ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'CBC賞'タグのブログ記事

CBC賞の予想「8歳馬のスピニングノアールにもチャンスあり」

 CBC賞ですが、前走テレビ愛知杯組が5頭、京王杯組が3頭でこの2つのレースに出ている馬達が人気になっている。本命はこの中からスピニングノアールにしました。8歳ですが決め手は相変わらずいい物があるし、昨年の2着馬でハンデは据え置きの55キロ。鞍上は乗り慣れた福永祐一ですから大丈夫でしょう。メンバー的にも強い馬がいないのでチャンスがあると思っている。  相手はコウユーキズナが面白いと思う。スピードがあるし、先行力もある。コースロスのない内を引いたのでチャンスはあると思っている。アーバンストリートは展開次第と...

CBC賞考査【ハンディの加減と前走斤量との増減】

 僕は「ハンディ戦はハンディの重い馬から買え」とよく言っていますが、これはダート戦でのこと。芝のレースになると軽量馬が好走することがあるのでハンディが「重い馬=勝つ馬」という図式がなかなか成り立たない。CBC賞がこの時期の行われるようになって3年ですが、過去の連対馬の斤量を見てみるとハンディが軽い馬は4頭が連対。その内、3頭は前走よりも軽い斤量に、1頭は前走よりも重いが定量よりは軽い斤量に。ハンディがプラスマイナス0で勝ったのはスリープレスナイト、ハンディが重くなって勝ったのはシーイズトウショウだった。と...

CBC賞の予想「ハンディ差を考えスピニングノアールにしました」

 CBC賞はハンディ戦です。トップハンディはトウショウカレッジとスリープレスナイトの±0㎏。いつも言っていますが、ハンディ戦でトップハンディがプラスハンディではないレースは荒れる可能性が高い。ですから、本命馬は前走よりも斤量もハンディも軽い馬から。また、このレースは内に逃げたいタニノマティーニ、ウエスタンビーナスニシノプライドの3頭と外にテンのスピードが早いワイルドシャウトがいるのでペースが速くなると考え、本命馬はスピニングノアールにしました。また、高松宮記念6着のキョウワロアリング、斤量が前走から4㎏減...

CBC賞の登録馬 【血統タイプ別出馬表】

 CBC賞と言えば暮れに行われていましたが、2年前からこの時期に変更となり、条件も別定戦からハンディ戦に変わった。同じ条件で行われたのが過去2年だけなのでデータ的に信頼が置けないので、血統タイプ別出馬表だけになる。短距離路線はしばらく主役不在が続いている。ここを使うような馬は函館スプリントかアイビスビスサマーダッシュに進む。いわゆるサマースプリントに駒を進める。そして、成績を残した馬がスプリンターズSへと進む。  登録馬を見て楽しみな馬はここに来て力を付けてきたウエスタンビーナス、スタートがカギになるが力...

購読

RSSリーダーを使うと、'CBC賞'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ