ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'血統'タグのブログ記事

ジャパンカップの血統傾向を探る「種牡馬・母父・ニックスなど」

 過去26年のジャパンカップを集計して血統傾向を探ってみた。外国馬が多く出走するジャパンカップは同一種牡馬がなかなか勝てないレースでした。それが、2004年にサンデーサイレンスが2勝目を挙げ、2005年にはKingmamboが2勝目を挙げた。しかし、2006年にサンデーサイレンスが3勝目を挙げてからはやはり同一種牡馬が勝っていない。今年の出走馬の中で過去に勝ったことのある種牡馬はグラスワンダーとキングカメハメハの2頭なのでどちらかが勝てば3頭目の同一種牡馬の勝利になるが果たしてどうか。ジャパンカップを2勝...

天皇賞(春)考査【血統傾向を探る】

 天皇賞(春)過去26年の成績から血統傾向を探ってみる。と、その前に2009年にも【血統傾向を探る】と題して書いているがこの時は結論として「今年は抜けた存在がなく、楽しみな存在が多いので混戦模様。どの馬が勝っても不思議ではない。」と書いていた。なんとまあいい加減な事かと思いきや結果は1着12人気マイネルキッツ、2着4人気アルナスライン、3着5人気ドリームジャーニーで大荒れ。自分の予想はもちろん大ハズレ。混戦予想をしておきながら印は人気馬という情けなさ。果たして今年の見解は・・・・。  天皇賞(春)の傾向を...

菊花賞考査【血統傾向を探る】

 今年の菊花賞に出走するメンバーの血統を見ると過去に勝ったことのある種牡馬を父に持つ馬がいない。ということはどの馬にもチャンスがあるということか。でも、長距離線は血統がものをいうレースですからね。今年は種牡馬と母父の血統だけではなく母母父の血統も出してみました。  過去の例からいうと菊花賞馬ダンスインザダークの子供は3勝、2着1回だけど、僕が知っている限りだと菊花賞親子制覇はメジロテイターン-メジロマックイーンとダンスインザダーク-ザッツザプレンティ、デルタブルーススリーロールスぐらいですね。だからダンス...

天皇賞秋考査【血統傾向を探る】

 天皇賞(秋)の過去22年の成績を集計して血統傾向を調べてみた。最近の傾向はサンデーサイレンス系×Northern Dancer系、サンデーサイレンス系×Mr. Prospector系ですね。その前だとGrey Sovereign系、Northern Dancer系が連対していました。天皇賞(秋)もサンデーサイレンス産駒が出てきてからサンデーサイレン系が強い。サンデーサイレンス系は頭数も多いが、結果も出している。やはり、サンデーサイレンス系抜きでは予想は考えられないと思う。  Grey Sovereign...

プロキオンS考査【血統傾向 ミスプロ系が強いレース】

 過去10年の成績をみるとMr. Prospector系(Seeking the Gold系、Woodman系を含む)が4勝2着7回の11連対とダントツに成績がよくRoberto系やGrey Sovereign系やNorthern Dancer系がポツポツと来ている。また、母父ではNorthern Dancer系(水色)が5勝2着6回の11連対とこちらもダントツに成績がよく他の系統がポツポツときている。Mr. Prospector系×Northern Dancer系の成績もよく8連対、登録馬でこの血統と...

天皇賞(秋)考査【血統的傾向】

 過去20年のタイプ別血統成績をみるとTurn-to系が7勝2着8回(うちサンデーサイレンス系4勝2着7回、Roberto系2勝2着1回)、Nasrullah系6勝2着2回(うちGrey Sovereign系が5勝)、Northern Dancer系が5勝2着5回、Native Dancer系が1勝2着2回、St. Simon系が1勝だった。母方をみるとNorthern Dancer系、Nasrullah系、Hampton系が入っている馬が連対している。  天皇賞(秋)は2度連対している馬が多く、シンボ...

購読

RSSリーダーを使うと、'血統'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ