ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'高松宮記念'タグのブログ記事

【G1】高松宮記念考査

 高松宮記念の出走馬が決まった。エアロヴェロシティとダンスディレクターの回避は残念だが、前哨戦の上位馬は出てきているので面白いレースになりそうですね。  改修後の現コースを使用するようになって今年で5回目。過去4年の成績をみると時計面では2013年の1分8秒1が最速で、不良で行われた2014年は1分12秒2とダートよりも時計が掛かっていました。レースの流れとしてはスプリント戦らしく前掛かりになりやすく、逃げ先行馬が1頭は残っている。同コースで行われたレースを改修後に遡って集計してみたが、レコードタイムは2...

高松宮記念考査

 高松宮記念はクラシック路線と違い社台としてはそれほど力を入れてこない。というのもクラシックやグランプリと比べて格が落ちるのでここは個人馬主に譲ってあげるという方向性だと思っている。全てのGⅠを根こそぎ持って行くのはよくないからね。しかし、種牡馬に関しては社台系の底力というべきか強さを見せている。実績としては過去10年で9勝という強さだ。この強さに逆らうことはないので狙いは社台系種牡馬ということになる。  高松宮記念の勝ち馬の血統をみると過去10年で9頭に、母系にノーザンダンサー系の血が入っている。電撃の...

高松宮記念 「ロードカナロアが強い」

 今年の高松宮記念は実力上位馬が順調なので波乱はないと見た。1人気のロードカナロアはデビューから14戦して9勝2着4回3着1回着外0という安定した成績。昨年の高松宮記念は初のGⅠ挑戦で同厩のカレンチャンから遅れることコンマ1秒差の3着。しかし、スプリンターズSではカレンチャンをコンマ1秒抑えての優勝。その後は強豪揃う香港スプリントを勝ち、阪急杯も勝った。前走の阪急杯では勝負どころで鞍上の岩田康誠の手が動くシーンがあったが、気合いが入ってからはこの馬らしい伸びを見せた。久々で反応が悪かったが終わってみれば余...

高松宮記念の登録馬「新短距離王ロードカナロアは負けない」

 来週行われるGⅠ高松宮記念の登録馬が決まった。スプリンターズSを勝ったロードカナロアにとっては負けられないレース。スプリンターズSで短距離王のカレンチャンを破り、香港スプリントを勝ち、名実共に短距離線戦の主役となった今は短距離GⅠ連勝しかないでしょう。前哨戦の阪急杯では仕上がり途中でありながら余裕の差しきり勝ち。勝負どころで手応えが怪しくなったが、鞍上の岩田が気合いをつけるとスッと反応し、直線はシッカリ伸びた。一度使われた事で反応はもっと良くなるだろうし、死角は見当たらない。  ロードカナロアを追いかけ...

高松宮記念の予想「気性が安定したサンカルロを狙う」

 今年の高松宮記念は新装された中京競馬場で行われる。これまでとどこが違うかというと直線に急坂が設定されたこと。中山に次ぐ勾配というのだから行ったままで残っていたこれまでの中京とは違う。しかも、直線の長さは京都外回りコースよりも長い。ローカルでありながら厳しい設定になっている。だから、どんなレースになるか見当がつかないが、ここまでのレースを見ていると差し馬にとって有利なコースになっている。  そこで、今年の高松宮記念の本命はサンカルロにしました。過去の勝ち馬を見ると社台系でも縦縞の勝負服が勝つ事が多い(3歳...

高松宮記念の予想「キンシャサノキセキの連覇に期待」

 高松宮記念の本命はキンシャサノキセキにしました。社台系生産馬ではないですがフジキセキ産駒で馬主は吉田和美さんですから特に問題はないでしょう。キンシャサノキセキは今年8歳ですが、年齢を重ねるごとにコントロールが利くようになっているので能力を存分に発揮できる。オーシャンSでは59キロ背負いながら上がり3Fはメンバー中最速の33秒4。久々で後方からの競馬になったが、2着を確保したように力は1枚上。ここは連覇を期待したい。  相手は社台系のアーバニティ、人気のジョーカプチーノとダッシャーゴーゴー、昨年の3着馬の...

高松宮記念の予想「外枠に入ったエーシンフォワードで」

 いや~、予想をアップするのが遅くなりました。高松宮記念の予想ですが、本命はエーシンフォワードです。1200mでも勝ち星はないけど今の勢いならクリアしてくれると思っています。まず、前走の阪急杯では持ったままで先行し、追っていい伸びをみせている。あの競馬を見るとペースが早くても対応が出来そう。次に外枠がプラスになりそう。今回はセブンシークィーン、ヘッドライナー、ショウナンカザン、アルティマトゥーレなど速い馬が揃っている。スンナリと隊列が決まると前が残る可能性があるかもしれないが、今年は先行馬も揃っているので...

高松宮記念の回顧「スンナリ逃げられたローレルゲレイロ」

 高松宮記念はハナを主張したローレルゲレイロが逃げ切った。外からきたジョイフルハートが控えた時点でいいところはあると思ったけど、最後までしぶとく粘りきったね。外からスリープレスナイトが来たときは交わされるかと思ったけど、逆にスリープレスナイトの方が止まってしまったからね。テンの3Fが33秒1でしたが逃げ馬はマイペース、後続ではスリープレスナイトやキンシャサノキセキは行きたがるようなところがあったね。前がもう少しやり合うとスリープレスナイトが差しきっていたかもしれないね。前半のペースを考えるともう少し早い時...

高松宮記念の予想「キンシャサノキセキが昨年の雪辱を晴らす」

 高松宮記念ですが、JRAのプレレーティング上位4頭のうち3頭を選んでみた。本命はキンシャサノキセキ。昨年の2着馬ですね。今年はオーシャンSをステップレースに選んだが10着に惨敗。しかし、着差だけを見るとコンマ3秒差なのでそれほど負けていない。久々でプラス10キロと言うことを考えれば巻き返しがあってもおかしくない。持ち時計はあるし、軽い馬場であればチャンスは十分あると思っている。相手はローレルゲレイロですね。昨年は掛かり気味のフサイチリシャールに絡まれていたが差し替えして4着に。その後はG1でも大負けして...

高松宮記念の前日オッズ 1人気はスリープレスナイトで3.5倍

 高松宮記念の前売りオッズ出してみました。1人気はスリープレスナイトの3.5倍、2人気はファリダットの6.5倍、3人気はビービーガルダンで8.2倍でした。スリープレスナイトの1人気は分かるのですが重賞未勝利のファリダットが2人気とはちょっと驚き。母ビリーヴは高松宮記念とスプリンターズSの両方を勝っていると言うのが人気に反映しているのかな。ファリダットはいい決め手があるけどスプリント戦では時計が掛かるか展開が味方しないとちょっと厳しいかもね。  ローレルゲレイロは複勝が売れていますね。昨年の4着馬で、持ち時...

高松宮記念の登録馬【馬名の意味由来】

 高松宮記念の登録馬が発表されたので出してみました。  有力馬を順に挙げていくとスプリンターズSの勝ち馬スリープレスナイトはステップレースを使わずにぶっつけ。久々でも走れる馬ですが、ぶっつけがG1というのはちょっと不安がある。スプリンターズS2着のキンシャサノキセキはオーシャンSで10着と惨敗しましたがタイム差はコンマ3秒だし、この日は内を通った馬が伸びる馬場で外を通った同馬には厳しい展開だったから巻き返しはあると思う。スプリンターズS3着のビービーガルダンは1400mの阪急杯を楽勝した。確実に力を付けて...

高松宮記念の回顧「ファイングレインが高速決着を制す」

 実に見事なラップを刻んだレースでした。前半3Fが33秒4、後半3F33秒7という前後半の差がたったコンマ3秒。これだけ綺麗なラップが出るということは先行馬が良く踏ん張ったということでしょう。特にキンシャサノキセキは早め先頭からしぶとく粘った。そのキンシャサノキセキの後ろで競馬をしていたファイングレインが一気に差しきった。ファイングレインは1200m戦で3連勝。NHKマイルカップで2着になったぐらいですから能力はあったが、その後の成績はさっぱり。3走前に1200mに出走してからは控える競馬で新しい面を出し...

高松宮記念の予想「スズカフェニックスで問題ない」

 このレースが1400m戦であればこんなに悩まなくて良かったかもと思えるようなメンバーが揃った。1200mでしか好走していない馬もいるけど、そういう馬は力不足。こういうときは素直に能力重視で買えばいいと思う。印は前走阪急杯というのがキーワードで選びました。過去8年で10頭の連対馬を出しているレースですから。  前走阪急杯組から本命はスズカフェニックスです。その阪急杯ではいつもよりも前で競馬をして内から抜けてきました。こういう競馬が出来ると外に出す必要がなく、内でジッと我慢をして直線で脚を伸ばせばいい。行け...

高松宮記念の前日オッズ 1人気はスズカフェニックスで3.2倍

 高松宮記念の前日オッズをみると10倍以下はスズカフェニックス(3.2倍)、ファイングレイン(6.5倍)、スーパーホーネット(6.7倍)、ローレルゲレイロ(7.2倍)の4頭。馬連人気はスズカフェニックス-ローレルゲレイロの10.2倍が1人気ですから人気が割れています。過去11年の1人気の成績を出してみましたが、1人気はたったの2勝ですから信頼度はいまいち。こういうレースは穴狙いでいった方がいいのかもしれないな。 高松宮記念 過去12年の1人気成績 日付 馬名 性齢 ...

高松宮記念考査【騎手別G1成績】

 今年の高松宮記念は騎手にとってはチャンスのレース。なんと言っても武豊、安藤勝己の両騎手が参戦していないし、外国人騎手もいない。高松宮記念で騎乗する騎手18名のうち8名がG1未勝利なのでこの8名にとっては初G1勝ちになるかも。  TARGETで騎乗騎手のG1成績を調べてみると、18名のうち福永祐一が13勝、四位洋文が10勝で勝利数では抜けた存在。騎手の技量から言えば岩田康誠と内田博幸が上位。ローカル競馬場という事では中舘英二が上手い。僕としては若手の藤岡祐介、川田将雅、吉田隼人などが勝ってくれると嬉しいけ...

高松宮記念考査【TGXとプレレーティング】

 G1の時は恒例となりましたTARGET指数とJRAのプレレーティングを表にまとめてみました。G1ではプレレーティングを参考にするのが有効な手段で、フェブラリーSではランキング上位3頭のうち2頭(ヴァーミリアンとブルーコンコルド)で決まった。分かっていたけど僕はとれなかった。昨年の傾向としてはプレレーティング上位3位までのうち1頭が連対していたケースが多かった。が、昨年の高松宮記念はプレレーティング3位のスズカフェニックスが勝った。2着のペールギュントはその年のプレレーティングは出ていなかった。高松宮記念...

高松宮記念の出走馬とタイムランキング

 高松宮記念の出走馬が決まりましたので走破タイムランキングを出してみました。これを見ると軽い馬場ではペールギュントが速いですね。1200mでも1400mでも速い時計で走っています。人気になるスズカフェニックスは1200m戦は2回しか走っていなくてどちらも道悪だったので時計は参考外。1400mでは速い時計で走っているので時計の出る馬場でも対応は出来ると思う。面白そうなのはキンシャサノキセキですね。1200mは1分7秒9、1400mは1分19秒4と時計だけ見ると勝ち負け出来そうです。掛かる気性なのでテンからハ...

高松宮記念考査【タイム分析・ラップと脚質】

 高松宮記念の過去の成績からラップタイムと上位馬の脚質を出してみました。データが2つに分かれていますが、上段が今年と同じ時期の1回中京開催、下段は5月の中京開催です。馬場状態が違うのでふたつにしてみました。これをみると上位馬の脚質がクッキリ分かれているのが分かる。5月開催では先行馬の成績がいいが、3月開催では差し馬の成績がいい。これはやはり開催時期に関わって来ることで5月開催では開催2日目に行われ、3月開催では開催最終日に行われる。今年に限っては8日目ではなく10日目になる。開催日が後ろになるほど馬場が痛...

高松宮記念の登録馬【過去10年の配当一覧、連対馬の血統】

 いよいよ春のG1シリーズが始まります。第一弾はスプリント戦の高松宮記念。過去10年の配当一覧を見ると勝ち馬は上位4人気まで、6人気で連に絡んできたのは5回ですからそれほど荒れていない感じがします。上位人気同士で決まったとしても結構な配当が付くので美味しいレースと言えるかもしれない。2006年は2-4人気で馬連2290円、2003年は2-3人気で3520円など。 今年は高松宮記念と同じ週にドバイワールドカップが開催されるために武豊と安藤勝己が不在。トップの2人がいないと言うことはオッズがばらつくので配当的...

高松宮記念の登録馬【馬名の意味一覧】

 いよいよ来週は高松宮記念です。近年の短距離戦線はこれといった主役がいないですからね。今年は牝馬のアストンマーチャンとサンアディユが活躍すると思っていたのに、アストンマーチャンは体調不良で回避、サンアディユは先日のオーシャンSのあとにかわいそうな事になってしまった。となれば昨年の覇者スズカフェニックスが今年も主役か。それとも1200mで一皮むけたファイングレインが劇走するか、逃げることで活路を見いだしたローレルゲレイロが父キングヘイローとの親子制覇を達成するか。絶対的な存在がいないだけに面白いレースになる...

購読

RSSリーダーを使うと、'高松宮記念'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ