ブログRACING BOOK -競馬予想ブログ-の'NHKマイルカップ'タグのブログ記事

NHKマイルカップの登録馬

 今年で18回目を迎えるNHKマイルカップ。過去を振り返ると前走ニュージーランドTか毎日杯を好走した馬が勝っている。この事からこの2つのレースに出走した馬が有力候補と考えてみたい。  ニュージーランドTを勝ったエーシントップはシンザン記念、京王杯2歳Sなどこれまで重賞3勝を挙げている。唯一の敗戦は朝日杯フューチュリティSで、この時は鞍上の浜中俊が消極的な競馬をしたためにこの馬の持ち味を生かせなかった。しかし、その後の2戦はこの馬らしい先行力を行かした競馬で完勝。スピードはあるが、折り合いも付くようになった...

NHKマイルカップの予想「社台VSノースヒルズ」

 NHKマイルカップの出走馬を見ると社台系はマウントシャスタ、オリービン、アルフレードの3頭。この他に生産馬としてネオヴァンクル、カレンブラックヒル、ジャスタウェイ、ガンジスの4頭。さすが、社台だけのことはありますね。1人気はダイワメジャー産駒のカレンブラックヒル、2人気はディープインパクト産駒のマウントシャスタ、3人気はシンボリクリスエス産駒のアルフレード。どの馬が勝っても社台にとってはいいが左記の3種牡馬で産駒がG1を勝っていないのはダイワメジャーなのでカレンブラックヒルが勝つのが一番望ましい。  で...

NHKマイルカップの回顧「グランプリボスは強かった」

 NHKマイルカップは先行馬が揃っていたのである程度のハイペースは予想していたけどフォーエバーマークの逃げはちょっと早すぎだね。3コーナーまで距離があるからもう少し焦らずに行って欲しかった。まあ、それでもグランプリボスの勝ちは変わらないと思うけど。それほど、グランプリボスは強かった。着差以上に余裕のある勝ち方でしたね。鞍上のC.ウィリアムズはさすがに上手い。位置取りも良かったし、仕掛けのタイミングもバッチリでしたね。2着のコティリオンは脚の使いどころが難しい馬だから現状ではここまで。それでも、次に繋がる競...

NHKマイルカップの予想「非社台系狙いで」

 NHKマイルカップは特別登録馬の段階で本命はプレイと決めていたが、鞍上が決まったところで迷ってしまった。さすがにG1で柴田大知を本命に出来ない。となれば次点で考えていたエイシンオスマンにしました。クラシックは社台系狙いですが、クラシック以外は非社台系も狙える。今回で言えば平井オーナーのエイシン・エーシンか岡田繁幸オーナーのマイネ・マイネルか竹園オーナーのテイエムが面白い。この中ではG1を勝っている平井オーナーが強いでしょう。鞍上の後藤浩輝はエイシンオスマンに騎乗したことがあるし、皐月賞では逃げ粘っている...

NHKマイルカップの前日オッズ「混戦模様、1人気のグランプリボスで4.8倍」

 NHKマイルカップの前日オッズを見ると1人気がグランプリボスで4.8倍、2人気がコティリオンで5.5倍、3人気がリアルインパクトで6.8倍、4人気がエーシンジャッカルで7.6倍、5人気がヘニーハウンドで9.5倍。オッズを見ると混戦というのがよく分かる。しかし、オッズの歪みはないので複勝も馬連も人気通りの売れかたになっている。こういうときは上位人気で決まることが多いけど果たしてどうなるか。人気が割れると穴人気から買いたくなるんですよね。 NHKマイルカップの前日オッズ NHKマイルカップの前日オッズ 単勝...

NHKマイルカップ考査「血統傾向を探る」

 NHKマイルカップの過去15年の連対馬を出してみました。これを見るとミスプロ系、ノーザンダンサー系、サンデーサイレンス系が強い。ここ最近ではサンデーサイレンス系が強いのがよく分かる。母父ではノーザンダンサー系が圧倒的に強い。サンデーサイレンス産駒にとっては鬼門のレースでしたが、サンデーサイレンスから1世代経ったサンデーサイレンス系では良く連対しているのが分かります。サンデーサイレンス系の中では万能系のアグネスタキオンやフジキセキ、また短距離で強い馬を輩出しているマンハッタンカフェ産駒がいい成績を残してい...

NHKマイルカップの予想「サンライズプリンスには逆らえない」

 NHKマイルカップだが何度レースリプレイを見てもサンライズプリンスが強そうですね。スプリングSでは鞍上を不安視して△評価でしたが、ニュージーランドTでは鞍上強化で○に。で、そのレースの強いこと。終始外を回りながら早めに先団にとりつきそのまま押し切る。やや強引な競馬だけど上がりも速いし時計も速い。スプリングSで権利がとれていれば皐月賞でもいい勝負が出来たのではないかと思うぐらい。鞍上の横山典弘は現在リーディングを突っ走っている。ここまで重賞6勝で今年の東京競馬場の成績は勝率24.4%、連対率34.6%、複...

NHKマイルカップの各馬について一言

 NHKマイルカップの枠順が決まりましたね。そこで、気になる馬について一言書いてみた。主観的な部分が多いので笑ってみてください。 ダイワバーバリアン 枠順は申し分ない。勝負どころでもたつくので東京替わりはプラス。前走は完敗。複勝で売れそう。 コスモセンサー 離れた2番手希望。じわっと先行してどこまで粘れるか。速い脚はないので上がりの掛かる展開で。 リルダヴァル 人気だと買いたくないが人気がなければ買いたい。速い流れになるのは歓迎。良馬場なら面白い サンライズプリンス 出遅れで勝ったNZTは強かった。間違い...

NHKマイルカップの回顧2「消極策の横山典弘が波乱の立役者かも」

 NHKマイルカップのレースリプレイを何度かみると、好発を切ったレッドスパーダは3コーナー入り口で抑えてグランプリエンゼルを先に行かせる。前が飛ばしているように見えたから控えたのかもしれないが、レッドスパーダが控えたおかげでその前にいるグランプリエンゼルはマイペースで3番手を行く。しかし、前の2頭のマイペースの逃げ。回顧で1000m通過が57秒2と書いたが、これはハナを切ったゲットフルマークスのペース。2番手のジョーカプチーノは57秒5、3番手のグランプリエンゼルはなんと58秒9。と言うことは3番手以下の...

NHKマイルカップの回顧「若武者・藤岡康太の積極策が勝利を呼んだ」

 NHKマイルカップは10人気のジョーカプチーノが勝ち、2着に5人気のレッドスパーダ入り、3着に13人気のグランプリエンゼルが入って3連単は200万馬券の大荒れになった。レースはゲットフルマークスがジワッとハナに行き、2番手にジョーカプチーノ、3番手に外からレッドスパーダ、4番手に内に控えたグランプリエンゼル、フィフスペトルはレッドスパーダを見る形で5番手でそのうちにマイネルエルフ。結局、逃げたゲットフルマークスが潰れただけで行った行ったの競馬になった。レースラップをみると1000m通過が57秒2だから早...

NHKマイルカップの予想「アイアンルックが差しきる」

 NHKマイルカップはアイアンルックを本命にした。東京の長い直線を制するにはマイルよりも長い距離を克服していた方がいい。過去の勝ち馬が示すように毎日杯を勝った馬はNHKマイルカップの勝率100%。これが、ずっと続くとは思えないが厳しい経験が生きているというのは間違いないでしょう。アイアンルックに不安があるとするとレース経験の少なさ。これが、気になるところだがいい決め手はあるので上位には来てくれると思う。  相手は毎日杯4着のミッキーパンプキン。スピードで押し切るタイプではないけど、いい先行力がある。今回は...

NHKマイルカップの前日オッズ 1人気はアイアンルックで3.5倍、2人気はブレイクランアウトで4.0倍

 NHKマイルカップの前日オッズを出してみました。1人気はアイアンルックで3.5倍、2人気はブレイクランアウトで4.0倍、3人気はサンカルロで7.0倍、4人気はレッドスパーダで9.4倍とここまでが10倍以下。この4頭にフィフスペトルとワンカラットを加えた6頭で全体のシェアの45%に。  上位3頭のオッズを見ると複勝ではブレイクランアウト、サンカルロ、アイアンルックの順ですから徐々にオッズはつまってくるでしょうね。1人気が3倍以上なので荒れそうな雰囲気がする。出来れば3倍を切ってくれると馬券も買いやすいのだ...

NHKマイルカップ考査「ステップレースから考える」

 NHKマイルカップの過去13年の勝ち馬をみると毎日杯組が5勝、ニュージーランドT組が4勝、桜花賞組が2勝、スプリングS組とマーガレットSが1勝ずつ。特に毎日杯組では毎日杯の勝ち馬は4頭出走して4頭全てが勝っている。と言うことは今年は毎日杯を勝ったアイアンルックで決まり?  これではつまらないのでもう少し。スプリングS組は出走頭数が少ないが、スプリングSで2着に入ったテレグノシスはNHKマイルカップを勝ち、スプリングSで3着のアグネスソニックはNHKマイルカップで2着でした。今年はスプリングSで2着に入っ...

NHKマイルカップ考査「血統傾向を考える」

 NHKマイルカップ過去13年の成績から血統傾向を考えてみた。過去13年の連対馬血統一覧を見てもらうと父系か母父系にNorthern Dancer系が多く目立つ。特に父系ではVice Regent系の成績がいいですね。また、2005年にデアリングハートが2着に入るまではサンデーサイレンス系にとっては鬼門のレースでしたが、その後は2勝2着1回ですからサンデーサイレンス系を嫌う事が出来なくなってしまいました。父系ではMr. Prospector系が強いですが、2001年までは外国産馬が強い時代だったのでその時...

NHKマイルカップの枠順決定 2枠4番サンカルロ、3枠6番アイアンルック、8枠16番ブレイクランアウト

 HNKマイルカップの枠順が決定した。ニュージーランドTの勝ち馬サンカルロは2枠4番、毎日杯の勝ち馬アイアンルックは3枠6番、共同通信杯の勝ち馬ブレイクランアウトは8枠16番に。  過去13年のNHKマイルカップの出目を出してみましたが、これをみると15番から18番枠の成績があまりよくないですね。スタートして3コーナーまでに距離があるので内よりも外の方がいいというイメージがあっただけにちょっと意外でした。このレースは短距離を使われてきた馬と中距離を使われてきた馬が激突。短距離~マイルを使われてきた馬が多い...

NHKマイルカップの登録馬【馬名の意味由来】

 NHKマイルカップの登録馬が発表されたのでいつものように馬名の意味由来を出してみました。登録馬は34頭いますが、フルゲート18頭立てなので現在の所、収得賞金1200万円の馬までがゲートイン出来る。注目馬はニュージーランドTを勝ったサンカルロ、そのサンカルロにスプリングSで先着しているレッドスパーダとフィフスペトル。共同通信杯の勝ち馬ブレイクランアウト、毎日杯の勝ち馬アイアンルック、皐月賞は9着だったがシンザン記念の勝ち馬アントニオバローズ、桜花賞4着のワンカラットなどでしょうか。 ...

NHKマイルカップの回顧「通ったところの差が出た」

 パトロールビデオを見ると逃げたゴスホークケンは最初から内を空けて走っている。4コーナーから直線の入り口では馬場の真ん中まで持ち出したので先行馬はみな外へ。勝ったディープスカイと2着ブラックシェルと3着ダノンゴーゴーはゴスホークケンが外に出したのでその内から伸びてきた。外に進路を取った馬達は逃げ先行馬が外に出したのでもっと外を回る羽目に。これではコースロスがありすぎ。ドリームシグナルなどはディープスカイの隣にいたのに外に行ったために4着止まり。内に行っていればきわどかったでしょうね。雨が降って馬場が悪くな...

NHKマイルカップの予想「内からスルスルとレッツゴーキリシマが抜け出す」

 東京競馬場の芝状態は重まで悪化しましたね。こうなると馬場適正の差が出てしまいそうです。ですが、どの馬が適正があるかは走ってみないと分からない。よくツメが立っている馬が良いと言いますが、レース経験の少ない若駒の場合は適正云々よりも能力でこなしてしまう場合もありますからね。ここは、適正は考えずにいきたいと思う。本命は皐月賞の最先着馬レッツゴーキリシマ。皐月賞出走馬は他にブラックシェルとドリームシグナルいますが、レッツゴーキリシマはブラックシェルと2回対戦して、2回とも先着しています。人気を考えるとレッツゴー...

NHKマイルカップ考査【ステップレースから考える】

 NHKマイルカップ過去12年の成績から連対馬の前走成績を出してみた。これをみると前走重賞出走というのは最低条件。過去にシンボリインディとシンコウエドワードの2頭は重賞以外から連対していますが、あのころはNHKマイルカップと言えば外国産馬のG1レース的な位置づけで、内国産はダービーやオークスを目指していた。しかし、調教師や馬主の意識改革から馬に合ったレースを使われるようになり、何が何でもダービー・オークスという事ではない。それなので、2002年を境に内国産馬ばかりが活躍している。まあ、外国産が少なくなった...

NHKマイルカップ考査【TARGET指数とプレレーティング】

 今年の3歳戦は混戦ですね。プレレーティングを見るとトップはレッツゴーキリシマとブラックシェルの107で次がサトノプログレス、ドリームシグナル、ダンツキッスイの105。これだけ指数が接近しているとどの馬が勝ってもおかしくない(最近、こればっかり)。TARGET指数では2000mの皐月賞で上位に入ったレッツゴーキリシマとブラックシェルの指数が高いです。これは、前走がG1だからです。人気が割れているなら素直にTARGET指数上位のレッツゴーキリシマとブラックシェルから入るのが良いかも。プレレーティングは古馬戦...

購読

RSSリーダーを使うと、'NHKマイルカップ'タグのすべてのブログ記事のフィードを購読することができます。 [フィードとは]

購読する 購読する

その他のタグ