のアドマイヤリードを除けば上位人気馬が揃って上位に来ていることからも順当な結果だった。また、桜花賞らしい社台グループの運動会と...

【G1】桜花賞 前売りオッズ メジャーエンブレムが1.5倍で断然人気に

 桜花賞は金曜発売なので前売りオッズを出してみました。まあ、人気になるだろうとは思っていましたがメジャーエンブレムは発売開始と同時に入っていますね。時系列を見ると10万単位でポンポンと入っています。時間が経つにつれてオッズも上がっていくでしょう。推定では1.8~2.2倍辺りかと。  2人気シンハライト、3人気ジュエラーまでがひと桁人気。4人気のラベンダーヴァレイが29倍ですから完全に3強というイメージです。まあ、前哨戦のレースとタイムを見れば当然の人気ですね。 桜花賞の出馬表と前売りオッズ 桜花賞の時系列...

桜花賞考査「3歳牝馬戦線異常あり」

 今日は時間が取れたのでちょっと早いけど桜花賞について感じたことを書いてみた。  桜花賞トライアル及びステップレースが終わった。トライアルの結果をみるとチューリップ賞はクロフネサプライズ(父クロフネ)、ウインプリメーラ(父ステイゴールド)、アユサン(父ディープインパクト)。アネモネSはクラウンロゼ(父ロサード)、ジーニマジック(父ダイワメジャー)。フィリーズレビューはメイショウマンボ(父スズカマンボ)、ナンシーシャイン(父ブラックタキシード)、ティズトレメンダス(父Tiz Wonderful)。ステップレ...

桜花賞回顧「勝ったのは社台系本線のマルセリーナ」

 桜花賞はマルセリーナが勝ちましたね。ここは無いと思っていたけど能力が違うというか、鞍上の上手さというか、ほんと強かった。レースは社台系のフォーエバーマークが先手を取り、軽快に飛ばした。単騎で逃げたのでペースが落ち着くように見えたが、1000m通過は58秒5のやや早めのペース。掛かる馬があまりいないことから各馬が動き出すのが早くなってしまった。本命に推したスピードリッパーは好位外目のいい位置で競馬をしていたけど今回の展開では厳しかったね。むしろ、出遅れ気味だったので控えた方が良かったが、いい位置を取りにい...

桜花賞の予想「社台系のスピードリッパー」

 今年の桜花賞はスピードリッパーを本命にしました。社台系ではマルセリーナが1番手になるがレース間隔が開きすぎているのが気になる。シンザン記念3着、エルフィンS1着と実力はあるが馬体重が減り続けているので陣営としては間隔を開けて馬体回復に努め、スイートピーSからオークスというのが青写真だと思っている。しかし、同厩のレーヴディソールが戦線を離脱してしまったので桜花賞に出ることになったのではないだろうか。だから、ここは2着はあっても頭は無い見た。  スピードリッパーはノーザンファーム-吉田勝巳というメインライン...

桜花賞の前日オッズ 上位人気は非トライアル組

 桜花賞の前日オッズを見ると1人気ホエールキャプチャの3.2倍、2人気マルセリーナの3.6倍、3人気ダンスファンタジアの5.5倍となっていた。この3頭に共通するのはトライアルレースを走っていないこと。過去の勝ち馬を見るとトライアルレースを走っている馬。また、トライアルレース以外ではフラワーカップが多いが共通するのはレース間隔が中2週から中4週だったこと。間隔が開きすぎた馬は勝っていない。  前日オッズを見ると単勝より複勝が極端に売れている馬はいないし、順当な感じになっていますね。大量投票を見ても単勝、複勝...

桜花賞考査「社台抜きでは考えられない」

 桜花賞の過去25年の勝ち馬を出してみました。これを見ると2004年から昨年まで7年連続で社台が絡んでいる。今年も生産者として、馬主として多くの馬を登録している。大本命のレーヴディソールが抜けた穴は大きいが終わってみればやっぱり社台か。と言う結果になるような気がしてならない。社台以外で考えるのであれば個人馬主で、生産者と馬主と調教師の関係が強い絆で結ばれているあの馬だと思う。  また、勝ち馬の前走成績を見るとチューリップ賞組が圧倒的に強く、次いでフィリーズレビュー組となっていた。今年は開催時期がずれている...

桜花賞考査「対戦成績から考える」

 桜花賞を対戦成績から考えてみた。大本命のレーヴディソールが骨折による戦線離脱で混沌とした感じのある桜花賞だが、対戦成績からみるとそれほど荒れそうな雰囲気はない。レーヴディソールがいなければホエールキャプチャが主役に浮上する。この馬の成績を見れば分かるが、3戦目の芙蓉SではスプリングSを勝ったオルフェーヴルを押さえ込み勝利。ファンタジーSでは出遅れて最後方からの競馬になったがいい脚を使ってタイム差なしの3着。阪神ジュベナイルフィリーズではレーヴディソールのコンマ1秒差の2着で、明け3歳初戦のクイーンカップ...

桜花賞の本命馬レーヴディソールが骨折

 レーヴディソール骨折、春絶望...全治6カ月以上 - SANSPO.COM   レーヴディソールの骨折がした。桜花賞の大本命馬だっただけに残念で仕方がない。抜けた存在がいなくなったことでどの馬にもチャンスが出てきたか?それとも阪神ジュベナイルフィリーズ組が有力か。  僕としては社台系が狙って取りに来ているレースなのでレーヴディソールに替わる存在の馬を探してみたい。出走馬が確定するまで1週間あるのでじっくり考えたい。 桜花賞の登録馬 ...

桜花賞の登録馬 レーヴディソールの相手は?

 桜花賞の登録馬が発表された。登録馬を見ると収得賞金900万の馬は抽選になる。今年は阪神ジュベナイルフィリーズの上位馬が順調に来ているので大きな波乱はなさそうに思う。楽しみはレーヴディソールが無敗で桜花賞を勝つかどうか。これまでのレースを見ると余程のことがない限り負けそうにないが、競馬は何があるか分からないからね。あとは枠順次第だね。  登録馬のTARGET新聞(PDF形式)を出してみました。出馬表は優先出走馬、賞金上位順に並べてあります。ファイルを右クリックで保存して使ってみてください。 桜花賞の登録馬...

桜花賞トライアル終了で出走可能馬は・・・

 今年はアネモネSが行われないので桜花賞トライアルはチューリップ賞とフィリーズレビューの2レース。どちらも上位3着までの優先出走件が与えられ、それ以外は賞金順に出走が決まる。トライアル2レースと賞金上位馬を見ると阪神ジュベナイルフィリーズの上位馬がそのまま出走してきている。新星が現れるかと思ったがそういう馬は居そうもない。  今年はなんと言っても無敗馬レーヴディソールが強い。トライアルのチューリップ賞はプラス10キロと理想的な馬体重で余裕残しで勝っている。余程のことがない限りこの馬が勝つであろう。2着争い...

桜花賞の回顧「アパパネはやっぱり強かった」

 桜花賞を見たときはスローペースの競馬になったな~と思った。逃げたのはオウケンサクラでスッとハナに行き競りかける馬がなく、各馬が手綱を押さえていたから。しかも、団子状態で流れていたし、前半の600mが35秒6と表示されたので。しかし、終わってみれば勝ち時計は1分33秒3で新阪神競馬場で行われた桜花賞では一番速いタイム。また、道中のラップを見ると最初と最後の1Fを除けばすべて11秒台。また、残り1000m地点からはペースアップしている。  芝1600mの外周りコースは残り1200m地点から緩い下りになってい...

桜花賞の予想「アパパネが強い」

 桜花賞はアパパネを本命にしました。各馬のこれまでのレースを見ましたがアパパネが一番隙がないと思った。前走は久々で外枠。早め先頭にたち目標にされてしまった。それでも、2着に粘ったのは能力がある証拠。阪神芝1600mはスタート地点が向正面の中間地点からで、3コーナーまで距離があるので逃げ馬は無理にハナに行かなくてもいい。以前の阪神芝1600mとラップを比較するとテンのラップはどのクラスでの遅くなっている(重・不良馬場を除く平均値)。今回は行く馬は何頭かいるだろうけどコーナーが先にあるのでじわっとハナに立つと...

桜花賞考査「いろいろなデータを出してみました」

 桜花賞のデータをいろいろと出してみました。まあデータは過去の成績から出したもので未来に続くかどうかは未知数ですが、ある程度傾向はつかめると思うので。ただ、阪神コースは改装されて今年で4年目。それまではコーナーが4つあったものが2つになったことで流れは違ってきている。テンに忙しくならない分だけ荒れないと思われがちだがそこは3歳牝馬戦だけに何があるか分からない。  データですが桜花賞は過去24年で集計、阪神芝1600mは2007年から昨日まで、阪神JFは1991年から2008年までで集計しました。 【馬番デ...

桜花賞の前日オッズ 3~6人気は変動あり

 桜花賞の前日オッズを見ると1人気アパパネ、2人気アプリコットフィズは固定されているが3~6人気で変動がありそう。現在、3人気のショウリュウムーンと4人気のシンメイフジは何度か人気が入れ替わっている。また、オウケンサクラとアニメイトバイオも差はないから明日になれば人気が入れ変わるでしょうね。特にアニメイトバイオは複勝で2人気ですからジワリジワリ人気が上がってきそう。ただ、土曜日の内田博幸は馬券に絡む騎乗ができなかったのでちょっと不安も。逆に横山典弘はニュージーランドTを勝って相変わらずの好調ぶり。  馬連...

桜花賞回顧「武豊の勝つための競馬」

 桜花賞での武豊の騎乗は見事だった。勝てなかったけど、勝つための最善の競馬をした。いいスタートを切ったアイアムカミノマゴだったが、そこから無理をせずに徐々に位置取りを下げて好位に。道中はロスのないインで我慢。4コーナーから直線にかけての勝負所でも動かない。そして、直線に向いたときに内が開いたのですかさず底に突っ込む。早めに抜け出して粘り込むような競馬をしたけど、今年は外目が伸びる馬場だったので残念な結果になったが能力が劣る馬で見せ場を作るまで持ってきたのはさすが武豊。  武豊と言えば桜花賞・男の異名をとる...

購読

RSSリーダーを使うと、'桜花賞'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ