ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'皐月賞'タグのブログ記事

皐月賞の前売りオッズ ファンディーナがダントツの1人気

 皐月賞の前売りオッズをみましたがファンディーナの人気は凄いですね。15日の午前0時36分現在で単勝1人気の2.2倍です。一時は1.8倍の人気でしたが、徐々に他の馬にも投票が入って2倍台に。最終的には3倍台がいいところかと。複勝では共同通信杯を勝ったスワーヴリチャードが1人気です。これまでのレースぶりと安定感を考えるとこちらが実質の1人気かと。  単勝人気では人気順にカデナ、スワーヴリチャード、ウインブライト、レイデオロ、ペルシアンナイト、アルアイン、アウトライアーズ、サトノアレス。アウトライアーズを除く...

皐月賞 ファンディーナの挑戦

 今年の皐月賞は牝馬のファンディーナが登録してきたことで面白くなりそう。TARGETで皐月賞に牝馬が出走したかどうかを調べてみた。すると、1991年にフラワーカップで2着になったダンスダンスダンスが挑戦して15人気で5着。2014年にフラワーカップを勝ったバウンスシャッセが挑戦して12人気で11着でした。ダンスダンスダンスのフラワーカップは同年のスプリングSよりもラップも勝ち時計も早かった。また、スプリングS組には先着したが、上位4頭は若葉S、弥生賞組だった。若葉Sも弥生賞も前半のペースはフラワーカップよ...

【G1】皐月賞の予想

 今年の皐月賞は粒ぞろいの18頭が揃ったので面白いレースになりそう。中でもマカヒキ、サトノダイヤモンド、リオンディーズの3頭は強いと思う。  皐月賞は「速い馬が勝つ」と言われるレースで過去の勝ち馬を見てもそれまでのレースで早い時計で勝ってきている馬が多い。弥生賞と皐月賞が直結しないのは、トライアルレースの弥生賞ではスローペースの上がりの競馬になることが多いが、皐月賞では平均かハイペースで早めの仕掛けから自力勝負になることが多い。このように流れが違うことが直結しないことではないかな。それに対し、共同通信杯や...

【G1】皐月賞 前売りオッズ 1人気はサトノダイヤモンドで2.1倍

 皐月賞の前売りオッズを出してみました。1人気は無敗で皐月賞に挑むサトノダイヤモンドで2.1倍、2人気は弥生賞2着馬のリオンディーズで3.6倍、3人気は弥生賞を勝ったマカヒキで4.1倍とここまでが10倍以下。4人気になるとエアスピネルの22.0倍と10倍台がなくて20倍台まで飛んでしまった。3強という図式が色濃く出た感じですね。  複勝の1人気はリオンディーズ、2人気はマカヒキ、3人気はサトノダイヤモンドとなって安定度でリオンディーズが支持されています。 皐月賞の出馬表と前売りオッズ 皐月賞の単勝時系列オ...

【G1】皐月賞 無敗の皐月賞馬誕生なるか?

 過去30年でデビューから無敗で皐月賞を制したのはディープインパクト、アグネスタキオン、ミホノブルボン、トウカイテイオーの4頭。しかも、皐月賞後に引退したアグネスタキオンを除けば3頭ともダービーを勝って2冠を達成している。今年はマカヒキ、サトノダイヤモンドの2頭がこの偉業に挑戦する。過去に無敗で皐月賞に挑戦した馬は21頭もいる。記憶に新しいところでは昨年のキタサンブラックとサトノクラウンや一昨年のトーセンスターダム。また、2009年のロジユニバース、2007年のフサイチホウオー、2006年のフサイチジャン...

【G1】皐月賞 枠順決定 過去30年の1着馬

 第76回皐月賞の枠順が決定した。注目馬はどの枠に入ったかというと、無敗で弥生賞を勝ったマカヒキは2枠3番、同じく無敗のサトノダイヤモンドは6枠11番、弥生賞2着のリオンディーズは8枠16番、弥生賞3着のエアスピネルは7枠15番、3連勝で若葉Sを勝ったアドマイヤダイオウは2枠4番、共同通信杯の勝ち馬ディーマジェスティは大外18番など。  皐月賞が行われる中山芝2000mはトリッキーなコースなので騎手の腕が問われるレース。理想は4コーナーを5番手以内で回ってくること。遅れても10番手以内に回って来ないとなか...

【GⅠ】皐月賞の登録馬 3強か、4強か、それとも

 今年の皐月賞は近年稀に見るハイレベルな戦いになりそう。前哨戦でもある皐月賞トライアルを制したのはディープインパクト産駒のマカヒキ。マカヒキは父ディープインパクトと同じで無敗で弥生賞を制した。しかも、新馬戦→若駒S→弥生賞と父ディープインパクトと同じローテーションで来ている。また、馬主は金子真人HD、生産者はノーザンファームとこれも同じ。上がり3F は3戦連続で最速も父ディープインパクトと同じなので期待が高まるばかり。ただし、父ディープインパクトの時代と違いライバル勢も強力なメンバーが揃っている。  弥生...

皐月賞の登録馬 過去28年の勝ち馬一覧

 今年の皐月賞の登録馬は19頭と少なく、バンドワゴンが回避することで全ての登録馬が出走可能になった。桜花賞のハープスターのような絶対的な存在がいないので混戦模様になっている。  有力馬を見てみると弥生賞の勝ち馬トゥザワールドは5戦4勝2着1回。新馬戦ではバンドワゴンに負けているがその後は負け知らず。勝ち方に派手さはないが終いは確実に伸びてくる。黄菊賞をレコードタイムで勝っているように時計勝負になっても大丈夫。ハープスターで一冠を取った川田将雅がニ冠に挑む。共同通信杯の勝ち馬イスラボニータも5戦4勝2着1回...

皐月賞回顧「走るたびに強くなるロゴタイプが勝った」

 皐月賞は速い馬が勝つ、ダービーは運のいい馬が勝つ、菊花賞は強い馬が勝つ。このような格言があるが、今年の皐月賞はまさに速い馬が勝った。勝ったロゴタイプの優勝タイム1分58秒0はレースレコードでコースレコードだから凄い。ちなみに2着のエピファネイアもコースレコードを破っている。いくら前が引っ張ったからといってこれほどまでのタイムが出るとはね。ロゴタイプは父ローエングリンのスピードを受け継ぎ、母父サンデーサイレンスのスタミナを受け継いだいいとこ取りの馬だ。ロゴタイプは500万下から4連勝でクラシック制覇。3歳...

皐月賞の登録馬 今年も社台系か・・・

 皐月賞の登録馬が発表された。トライアル第一弾の弥生賞を勝ったカミノタサハラはディープインパクト産駒。弥生賞では4コーナー手前から鞍上の内田博幸の手が動いていたが、そこからしぶとくを脚を伸ばしての差しきり勝ちしたように長くいい脚を使える。まだ、パンとしていないので仕掛けながらの追走になるがそれでも伸びているのだからこの短期間の調教でパワーアップしているに違いない。2着のミヤジタイガはそれまで重賞やオープンで戦って来ただけあって勝負強さを見せた。馬力型のネオユニバース産駒らしい先行力がある。鞍上の和田竜二と...

皐月賞の予想「優勝請負人のミルコ・デムーロがグランデッツァを導く」

 桜花賞は社台系のジェンティルドンナが勝った。サンデーレーシング+ノーザンファームという社台系でも一番強いラインで、父は同世代戦では強いディープインパクト産駒。同じ流れのジョワドヴィーヴルが1人気に推されたが負けてしまった。社台としてはどちらが勝ってもよく、むしろ違う馬で桜花賞を勝てたことの方が意味が大きかった。  さて、今週の皐月賞だが狙いは社台系というのはいつもの事。では、どの馬がいいかというと本線で言えばサンデーレーシング+ノーザンファーム+ディープインパクト産駒のワールドエース。次にキャロットファ...

皐月賞の回顧「社台系オルフェーヴルが圧勝」

 皐月賞はオルフェーヴルが2着サダムパテックに3馬身差を付けて圧勝した。レースは予想通りエイシンオスマンがスピードの違いでハナに行った。内にステラロッサ、外にベルシャザールが先行。その後ろにダノンバラード、ナカヤマナイトがいて、内にスタートで出遅れたサダムパテック。オルフェーヴルは中段の内目を追走。逃げたエイシンオスマンは1000m通過が60秒3なのでペースは速くないが、テンに11秒台が並んでいるように先行馬には厳しいレースになってしまった。前がつぶれる展開なので決め手のある馬が上位に中でもオルフェーヴル...

皐月賞の予想「ベルシャザールが混戦を抜け出す」

 皐月賞は悩んだあげくベルシャザールを本命にしました。これだけ、社台系がいるとどの馬もよく見えるが、厩舎、血統、鞍上、馬主と総合的にみてベルシャザールがいいと思った。今年の皐月賞はいろんな意味で面白く、どの馬にもチャンスがある。東京競馬場に替わってプラスになる馬、左回りがいい馬、馬場状態次第では力のいる馬場を得意とする馬など。だけど、走ってみなければ分からないのが競馬。ここは騎手の腕を信じてベルシャザールでいきます。 皐月賞の出馬表 ...

皐月賞の枠順決定「2枠4番サダムパテック、6枠12番オルフェーヴル」

 皐月賞の枠順が決まった。弥生賞1着馬サダムパテックは2枠4番、共同通信杯1着のナカヤマナイトは3枠5番、若葉S1着のダノンミルは3枠6番、スプリングS1着馬オルフェーヴルは6枠12番、きさらぎ賞1着のトーセンラーは8枠16番。今年は東京競馬場で行われるので枠順の有利不利はそれほどないと思うが、開幕週なので外枠はやや不利だと思う。  これと言った逃げ馬がいないが1400mで逃げたことのあるエイシンオスマンがスピードの違いでハナに行く可能性が高い。ただ、先行馬が多いのでゲートが開いてみないと分からないね。展...

皐月賞考査「社台系を考える」

 桜花賞は社台系サンデーレーシングのマルセリーナが勝った。皐月賞も当然の如く社台系が取りに来る。では、どの馬が本命になるかだろうか。優先出走権を持っている馬、収得賞金上位馬を見てみると優先出走権を持っている馬の中で社台系生産馬はサダムパテック、プレイ、オルフェーヴル、ベルシャザール、ステラロッサ、ダノンミル、カフナ、収得賞金上位馬ではノーザンリバー、フェイトフルウォー、トーセンラー、リベルタス、ロッカヴェラーノが社台系生産馬。とにかく社台系生産馬が多い。だけど、勝つのは社台系馬主か、お得意様だろうね。  ...

皐月賞の登録馬「今年の主役は?」

 皐月賞の登録馬が発表された。今年はどの馬が主役になるか分からない。候補を挙げるとするとスプリングSを勝ったオルフェーヴル、共同通信杯を勝ったナカヤマナイト、きさらぎ賞を勝ったトーセンラー辺りではないだろうか。この3頭以外にも気になる馬はいるけど、前走の人気と着順を考えると上記3頭のような気がする。  それにしても今年は出走するだけでも大変。共同通信杯2着のユニバーサルバンクは収得賞金が1200万もありながら現在のところ除外。エリカ賞ではトーセンラーに先着、共同通信杯ではベルシャザールやダノンバラードに先...

皐月賞回顧「ヴィクトワールピサは強かった」

 皐月賞のヴィクトワールピサは強かったですね。内を突いたのでコースロスがないとか、言われそうですが3コーナー過ぎのペースアップに対して順位を上げている。しかも、馬なりで上がっていけるのはエンジンが違う証拠。しかも、直線追い出してから内にラチに向かって切れ込み一気に抜け出せる器用な面も見せた。こういう競馬が出来たのだから広い東京コースならもっと楽な競馬が出来ると思う。このメンツではちょっと器が違うかも。  考査ではトライアルレース組が上位と書いたが、結果は弥生賞1着馬と若葉S2着馬でこの傾向は継続。3着に京...

皐月賞考査「トライアルの意味」

 皐月賞はいいメンバーが集まったので実に悩ましい。どれも買いたくなるがそれが出来る資金がないので絞らなくてはいけない。いろいろとデータを調べてみたら、前走レースでトライアルレースを走った馬の成績がいい。トライアルレースは皐月賞に出るための権利取りレースになる。だけど、賞金的に皐月賞に出走可能な馬にとっては中山コースを経験するということと、レース間隔を開けたくないという意味合いもある。賞金が足りない馬はトライアルに向けて仕上げてくる。賞金が足りている馬はある程度の仕上げで本番に向かおうとしている。このことが...

皐月賞の各馬の前走レースをみて一言

 皐月賞出走馬の近走レースを見直してみた。そして、感じたままを寸評にしてみた。客観的に見たつもりだが気になる馬はいい評価をしている感じが・・・・(^^ゞ  リルダヴァル  上がりの競馬しか経験していないのが気がかり。調教はいいみたいだけど、切れる馬だけに重い馬場でスタミナ勝負になったときに不安が・・・。  ハンソデバンド  先行力があってしぶとそう。ペースに関係なく終いはしっかりしている。常に全力を出せるタイプかも。NHKマイルカップならいいレースをするような気がしている。クラシックでは馬主的にももう一つ...

皐月賞考査「いろいろなデータを出してみました」

 桜花賞でデータを出していろいろと見えたものがあったので皐月賞でも出してみました。  データは皐月賞は過去24年分、同コースの中山芝2000mは過去5年、朝日杯FSは過去24年のデータを集計しました。 【馬番別集計】  8番から13番の成績がよくない。ここまで極端だとちょっと怖い。過去にはマイネルチャールズ9番、タニノギムレット11番、ナリタトップロード8番、メジロブライト8番などがいる。記憶に新しいマイネルチャールズはスタート後に松岡が消極的だったためにいつもよりも後ろ目の位置取りに。直線は伸びてきたが...

購読

RSSリーダーを使うと、'皐月賞'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ