ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'武蔵野S'タグのブログ記事

武蔵野Sの予想 トリップが父譲りの先行力で押し切る

 武蔵野Sは3歳馬のトリップを本命にしました。これまでダートはJDDの2着があるぐらいですが、父クロフネ×母父サンデーサイレンスですからダートがダメと言うことはない。むしろ、芝よりも走ると思っている。過去1年間(2011/11/12~2012/11/04)のダートの種牡馬別成績を見ると1位はキングカメハメハ、2位はゴールドアリュール、3位はクロフネ、4位はフジキセキ、5位はシンボリクリスエスとなっている。これを、1000万以上のレースで絞り込んでみると1位はキングカメハメハ、2位はクロフネ、3位はスペシャ...

武蔵野Sの前日オッズ 人気は3歳馬3頭

 武蔵野Sの前日オッズをみると1人気はイジゲンで3.4倍、2人気はナムラビクターで5.9倍、3人気はガンジスで7.2倍と3歳馬が上位人気を占めている。複勝人気を見ると1人気はイジゲン、2人気はナムラタイタンとナムラビクターとなっていた。東京ダート1600mで実績のあるナムラタイタンは連勝馬券で売れています。単勝人気<複勝人気で目立つのが決め手のあるアドマイヤロイヤルでした。 武蔵野Sの前日オッズ 武蔵野Sの前日オッズ 単勝順 ...

武蔵野Sの血統傾向を探る

 武蔵野Sが現行の東京ダート1600mになってからの血統データを出してみました。これを見ると種牡馬の1着馬はミスプロ系が多く、次いでノーザンダンサー系。母父ではミスプロ系とノーザンダンサー系となっていた。近年はミスプロ系の強さが目立っています。  今年の出走馬を血統で見てみると  種牡馬  ミスプロ系・・・イジゲン、マルカフリート、アドマイヤロイヤル、ナムラタイタン、セイリオス  ノーザンダンサー系・・・トリップ  母父  ミスプロ系・・・ナムラビクター、スエズ、バーディバーディ、ナムラタイタン  ノーザ...

武蔵野Sの登録馬「主役は3歳馬」

 武蔵野Sには37頭も登録がありました。出るだけでも大変ですね。タイトルの「主役は3歳馬」は奇しくもエリザベス女王杯と同じになってしまった。  登録馬を見ると歴戦の古馬よりもフレッシュな3歳馬に目が行く。イジゲンは前走の秋嶺Sで楽勝の逃げ切り勝ち。自然にハナに立ってそのまま押し切ってしまうのだから恐れ入る。時計も優秀なので自分の競馬が出来れば充分やれる。ただ、スタートに問題がありそうなのでそこがちょっと気になる。レパードSでイジゲンに先着したのがナムラビクター。前走は初の古馬戦となったがぶっちぎりの楽勝。...

武蔵野Sの予想「実績馬か上がり馬か」

 今年の武蔵野Sは昨年までのメンバーからガラリと変わった。しかも、粒ぞろいだから予想が難しい。この中で本命に選んだのはフェブラリーSを勝っているサクセスブロッケン。東京ダート1600は2戦2勝と相性がいいし持ち時計もある。今回は斤量が59キロになったが馬格があるので大丈夫と思う。この馬が取りこぼすとしたらスローペースの上がりの競馬。平均ペース以上と予想しているので勝ち負け出来ると思う。  相手は上がり馬のマチカネニホンバレ。エルムSを勝っているが、骨っぽいメンバーと対戦するのは今回が初。どこまで通用するか...

武蔵野Sの予想

 カネヒキリが2年4ヶ月ぶりに出走ですね。能力は抜けているけど2度の屈腱炎明けですからね。痛いところが無ければ圧勝でしょう。でも、本命はトーセンブライトにしました。7歳馬ですが、元気いっぱいで北海道ではフェラーリピサを僅差の競馬をしている。アドマイヤスバルよりはこちらの方がいいと思うので。ユビキタスはユニコーンSで1分35秒1と言う時計で走っていますが3歳限定戦ですからね。前走はバンブーエールに競り負けしているように抜けた能力はないと思っている。強いとは思うけど決め手では他に劣るだけに上がりの競馬になった...

武蔵野Sの登録馬

 カネヒキリ  1年半ぶりの出走になるか。出てくれば当然人気になるでしょうね。右前脚屈腱炎を2度もやっているのでいつ再発してもおかしくない。  サンライズバッカス  2007年のフェブラリーS勝ち以降は勝ちきれない競馬が続いている。脚質的に展開に左右されるので仕方がないが、武蔵野Sは2005年1着、2006年2着と実績があるだけに昨今の成績に関係なく走ってくると思う。  トーセンブライト  昨年の武蔵野Sは3着。とにかく大きく崩れない馬で、スピード競馬も合っている。どのコースでも走れるのがセールスポイント...

武蔵野Sの予想「人気と実力のバランスを考えてフィールドルージュに」

 天皇賞秋に時間を取られてレース考査が出来なかったが、過去10年の成績を調べてみると血統ではNorthern Dancer系がいいけど、特に顕著なデータは出ていない。今回の出走馬と照らし合わせるとRoberto系(ブライアンズタイムなど)が2勝2着1回、サンデーサイレンス系が1勝2着2回、3勝しているNorthern Dancer系は出走馬なし、Nasrullah系1勝2着1回。出走馬の多いMr. Prospectorは1勝2着3回でした。血統面からいうとRoberto系がやや有利かと思うけど、特に顕著な...

武蔵野Sの登録馬【過去7年の勝ち馬と配当一覧】

 ジャパンカップダートを目指す馬のステップレース。サンフォードシチーとクロフネはこのレースを勝ってジャパンカップダートを勝ち、カネヒキリはこのレース2着からジャパンカップダートを勝った。勝ち馬の年齢をみると3歳と5歳馬だけが勝っている。5歳・3歳・5歳・3歳と1年置きに3歳馬と5歳馬が勝っている。昨年は5歳馬のシーキングザベストが勝ったので今年は3歳馬の番か。3歳馬というとロングプライドになる。能力的には通用すると思うけど果たしてどうだろう。結構、来たりしてね。ロングプライドに武豊が乗るようだと可能性は大...

武蔵野Sの登録馬【血統タイプ別出馬表】

 今年はなかなかのメンバーが揃った。まずは初ダートになるフサイチリシャール。父クロフネはフサイチリシャールと同じようにクラシック戦線を歩んできたが神戸新聞杯3着後はダート路線に変更。最初のレースが武蔵野Sで9馬身差の圧勝。この時のタイムが良馬場にもかかわらず1分33秒3の驚異的なタイムで走った。次のJDCでは単勝1.7倍の断然人気でここも7馬身差の圧勝。ダートだったらどのくらい強いのかと思わせたがその後は故障して引退してしまった。その血は初年度産駒のフラムドパシオンに受け継がれ、やはり芝からダートに変わ...

購読

RSSリーダーを使うと、'武蔵野S'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ