ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'鳴尾記念'タグのブログ記事

鳴尾記念の予想「阪神開幕週に合う馬は」

 いよいよ最終開催になりましたね。阪神開催は2ヶ月ぶりですから馬場は良くなっていると思う。鳴尾記念は開幕週と言うことを考慮してナムラクレセントを本命にしました。成績をみても分かるとおり前に行って粘り込むタイプで決め手勝負では分が悪い。自分から動けるので積極的な競馬が出来ればいい勝負になると思っている。  相手はスマートギアですね。ナムラクレセントとは4回対戦して4敗。ただ、ナムラクレセントが勝った2回は2着なのでナムラクレセントが来る展開であればスマートギアも来ると言うことで。イコピコは流れが合わないかと...

鳴尾記念の予想「サクラメガワンダーが2年ぶりの重賞制覇を狙う」

 本命はサクラメガワンダーです。天皇賞秋の走りも良かったのですが、昨年の夏頃から安定して力を発揮しているのと、着実に力を付けているのが伺える。4走前の金鯱賞ではエイシンデピュティからコンマ4秒差だったがだったが、宝塚記念ではコンマ3秒差に縮めた。毎日王冠ではウオッカからコンマ5秒差あったのが天皇賞秋ではコンマ3秒差まで詰めた。平均的に速い脚を使う馬なので緩急のあるレースだと取りこぼしがある。だから、2000mはギリギリで1600~1800mがベストの馬だと思っている。このレースは別定戦なので斤量も軽い。2...

鳴尾記念の予想「決め手より先行力でシルクネクサス」

 この時期の3歳馬は2キロのアローワンスをもらっている。これが、1ヶ月後の1月になると1キロになる。成長過程にある3歳馬にとってはこの時期は斤量面で恵まれていると言っていいでしょう。だから、3歳馬を狙ってみたいところですがドリームジャーニーもアドマイヤオーラも差し馬で展開に注文がある。昨年は先行したサクラメガワンダーが、距離は2000mになるが一昨年は逃げたメジロマントルが勝っている。阪神競馬場の芝は冬用のオーバーシードで粘っこい。自力のある古馬なら先行しても簡単には止まらずに粘れる。そこで、狙ってみたい...

鳴尾記念考査【血統傾向を探る】

 鳴尾記念の過去7年の成績を集計し、血統データを出してみました。過去7年なので顕著な傾向は出てませんね。出走馬の多いTurn-to系(サンデーサイレンス系2勝、ロベルト系1勝)が3勝2着2回、Northern Dancer系が2勝2着2回となっている。今回の登録馬をみると先の2系統に有力馬が集まっています。特にTurn-to系-サンデーサイレンス系が強そうです。 鳴尾記念 過去7年の種牡馬系統別(チェック種牡馬色別)集計 順位 チェック種牡馬色 着別度数...

鳴尾記念の登録馬【過去7年の勝ち馬と配当一覧】

 今年で60回目を迎える鳴尾記念だがころころと条件が変わって、2000年から2005年は芝2000mのハンディ戦、昨年からは芝1800mの別定戦。僕が競馬を始めた頃は芝2500mのハンディ戦でしたからね。開催時期を考えて過去の勝ち馬と配当一覧は2000年からのものにしました。ハンディ戦だと荒れるレースになりやすいですが、別定戦だと力のある馬が勝つレースになリますからね。先週のステイヤーズSは荒れましたが、勝ったマキハタサイボーグは京都大賞典で勝ち馬からコンマ7秒差だし、前走はアルゼンチン共和国杯と重賞を使...

購読

RSSリーダーを使うと、'鳴尾記念'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ