ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'目黒記念'タグのブログ記事

目黒記念の予想「ミヤビランベリがあれよあれよと」

 目黒記念ですが、予想が難しいですね。ハンディ戦ですが、ハンディの重い馬に信頼が置けない。そこで、狙ってみたいのはミヤビランベリ。父オペラハウスに母父ホリスキーは血統的に重い。けど、しぶといレースなら粘れるだけの能力はあると思う。今週の東京競馬場は雨の影響で時計が掛かるし、ホクトスルタンの2番手で行ければあっと言わせる場面があるかも。  相手はこれも時計が掛かった方がいいダイワワイルドボア。ジリ脚君なので展開の助けが必要ですが、今回は上がりが掛かりそうなのでチャンスがあるかと。エアジパングはスタミナがある...

目黒記念の予想「ホクトスルタンの逃げ切りに期待」

 人気を見るとアルナスライン、ロックドゥカンブ、ホクトスルタンと菊花賞上位組が並んでいる。しかも、菊花賞の着順よろしくハンディも同じように重くなっている。僕は前走を重視する傾向にあり、それがG1であればなおさらその馬を推す。だからこの3頭の中では天皇賞に出走したホクトスルタンを狙いたい。天皇賞では逃げて4着だったが、3着アサクサキングスとはコンマ1秒差。菊花賞ではコンマ6秒差もあっただけに力を付けていると見ていいでしょう。しかも、この馬は誰もが逃げると分かっているし、スタートから2の脚が速いので競らなくて...

目黒記念の登録馬【過去8年の連対馬血統一覧】

 目黒記念がこの時期に移って9年目。過去8年の連対馬血統を出してみましたが、これをみるとサンデーサイレンス系の連対が少ない。出走頭数は過去8年で34頭ですからけして少なくない。目立つのはNorthern Dancer系ですね。まあ、ポップロックとトシザブイが2勝ずつしているので実質は5頭ですか。それでも、このコースはNorthern Dancer系が合っていると思う。過去のラップタイムを見ると前半が速くて後半が遅い、いわゆる上がりが掛かるレースになるとサンデーサイレンス系は苦しい。2007年と2005年は...

購読

RSSリーダーを使うと、'目黒記念'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ