ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'牝馬路線図'タグのブログ記事

ヴィクトリアマイルの登録馬【血統タイプ別出馬表】

 まだ2回しか行われていませんが、血統ではサンデーサイレンス系だけが連対しています。NHKマイルカップはアグネスタキオン産駒のディープスカイが勝ったし今年もサンデーサイレンス系ですかね。登録馬を見てもサンデーサイレンス系は阪神牝馬Sを勝ったエイジアンウインズ(父フジキセキ)、キストゥヘヴン(父アドマイヤベガ)、ザレマ(父ダンスインザダーク)、ジョリーダンス(父ダンスインザダーク)、ニシノマナムスメ(父アグネスタキオン)、パーフェクトジョイ(父ステイゴールド)、ブルーメンブラット(父アドマイヤベガ)、マイネ...

ヴィクトリアマイルの登録馬【馬名の意味由来】

 G1レースの時はいつものように登録馬の馬名の意味由来を出してみました。4歳馬で過去にG1に出走した馬は意味由来をだしているので今回は初出走の馬に注目してみました。まずは阪神牝馬Sを勝ったエイジアンウインズ(アジアの風)。今年、ブレイクしているフジキセキ産駒で昨年のヴィクトリアマイル4着馬キストゥヘヴンや5着馬ジョリーダンスを抑えての逃げ切り勝ち。前回は逃げたが控える競馬も大丈夫な馬なのでどんなレースをしてくれるか楽しみ。  マイラーズカップ2着のニシノマナムスメ(冠名+愛娘)は牡馬相手の別定戦で2着。3...

福島牝馬Sの予想「ローカルの帝王・中館英二に導かれて」

 本命は中館英二に戻ったアルコセニョーラ。福島では3戦して2勝2着1回の福島巧者。しかも、鞍上はローカルの帝王・中館ですから任せて安心。前走はスローの上がり勝負だったので展開が向かなかった。福島なら早めにレースが動くのでこの馬向きの流れになると思う。それに、やや時計が掛かる馬場が合っている馬なので、今の馬場は合っている。  相手はピースオブラヴ。前走と同じような内枠を引いたし、行く馬が多いのでレースの流れに乗りやすいと思う。もう一頭の相手はダンスオールナイト。この馬もアルコセニョーラと同じで前走はレース展...

福島牝馬Sの登録馬【過去4年の配当一覧と連対馬血統一覧】

 2004年から牝馬重賞として新設されたレース。この時期の福島開催とあって荒れている。過去4年で万馬券が2回。馬単、3連複、3連単は全て万馬券という穴党にとってはありがたいレース。過去の連対馬をみるとサンデーサイレンス系が強い。また、穴を開けるのは休み明けとか昇級戦とかですね。勝ちタイムは馬場によって大きく違っていて2004年と2007年は1分46秒台、2006年は1分48秒5、2005年に至っては1分49秒4も掛かっていました。騎手別では美浦所属が7連対ですから、この辺りが狙い目かな。 福島牝馬S 過去...

阪神牝馬Sの予想「距離短縮でキストゥヘヴンが弾ける」

 このレースはキストゥヘヴンとジョリーダンスが力上位。昨年のこのレースを勝ち安田記念3着のジョリーダンスが最有力だが7歳牝馬を本命にするのは面白くない。ここは距離短縮でキレが増しそうなキストゥヘヴンを本命にした。これまで短距離といえば新馬戦かダートだけだった。桜花賞を鮮やかな後方一気で勝ってからは勝ち星から遠ざかっている。いいところまで来るが届かないレースが続いているが、こういうレースを見ていると距離が長い気がしていた。ペースが速くても楽について行けるだけの脚はある。サンデーサイレンス系は距離短縮でキレを...

阪神牝馬Sの登録馬【血統タイプ別出馬表】

 いつものように過去10年の配当一覧を出そうと思ってTARGETで検索をしたら2年分しか集計されない。おかしいと思ったので時期を限定せずに検索をかけるとこんどは10年分集計された。なぜ、2年分だけかというと2005年までは暮れの阪神開催で行われていたレースだった。それが、番組改正(牝馬路線の整備だと思う)でこの時期に移動。距離も1600mから1400mに短縮。牝馬限定の重賞では一番短い距離です。  登録馬をみると昨年の勝ち馬ジョリーダンス、5着のブルーメンブラット、2006年の桜花賞馬キストゥヘヴン、20...

中山牝馬Sの登録馬【過去10年の配当一覧と血統タイプ別出馬表】

 過去10年の配当をみると牝馬限定のハンディ戦だけあって荒れ気味です。過去10年で3桁配当はゼロ。馬連万馬券が2回、3連複は5回のうち4回が万馬券。1人気の成績が3勝2着1回3着1回、2人気は2着2回3着1回なので荒れて当然なのかもね。連対馬の前走をみると条件戦からの格上挑戦も昇級戦も連対はなし、オープン馬で人気の無い馬が連対している。1人気で人気を裏切っている馬をみるとG1出走馬が多い。クラスが落ちれば当然勝ち負け出来るだろうと誰もが考えるが、そういかないのが牝馬戦とも言える。  今回は過去10年の連対...

牝馬重賞戦線図

 牝馬重賞が整備されたのでまとめようと思っていたが、そのモノがようやく出来た。図の色分けは2歳・3歳限定戦、3歳以上、4歳以上の3種類でエリザベス女王杯を最終目標に設定しました。3歳戦は比較的分かりやすく、トライアル→G1というのが決まっているが、古馬戦は分かりにくかったからね。愛知杯が牝馬限定戦になったことで牝馬重賞が無いのは新潟、函館、小倉の3競馬場だけ。牡馬混合だと厳しい牝馬は牝馬路重賞路線を歩むことに、牝馬でも力のある馬は牡馬混合戦へと。  次は牝馬3歳クラシック路線図と牡馬3歳クラシック路線図...

購読

RSSリーダーを使うと、'牝馬路線図'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ