ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'馬インフルエンザ'タグのブログ記事

ニュースいろいろ 岩田康誠、秋山真一郎、若手騎手、馬インフルエンザ、JRA

 岩田康誠騎手、開催2日間の騎乗停止 netkeiba.com  24日、東京2Rにて6位に入線した岩田康誠騎手騎乗のカワチノオジサンは、3コーナーで急に外側に斜行し、ベルモントフレア(武士沢友治騎手)およ び、コスモドリーミン(吉田豊騎手)の走行を妨害したため、10着に降着となった。なお、岩田康誠騎手は3月1日(土)から3月2日(日)まで開催日2日 間の騎乗停止となった。  今年はこれまで重賞3勝など調子が良かっただけに残念ですね。東京競馬場はアドマイヤムーンでジャパンカップを勝ったけど岩田康誠にとっ...

馬インフルエンザで全頭検

 栗東トレーニングセンターにおいて、馬インフルエンザ陽性馬が確認されたことから、今週の競馬(東京、京都、中京競馬)については、念のため、出馬投票を行った全ての馬について、馬インフルエンザ検査を行います(招待馬・地方馬は除く)。 馬インフルエンザに関する検査体制について 【JRA】  3開催で3日間開催ですからね。陽性の馬がいなければいいのですが、ここ数日でグッと気温が下がって乾燥していますからね。何も無ければいいのですが。 ...

馬インフルエンザのウィルスは「H3N8亜型」

 9月7日に馬インフルエンザのウィルスについて発表があった。  分離された馬インフルエンザウイルスの亜型について  競走馬総合研究所栃木支所において、分離ウイルスの遺伝子解析を行ってきた結果、本病ウイルスが「H3N8亜型」であり、現在欧米で流行している馬インフルエンザ2型ウイルスフロリダ亜系統のグループに含まれることが確認されましたのでお知らせいたします。  え~と、だからなんの?と言いたくなるような発表ですが、詳しくは日経新聞運動部記者・野元賢一氏のコラム「(9/10)防疫体制と競馬産業 インフルエン...

馬インフルエンザの余波

 馬インフルエンザの影響は予想以上に大きい。JRAの開催は2日間の中止だけにとどまったが、地方競馬では未だに沈静化せずに開催中止が相次いでいる。また、海外の重賞に挑戦しようとした馬達もその影響を受けて遠征中止になってしまった。  馬インフルエンザと騒いでいるが未だにその出所はわかっていない。最初に発生したのが8月16日にJRAの美浦と栗東の両トレーニングセンターだった。それから、函館、小倉と広がり、JRAから地方に移籍した馬が次々を観戦が判明して大井、金沢、盛岡、佐賀、園田、北海道、笠松と全国に広がった...

3歳未勝利馬に救済レースを実施

 馬インフルエンザの影響で中止になった8月18日、19日には3歳未勝利戦が21レース組まれていた。3歳未勝利馬を管理する調教師や馬主にとってこの時期の未勝利戦は最後の砦。9月8日から始まる4回中山、4回阪神、2回札幌では出走馬が限定されるスーパー未勝利戦になってしまうから。この潰れた3歳未勝利戦を4回中山、4回阪神、2回札幌で3歳500万下のレースと入れ替えるようにして3歳未勝利戦の21レース全てを開催。しかも、スーパー未勝利戦の条件ではなく通常の未勝利戦で行うと言うこと。これで、3歳未勝利馬にとっては...

出走馬確定!登録馬の検査で41頭が陽性 新潟記念ではサンレイジャスパーが陽性

 週末の出走馬が確定した。新潟記念もキーンランドCもフルゲートでの開催。新潟記念では昨年の2着馬サンレイジャスパーが陽性反応が出たので出走出来なくなってしまったのは非常に残念。  出馬登録馬で41頭が陽性 JRAの馬インフル検査 SANSPO.COM  日本中央競馬会(JRA)は23日、今週末に2週ぶりに再開するレースの出走馬確定を前に、出馬登録した1321頭を対象とした馬インフルエンザ検査を実施し、3・1%にあたる41頭に陽性反応が出た。この41頭は、今週末のレースに出走不可となった。 ...

今週の競馬は開催実施で

 今週末の競馬は開催の方向ということでJRAから発表があった。馬インフルエンザによる影響は地方競馬、馬産地と広がりを見せる中での開催決定はどうなの?と思ってしまうが、陽性でも発症しなければ競走能力には関係ないという(本当に?)ことらしい。でも、週末の開催においては以下の2つのチェックを入れて公正に努めるということらしい。  登録馬で陽性反応があった馬は出馬表投票が出来ない  出馬表投票した馬でももう一度検査をして陽性反応が出た場合は除外  出馬表が決まる今日(23日)は登録馬の全頭検査を行って、陰性の馬...

馬インフルエンザが終息しないのに特別登録を受け付け

 18日に発熱した馬がこれまで最高の96頭に、そして陽性反応を示した馬は38頭もいた。熱発した馬や陽性反応が出た馬が日に日に増えているにも関わらずJRAは今週末の特別登録馬の受け付けを行った。しかも、陽性反応が出た馬が登録をしていけないと言うことはないので陽性反応のマイネルレコルトが新潟記念に登録してきた。JRAからは陽性反応が出た馬の馬名の発表はないので、もしかしたら馬インフルエンザで陽性反応が出た馬が他にも登録してきているかもしれない。特別登録馬の話に戻るが、先週の競馬が中止になったことを受けて登録馬...

馬インフルエンザで被害拡大、大井はとばっちりで開催中止

 馬インフルエンザの被害が拡大していますね。地方競馬でも金沢で3頭、旭川で1頭の陽性反応の馬がでいた。そして、大井でも発熱した馬が出たが、検査キットの入手が遅れて開催中止に。でも、検査結果は陰性だったというのだからお粗末な対応だな。なんでも、検査キットはJRAが大量に買い占めて手に入らなかったと言うこと。  JRAは検査キットが入手出来ないとか時間的な制約とかいって全頭検査を行わないということだが、これで大丈夫なのだろうか。杉浦宏昭・日本調教師会関東本部副部長が会見で「検査した馬の2~3割が感染していたと...

馬インフルエンザ メイショウサムソンも陽性反応、競馬再開は未定

 強行開催から一転、被害が拡大して競馬開催も未定になってしまったようです。そして、心配されたメイショウサムソンも陽性反応が出たと言うことで凱旋門賞はほぼアウトでしょう。各ニュースサイトを見ても「今週末のレースに出走する馬の中から163頭を検査し、29頭に感染が認められ」となっていてそれ以上に検査した結果が出ていない。JRAの記者会見でも再開時期について明言を避けていたと言うことはもっと感染している馬はいるのかもしれない。  馬インフルエンザに感染して、それが完治するまでのどのくらいの時間が掛かるのか。ま...

馬インフルエンザによる影響が心配

 馬インフルエンザ情報はスポニチ Sponichi Annexがいいですね。お仕着せの情報ではなく、独自の取材で細かくニュースを流してくれています。  まずは気になるのがどこまで被害が拡大しているのかと言うことですね。インフルエンザが終止するまで競馬開催が行われないのは仕方がないにしても、トレセン→牧場→トレセンの移動などが制限されると言うことは秋競馬に支障が出てきてしまう。記事によるとサンツェッペリンの今後の予定は白紙ということ。これはほんの一部のことで多くの放牧に出ている馬が影響を受けるのでしょうね...

馬インフルエンザで今週の開催は中止に

 なんなかドタバタですね。出走予定の163頭に対しての検査で29頭にインフルエンザの感染が認められたと言うことです。出走予定馬は土曜日が481頭、日曜日が488頭ですから全頭検査を行うとすると今後拡大する可能性はあるでしょうね。いくらワクチンがあると言っても対応が後手に回っては手遅れだと思うな。あとは感染が拡大しないように対策を練るしかないね。開催中止が今週だけだといいのですが・・・。  【緊急】今週の競馬開催の中止について  今週の出走を予定している競走馬に対して検査をおこなっておりますが、現在、検査...

馬インフルエンザで今週の競馬開催は中止か?

 僕はいくつもの予想会社の無料情報に登録しているのですが、そのうち4つの会社から同じような内容のメールが届いた。それは以下のような内容だった。  JRAより発表があるものと思われますが、報告によると美浦・栗東の両トレーニングセンター入厩馬で一部、馬インフルエンザに罹患した疑いのある馬が確認された模様。(ただし、開催競馬場の滞在馬、また施設では感染の疑いのある馬は確認されていません)この事により馬の輸送が見合わせられており、この後の協議次第では今週の開催が危ぶまれている。  このことは馬系の話か日記か雑記...

購読

RSSリーダーを使うと、'馬インフルエンザ'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ